Today's PICK UP

サブスクのおすすめって?メリット・デメリットなどと併せて解説!

サブスクリプションサービスは、現代でも幅広く利用されるようになりました。しかし、その概要やメリット・デメリットなどについて理解されている方は少ないのではないでしょうか。今回はそんなサブスクリプションサービスについて分かりやすく解説していきます。

サブスクとは?

近年、スマートフォンの普及によって、「サブスク」の略称で知られるサブスクリプションサービスが急速に勢いを増しています。日常生活においても様々なサブスクのサービスを利用している方は多いでしょうが、その概要や仕組みについて詳しく理解している方は多くないと思います。以下ではサブスクリプションサービスについて詳しく解説していきます。

サブスクリプションサービスの概要

サブスクリプションサービスとは、一言で表すと「決められた料金を払うことで、一定期間の間サービスが受けられることを保証するサービス」です。この一定期間については1ヶ月単位であったり、1年単位であったりとそれぞれ異なっています。利用者は契約期間に基づいて定額制のサービスを利用することが可能です。

もともとサブスクリプションには「予約購読」や「年間購読」といった意味がありましたが、近年においては「定額制のサービス」として認識されるようになりました。ソフトウェアを基礎としてIT業界で普及していた契約方式でしたが、現在においては様々なジャンルにおいて活用されています。

レンタルサービスとの違い

サブスクリプションサービスと混同されがちなサービスとして、レンタルサービスがあります。レンタルも同じく期間を決めて利用できる方法ですが、用途に応じて一定期間借りるだけであり、提供者側が所有者となっています。しかし、サブスクリプションサービスにおいては「契約期間中は利用できる権利」を購入しているため、一定期間の間だけではありますが、利用者がオーナーである点が異なっていると言えます。

また、レンタルにおいては利用する商品が限定されていますが、サブスクリプションでは利用する商品自体が変更することもあります。

例を挙げれば自動車のサブスクリプションなどが分かりやすいでしょう。自動車のサブスクでは、利用者の希望によって乗車する車を変更できます。このように、利用する商品の中身が変わることも、サブスクリプションサービスの特徴であると言えるでしょう。

ユーザー側から見たサブスクのメリット・デメリット

サブスクリプションを利用すれば、様々なメリットがあります。利用する際には良い面と悪い面のそれぞれを把握しておくことが大切であると言えるでしょう。
以下ではユーザー側のメリット・デメリットを解説していきます。
ユーザー側から見たサブスクのメリット・デメリット
メリット デメリット
・メンテナンスを受けることができる
・導入コストが安い
・合わないサービスは解約できる
・長い目で見ると、高額の費用になる
・モノを所有できない

メリット

メンテナンスを受けることができる

サブスクリプションサービスを利用していることによってメンテナンスを受けられることは、メリットの一つと言えるでしょう。通常であれば、メンテナンス費用は別で支払う必要がある場合が多いですが、サブスクリプションを利用する場合にはメンテナンス費用も料金の中に含まれています。そのため、コストを掛けずにメンテナンスを受けることができる点は大きなメリットであると言えるでしょう。

導入コストが安い

導入コストが安いことも、サブスクリプションサービスを利用するメリットの一つです。サブスクを利用すれば、ほとんどの場合で導入コストをおさえることができます。車や製品を購入すれば、初期費用が高くなりますが、サブスクではそのようなコストをカットすることが可能です。

また、サブスクの月額料金には税金や保険料などの費用もあらかじめ含まれているため、支払いが基本一定であるということもメリットでしょう。サブスクであれば、毎年保険などにどれほどのコストが掛かるのかを計算する必要もありません。

合わないサービスは解約できる

この他にも、使用してみて合わないと感じたサービスに関しては解約することが可能な点も、サブスクのメリットとして挙げることができます。例えば車などを購入した場合には、実際に乗ってみてから合わないと感じたとしてもすぐに乗り換えるというわけにはいきません。しかし、サブスクであれば乗っている車を変更したり、サービスを解約することによって対応することができるのです。

デメリット

長い目で見ると、高額の費用になる

ユーザー視点におけるデメリットとしてまず挙げられるのは、長期的な視点で見ればコストが大きくなってしまうということです。サブスクリプションサービスは、長期的な利用には向いていないサービスと言え、サービスを2〜3年ほど利用すれば結果的に購入した時と同じ金額になってしまうことが多い特徴があります。

そのため、もしサービスを長期間利用する場合には商品買い取りが行えるサービスか、サブスクではない形のサービスの方がおすすめであると言えるでしょう。

モノを所有できない

モノを所有することができない点もサブスクリプションサービスのデメリットの一つです。サブスクリプションサービスでは、基本的にモノを所有することができない場合が多いため、契約期間を終えるとサービスを使用できなくなります。

例えば、アップルミュージックなどは期間終了と同時に音楽を聴くことができなくなってしまいます。このように、限られた期間中しか利用できないという点においては、サブスクのデメリットと言えるでしょう。

提供者側から見たサブスクのメリット・デメリット

上記では利用者側のメリットとデメリットを解説しましたが、提供者側から見るとどうでしょうか。以下では提供者側から見たメリット・デメリットを具体的に解説していきます。
提供者側から見たサブスクのメリット・デメリット
メリット デメリット
・安定的に収入が得られる
・継続的なユーザーを獲得できる
・導入直後は収入が低下する
・導入時に手間が掛かる

メリット

安定的に収入が得られる

提供者側からみたメリットとしてまず挙げられるのは、安定的に収入を得られることです。サブスクリプションサービスを利用することで、一定期間の契約となるため収入面で一定の額を確保することができます。

通常のサービスであれば毎月の売上も変動するので、翌月の収入がどれほどになるのか分からないことも多いです。しかし、サブスクリプションサービスであればある程度翌月の収入を計算することができるので、提供者側からすればメリットとなります。

例えば、月間の利用額が1,000円のサービスがあり、登録者が100人いた場合には翌月の売上も10万円ほどの売上を見込むことが可能です。そのため、予算の計画も立てやすくなるでしょう。また、解約者数も明確に把握することができるので、売上の差し引きも行いやすいです。

このように、収入面で安定することは、サブスクリプションサービスを採用する上で大きなメリットと言えます。

継続的なユーザーを獲得できる

継続的なユーザーを確保できることも、サブスクリプションサービスを導入するメリットの一つです。サービスを通して顧客の満足度が上がればそのまま継続的にサービスを利用してくれる場合が多く、長期的な収入につなげることができます。

例えば、自動車のサブスクリプションサービスなどでは、一定期間の間好きな車に乗ることができるサービスも存在しています。そのようなサービスを利用すれば、契約期間の間に自分の好みの車に乗ることができ、利用者の満足度を高めることができるでしょう。

そうなれば、そのまま継続的にサービスを利用してもらえる可能性も高まり、結果的に収入につながることになるのです。また、顧客が自らの経験を通して友人などに紹介してもらうことで、さらなる顧客を獲得することも可能です。このように、継続的なユーザーを獲得できることはサブスクリプションサービスの大きなメリットであると言えるでしょう。

デメリット

導入直後は収入が低下する

サブスクリプションサービスのデメリットとしては導入直後の収入が低下することが挙げられるでしょう。サブスクリプションサービスでは収益を長期的に繰り延べることになるので、短期的な収入としては減少することになります。

また、従来のサービスを見直したり、新たな仕組みを導入することになるため、費用が掛かるのです。運営するためにもコストが必要になるので、導入直後の収入としては下がってしまうことになるでしょう。日本において完全にサブスクリプションサービスが普及していると言えない理由としては、このような短期的な収益の低下を懸念したことによるものです。

ただし、長期的に見れば導入するメリットは大いにあるため、サブスクリプションサービスを採用するかどうかは企業の実情によって判断することが肝要になるでしょう。

導入時に手間が掛かる

この他にも、サブスクリプションサービスの導入に手間が掛かることも、デメリットとして挙げられます。従来提供しているサービスとは異なる方法で提供することになるため、社内での調整が欠かせません。

特に、これまでの業歴が長い会社であれば導入する際には手間が掛かるでしょう。収入を得る方法が変わってしまうために、社内での役員の説得や値段調整など、やるべきことは非常に多いです。

また、導入にあたって社内規約を変更しなければならない場合もあり、複雑な対応をすることになるでしょう。このように、導入時にはかなりの手間が掛かってしまうことは、サブスクリプションサービスのデメリットと言えます。

サブスク型のおすすめサービス

上記のように様々な特徴のあるサブスクリプションサービスですが、具体的にはどのようなサービスがあるのでしょうか。近年では日々の生活の中でも様々なサービスが利用されています。以下では実際に提供されているサブスクリプションサービスについて解説していきます。

Amazonプライム

Amazonでは会員制のプログラムである「Amazonプライム」をサブスクリプションサービスで提供しています。Amazonプライムを利用すれば配送を他の人より早く届けてもらったり、プライムビデオなどの動画サービスなどを利用することが可能になります。
また、Amazonでは定期的にタイムセールが行われており、プライム会員に登録しておくことで限定のセールにも参加することが可能です。セールはその時の状況によってお得なものが変わりますが、特にfireタブレットや電子書籍リーダーなどは頻繁に価格が下げられているので、セール時に購入するのが良いと言えます。
Amazonプライムはとても利用しやすい価格で登録することができ、世界中で登録者数が1億人を超えるほど多くの方が利用しているサブスクリプションサービスです。気になる方はぜひ登録してみてはいかがでしょうか。

KINTO

「KINTO」は最近話題になっている自動車のサブスクリプションサービスです。毎月定額の料金を支払うことでトヨタの新車に乗ることができます。

月額利用料としても他社カーリースと比較して安価な設定となっており非常に利用しやすいサービスと言えるでしょう。

車を購入した場合には、様々な税金や任意保険、車検などの費用が必要になりますが、KINTOを利用する場合には月額料金にこれらの費用が含まれているため、このような維持費を気にしなくても良いというメリットがあります。

また、点検を行う際はトヨタディーラーで行うことができます。ディーラーで整備をしてもらいたいものの「費用も高額だし、ディーラーは敷居が高い・・・」と思われる方は多いです。確かに、ディーラーで点検や整備を行えばその他の整備工場よりも高額なるでしょう。

こういった点検や整備費用に関しても利用料に含まれているため、ディーラーでしっかりとした点検を行ってもらえることは大きなメリットと言えます。

Office365

office365はサブスクリプションモデルやクラウドで展開されている0ffice製品の総称のことです。Microsoftから提供されており、導入すればWordやExcelといった機能を利用することができます。

従来、これらの機能は不正利用が多く、問題もありましたがサブスクリプション化が行われることによってその利用しやすさから利用者も増え、売上も伸びています。

もし、買切りでオンプレス型のOffice製品を導入することになれば、本来1ライセンスにつき数万円ほどの初期費用が掛かることになります。これは社員が100人在籍しているような企業においては導入するだけでも数百万円のコストが必要になることを表しています。

しかし、Office365を利用することによって大幅にコストをカットできるため、初期投資を抑えられるというメリットが存在しているのです。

また、セキュリティ面や最新の機能が利用できるなども魅力の一つで、導入すれば充実した環境で利用することができます。

まとめ

サブスクリプションサービスを利用すれば初期費用を抑えることができたり、企業側では安定した収入を得ることができるなど、多くのメリットが存在しています。

しかし、長期的に見ればかえってコストが掛かる可能性も存在しているため、導入する場合にはどれくらいの期間を利用する予定なのかをあらかじめ把握しておく必要があるでしょう。

利用すれば日々の生活をより豊かにすることができるサブスクリプションサービスですが、導入する際にはその仕組みやメリット・デメリットを把握して利用することが大切です。

上記で解説したことを参考にして、利用するかどうかを検討するようにしましょう。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。