AI・テクノロジー

現在の自動運転のレベルはどのくらい?実用化までの道のりとは

最近の自動車メーカーのニュースでは、自動運転の技術の話題をよく耳にします。しかし自動運転の開発が今どのくらいのレベルで、実用化には何年かかるのかといった具体的なことをきちんと理解している人は少ないのではないでしょうか。最先端の技術で研究されている自動運転の現在のレベルについて詳しく見ていきます。

自動運転の技術は今どのくらいなのか

自動運転というと、コンピューターが自動でハンドルやアクセルを操作して人を目的地まで連れていってくれる車をイメージしますが、現在のテスト段階もしくは実用化に向けて開発されている自動運転技術にはどのようなことができるのでしょうか。

自動運転はレベルで分類されている

実は一言で自動運転といっても、その技術やできることによって自動運転はレベル分けされているのです。米国自動車技術者協会(SAE)が6段階(レベル0~レベル5)まで自動運転化をレベルで区別しています。レベルの数値が上がっていくごとに高度な技術やシステムが搭載され、人間のドライバーがいらない完全な自動運転に近づいていきます。

レベル0では、自動運転のシステムはまったくなくドライバーが運転の操作すべてを行います。段階ごとにシステムの技術も高度になり、レベル5が多くの人がイメージするすべての運転操作をコンピューターやシステムが行う状態となります。

レベルごとの内容について、0から見ていきましょう。

0〜2はドライバーが主体

レベル0は、ドライバーがすべての運転操作を行う段階です、自動運転機能はまったくない状態を言います。レベル1では、ドライバーが運転を行いますが、システムが運転支援としてハンドル操作またはアクセルやブレーキ操作を部分的に行う状態を言います。

レベル2では部分運転自動化と言われ、システムがハンドル操作とアクセル・ブレーキ操作の両方を部分的に行います。しかしあくまでも運転操作を行うのはドライバーという状態です。

日本で開発されている自動運転システムは現在このレベル2の段階に止まっています。つまり人間のドライバー乗車する必要があり部分的な運転操作をシステムが補助する形です。完全な自動運転化にはまだまだいくつもの段階があるのです。

3〜5になるとシステムが運転可能

レベル3では運転操作を行う主体がシステムになります。決められた条件のもと、すべての運転操作を自動で行います。

しかし自動運転を行っている間でも,、システムが何らかのサインを出した場合には、いつでもドライバーが運転を変わらなければいけない状態を言います。つまり何かあった時にすぐに運転を変わることができるドライバーが一緒に乗車していなければならない、条件付きでの自動運転のレベルになるということです。

レベル4は、高度の運転自動化と呼ばれ、システムがすべての運転操作を行います。この場合でもシステムが作動しない場合にはドライバーが運転を行う必要があります。レベル5になると完全自動運転となり、条件などは一切なくすべての運転操作をシステムが自動で行うようになります。

自動運転車が実用化されることのメリットとは

なぜこれほどまでに各国が自動運転技術の開発に力を入れているのでしょうか。その背景にはもちろん運転が自動化することによるメリットがあります。

自分の手でハンドルを握り移り変わる景色を見ながら運転する楽しみはこれからもなくなりませんが、システムが運転してくれる車が導入されるメリットについても知っておきましょう。

高齢化社会には必要とされる技術

日本では、現在もすでに高齢化が進んでいますがこれからは超高齢化社会が加速していきます。お年寄りの数が増えていくことと比例して高齢ドライバーも増えていき、今でも深刻な問題になっている高齢ドライバーによる事故も増えていくことが懸念されます。

ある程度公共の交通機関が発達している地域では、高齢者が運転をやめても生活に支障はさほどないかもしれませんが、地域によっては車がなければ生活できないエリアもあり、運転は必須となっています。

自動運転の車が実用化されれば、高齢者自らがハンドルを握る必要はなく、買い物や通院など生活に必要な用事を済ませることができます。もちろん高齢ドライバーによる交通事故も激減するでしょう。

渋滞が減る

自動運転の車ならば、道路の渋滞状況を把握して目的地までのルートを検索したり、設定したりすることができます。また人間のドライバーが運転するよりも正確に確実に車や速度をコントロールすることができるので、自動運転車が増えれば渋滞が減ることが期待できます。

登り坂で加速が遅れたり、車間距離をつめた運転をしたりしなければならないことがなくなります。運転する前に現在の渋滞や事故の状況を調べて、最適なルートを走行することができるので、渋滞の解消に自動運転車は大きく貢献してくれることでしょう。

マナーの悪いドライバーが減る

これも最近問題となっている車社会のテーマですが、マナーの悪いドライバーによるあおり運転や無理な追い越し、追い抜きが原因で重大な事故が起きるといったこともコンピューターが車の運転操作をすることができるようになれば減っていくでしょう。危険かつ迷惑な運転は人間のドライバーによるものです。感情を持たない正確な運転ができる自動運転ならば、迷惑運転によるストレスや事故の危険性も少なくなります。

自動運転の実現には課題も

メリットも多く、未来の自家用車としても期待が高まる自動運転車ですが、実用化までには技術的な面の開発だけではなく課題もたくさん残されています。それらがクリアにならない限り、たとえ自動運転車が完成しても一般に普及させるわけにはいきません。

コストの問題

自動運転車が一般に流通するためには、今よりもはるかにコストダウンさせることが大きな課題となっています。商業用の車にしろ、自家用車にしろ、自動運転車の購入は専用機器を取り入れるためにはまだまだ高額なお金が必要となり、現実的ではありません。

技術の開発のために、大手の自動車メーカーが多額の資金を投入して自動運転システムを作ることはできても、一般の人が購入できる価格まで下げられなければ実用化できないというのが現状です。システムが完成しても適当な価格で量産するようになるまでには、まだしばらく時間がかかるでしょう。

ドライバーが運転する車と共に路上を走る問題点

自動運転車が実用化されたとしても、路上を走るすべての車が一度に自動運転に変わるわけではありません。

ドライバーが運転する車とシステムで作動する車が一般の道路を混在して走るようになった時に、一定のスピードを保って走る自動運転車と人の手で速度を自由にあげられる車が、事故なく同じ道路を共有して走ることができるのかは、未知数です。

技術だけでは実現できない

自動運転は技術的には開発を続けていけば、レベル5の完全自動運転を実現することは近い将来に可能になるかもしれません。しかしそれ以外の問題というのがまだまだたくさんあり、実用化するには多くの課題を乗り越えていく必要があります。

システムがすべての運転操作を行う車が一般道路を走るようになれば、同じ道路を走るドライバーのモラルや自制心なども問われることになるでしょう。

完全自動運転のレベルにはまだ時間がかかる

日本での自動運転の開発は、現在のところレベル2までとなっています。限られた敷地やエリア内で走る車として、ドライバーが操作する自動運転車を導入することはすぐにでも可能かもしれません。しかし完全自動運転の車を開発し、実用化するためにはまだまだ技術以外のさまざまな問題があり、すぐに実現するのは難しい状況です。

メリットも多くあり、期待も大きい自動運転。たとえ自分で運転しなくても、自動運転車と人が運転する車が一緒に走るためのマナー講習を事前に受ける必要があるかもしれません。