ビジネスモデル最前線 「サブスク」とは何か?

「サブスク」がとは「サブスクリプション」の略称で、もともとは定期購入のことを指す言葉ですが、現在では飲み放題などの〇〇放題サービスや、定期的に商品が配送される定期通販に関しても、サブスクを称したサービスが増えてきています。
サブスクにはどのようなサービスがあり、どんなメリットがあるのかを紹介していきましょう。

「サブスク」の意味

「サブスクリプション」の略称である「サブスク」とは、代金を支払ってあるサービスやモノなどを一定期間利用することをいいます。

最初のサブスクは、アプリケーションを1か月の利用単位で販売したことから始まりました。現在では、さまざまなジャンルの活用例が増えてきています。

サブスクの具体例

サブスクで提供されているサービスやモノには、大きくは2つに分かれます。

まず1つ目はサービスやモノの利用権を、一定期間に限り使い放題として販売する方式です。例えば、ネット動画サービスや音楽サービスでは、月額数百円でさまざまなコンテンツを楽しめますし、月額1万円弱を支払うことで、ランチを毎日テイクアウトできるサービスもあります。

2つ目は、1か月などの決められた期間、定額で借り放題が可能なレンタル型です。一定の月額料金を支払うことで、洋服や服飾小物などをいくらでも借りることができるサービスや、1か月の契約期間のうちは、カメラとその関連機材を好きなだけ交換し、レンタルできるサービスも。

また、当初のサブスクは、ネットでサービスと決済がされるパターンが中心でしたが、最近ではリアル店舗での販売においても、サブスク型の方法が広がってきています。

サブスクで展開されているサービスの一覧

現在サブスクで提供されているサービスやモノには、さまざまな種類があります。

(1)動画配信・音楽配信

動画配信では、大作映画から娯楽番組、子ども向けのアニメなどの豊富なコンテンツを、1か月いくらの定額でいくらでも観ることができます。

音楽ストリーミングサービスも、同様に月額一定額で洋楽、邦楽などの音楽を聴き放題で楽しめます。

(2)飲食店

月額の定額料を払うことで、コーヒーが飲み放題になったり、ラーメンが食べ放題になったりするサービスなどが登場。また、月額500円で毎日飲み屋の1杯目が無料となるアプリサービスもあります。

(3)レンタル系

1か月単位の定額で洋服やバッグ、アクセサリーなどを取っ替え引っ替えしながらレンタルできるサービスが人気。ほかにも、車や家具などにも広がりを見せているジャンルです。

上の3つのほかにも、法律や占いなどの相談サービスや英会話などの教育分野、ホテルやシェアハウス利用などにも、サブスク方式が増えてきています。

サブスクと使い放題の違い

サブスクは使い放題と同様に思われがちですが、本来の意味は異なっています。

サブスクは本来の意味では会員制に近い方式で、利用する際の期間が設定され、それに対して一定額を払うという決まりとなっています。

それに対し、以前からあった使い放題方式は、月々定額料金を支払い、決まった範囲のサービスが使い放題になるものです。

最近ではサブスクの広まりともに、使い放題をもサブスクと称しているパターンが増えているようです。

「サブスク」サービス利用の5大メリット

サブスクに便利さや快適さを感じている人はますます増加傾向にあり、これからも新しいサービスが登場するのは間違いなさそうです。豊富なサービスの中から自分にあったものを選択すれば、生活をもっと豊かにすることができるでしょう。

それでは、多種多様なサブスクに共通しているメリットを、5つ紹介します。

好きなときに登録・解約可能! 気軽に始められる

例えば音楽の場合、欲しい曲が決まっている場合ではなく、違うアーティスト、ジャンルの曲を開拓したいようなときには、サブスクの利用がおすすめです。

契約した期間内なら何曲でも聴くことができますし、試し聴きはもう十分と感じたのなら、解約すれば良いのです。

ワインや名産品などのグルメが毎月届くサブスクは、自分が知らなかった良いものに出会うきっかけを作ってくれます。気軽なお試し利用には、サブスクが向いているでしょう。

また、サブスクサービス自体にお試し期間を設定しているものも。少し使ってみて、利用頻度が高くなりそうと思えてから本契約する方法もあります。

「○○放題!」はコスパがいい

毎日のように高頻度で使うサービスやモノをサブスクにすると、コスパ良く継続利用することが可能になります。

動画や音楽のサブスクなら、1作品の購入費用程度でも多くの作品を楽しむことができます。雑誌のサブスクも、1冊買うのと同等の定額料金となっているので、毎日何かしらを読みたい、多くの雑誌から情報収集したいと考える方におすすめです。

毎日のように出勤前にはカフェに寄るという方なら、コーヒー飲み放題のサブスクならお得に利用できるでしょう。

まとまったお金がなくてもあこがれの生活が始められる

最近では、高級なブランドバッグや車まで、サブスクで利用できるようになりました。

例えば車のサブスクでは、3年間で6台の高級車に乗り換えつつ利用することが可能です。月額費用にはメンテナンス費用と任意保険、税金も含まれています。

また、新生活の際に家具を一通り買い揃えるのにはまとまった額の費用がかかりますが、家具のサブスクを利用すれば初期費用を抑えることができます。

高級品に囲まれた暮らしを、サブスクなら手軽に叶えることができるのです。

ソフトウェアなら常に最新版が使える

サブスクの先駆けである「Adobe(R)Creative Cloud」や、多くのビジネス用ソフトが含まれる「Office365」などのアプリケーションのサブスクを利用すれば、常に最新版で継続利用できるメリットが生まれます。

以前からあった買い切り型では、バグ修正などのバージョンアップは無料であっても、数年おきにやってくるアップグレード時には買い直さなくてはなりませんでした。

そのこともあってか、最近では初期費用が抑えられるサブスク型アプリケーションの人気が高まっています。

手間いらずなので忙しい人にぴったり!

忙しい社会人の女性におすすめなのが、スタイリストが選んだコーディネートセットで洋服が届くタイプのサブスクです。

毎朝何を着るかを悩まずにすみますし、プロの選んだコーディネートで自身をより良く見せることもできるでしょう。しかもレンタル方式なので、自宅のクローゼットを圧迫することなく、さまざまな洋服を着て楽しむことが可能になります。

食材のサブスクサービスには、夕飯の献立セットの単位で配送されるものがあります。こちらは、献立を考えることに悩まされていた方には嬉しいサービスです。

ジャンル別おすすめのサブスクサービス

多くのジャンル、種類のあるサブスクサービス。私たちの身近になってきた動画や音楽配信のほかにも、生活を支えてくれるサービスや、便利な定期通販なども登場しています。

その中から、おすすめのサブスクサービスをいくつか紹介していきましょう。

動画

・Amazonプライムビデオ
月額料金が安く、動画のオフライン視聴が可能。独占配信作品も多数あります。

・Netflix
近年はオリジナルの動画コンテンツが充実。画質の違いなどにより、3つの料金プランを設定。

・U-NEXT
動画作品数が8万本以上と最も多く、特に韓国ドラマとキッズ作品が豊富です。

・Hulu
日本テレビ制作のドラマや映画コンテンツが充実しています。

・FODプレミアム
フジテレビ系のバラエティやドラマ動画が豊富で、漫画無料や雑誌読み放題もプラスされています。

・DAZN
130以上のスポーツコンテンツを扱っており、年間放送試合数は1万試合以上。

・Youtubeプレミアム
YouTube Originalsの動画コンテンツと、Google Play MusicとYouTube Music Premiumが利用可能になります。

音楽

・Spotify
制限付きの無料版あり。どちらかといえば洋楽の方が充実度が高い傾向にあります。

・Apple Music
Spotifyと月額料金、配信曲など似通っていますが、こちらの方が邦楽は多いようです。3か月の無料体験が可能。

・LINE MUSIC
フリー(無料)のほか、2つの有料プランがあります。邦楽を良く聴く方におすすめです。

・AWA
自分オリジナルのプレイリストを作り、公開して共有することもできます。無料プランあり。

ファッション

・メチャカリ
女性向けブランド10種類以上からレンタル可能。普段使いに向いたカジュアル服が充実。

・airCloset
20から40代女性向け。スタイリストがコーディネートしたブランド服を交換しつつ利用できます。

・ラクサス
高額な女性向けハイブランドバッグを、月額料金で使いたい放題。

・leeap
airClosetの男性版。体型や手持ちの服などを登録すると、それに合ったコーディネートセットを届けてくれます。

・着ルダケ
スーツのサブスクサービスで、特に40代からの支持を集めています。年2回のシーズンごとに新しいスーツに交換。

ライフスタイル

・ゼロCafe
会員になると、提携店でコーヒー飲み放題、Wi-Fiと電源が使い放題のサービスです。

・coffee mafia
こだわりのコーヒーが月額3,000円から飲み放題。料金プランは3種類設定されています。

・araeru
月額料金を支払うと、いつでも都合の良い時間にランドリーを利用できます。3か月契約の方が少しお得に。

定期通販

・yamory
半年に1回、非常食を自宅に配達してくれます。非常食を常にキープしておけ、前のものを意識的に消費することもできます。

・mr.kanso shop
ご飯にもぴったりな缶詰グルメが、毎月届くサービス。300種以上から専門家セレクトのものを4から6缶楽しめます。スキップ(1回休み)や解約も可能なので、気軽に利用できるでしょう。

・KURAND CLUB
日本酒のサブスクサービスで、毎月と全6回、全12回コースから選択可能。まだまだ知られていない美味しい日本酒を広めることをモットーとしているため、まだ見ぬ新しいお酒に出会いたい方に特におすすめです。会員限定でイベントも開催されています。

「モノ」より「コト」消費の時代にはサブスクが適している

近年では、モノを所有するための消費から、自分が必要なときだけに利用するための消費に変化してきています。

また、レジャーなどの「コト」に消費する人々は増加傾向にあり、相対的にモノをゆっくりと買う時間がなくなってきてもいるのです。

そんな中登場したサブスクは、モノを必要なときだけ利用したい、確かなモノを悩まずに手早く手に入れたいという需要に、ぴったり合致した方式といえるのではないでしょうか。

多種多様なサブスクを利用して暮らしを豊かにしよう

サブスクの広がりから、現在では衣食住の全てをサブスクで賄えるようにもなってきています。また、時期や状況などで変化するライフスタイルにも、柔軟に対応することも可能です。

自分にとって最適なサブスクを選んで、毎日の生活に便利さや豊かさをプラスしてみてはいかがでしょうか。