Today's PICK UP

プロキシサーバーとは?仕組みやメリット・デメリットを詳しく解説!

プロキシサーバーを利用すれば、インターネット上の脅威に対して対策することができます。セキュリティを万全にするためにもプロキシを利用することはメリットが大きいと言えるでしょう。今回は、こうしたプロキシサーバーについて詳しく解説していきます。

プロキシサーバーとは

現代ではネット上に様々な脅威が存在しており、セキュリティ面を充実させることが欠かせません。もし、なんの対策もせずにインターネットを利用していれば、個人情報が抜き取られるような危険性も存在しています。

プロキシサーバーを導入することによって、インターネット上で起こる様々なトラブルに対策することが可能です。ただし、プロキシサーバーを活用する前に、そもそもどのようなものなのかを知っておく必要があるでしょう。

そこで、以下ではプロキシサーバーの概要や仕組みについて詳しく解説していきます。

プロキシサーバーの概要

プロキシとはもともと「代理」という意味を持っており、プロキシサーバーとは、インターネットと内部のネットワークの境界上で動作して両者間のアクセスを代理して行うサーバーになります。

ネットワーク上でネットの出入り口をこのプロキシサーバーを経由するものに制限すれば、その内容をまとめてプロキシサーバー上で確認することができます。

また、キャッシュと呼ばれる性能もプロキシサーバーには備わっており、過去に閲覧したWEBサーバーのデータを一時的ではあるものの保存することが可能です。

このようにしておけば、多数のユーザーが同時にアクセスした際に各々のユーザーがWEBサーバーにアクセスすることを防ぎ、プロキシサーバーがキャッシュデータを渡すことで、アクセスの速度を速めることができます。

この他にも、プロキシサーバーは有害なサイトなどを閲覧できないようにするフィルタリングや、翻訳機能などにも利用されており、用途に応じて幅広く活用されているのです。

プロキシサーバーの仕組み

プロキシサーバーは基本的に社内LANと外部インターネットの間に置かれます。そしてこの場所は、DMZ(非武装地帯、緩衝地帯)と呼ばれており、ファイアウォールに守られている社内LANの外側に位置しています。

社内LAN内にあるクライアントマシンが外部のWEBサーバーにアクセスする際にはこのプロキシサーバーへ通信が行われ、受信したプロキシサーバーが外部のWEBサーバーへ通信を行うのです。

外部のWEBサーバーからリプライが来ると、そのままクライアントマシンに送信するのではなく、一度プロキシサーバーで受信し、その後にクライアントマシンへ送信する流れになります。

このように、プロキシサーバーはクライアントマシン目線から見れば外部のWEBサーバーのように振る舞っており、その反対に外部WEBサーバーの視点ではクライアントマシンのように振舞う仕組みになっているのです。

そうすることで、匿名性の確保やサーバー負担の軽減などを行うことが可能になります。

プロキシサーバーのメリット・デメリット

プロキシサーバーを導入することでインターネット上の危険から身を守ることもできますが、もちろんメリットだけではなくデメリットも存在しています。

プロキシサーバーを利用する際には、メリットとデメリットの両方を理解した上で効果的に活用することが大切になるでしょう。以下ではプロキシサーバーのメリット・デメリットを具体的に解説していきます。
プロキシサーバーのメリット・デメリット
メリット デメリット
・匿名性が確保できる ・不正サイトへ誘導する可能性がある
・プロキシ上に記録が残る ・接続履歴が見られる可能性がある
・ウイルスチェックができる ・情報が盗まれる可能性がある
・サーバーの負担を分散できる

メリット

匿名性が確保できる

プロキシサーバーのメリットとしてまず挙げられるのは、匿名性の確保ができるということでしょう。プロキシサーバーにおいては個人のIPアドレスではなく、プロキシサーバーのIPアドレスのみが送信されることになります。もし、無防備な状態であれば、アドレスから個人情報が流出してしまう危険性が考えられます。

プロキシサーバーは、アクセスした端末を隠すことでサイバー犯罪の攻撃対象となったり、悪用される危険性を未然に防止することができるのです。このように、インターネット上に存在する様々な脅威から身を守るためにも、プロキシサーバーは有効であると言えるでしょう。

プロキシ上に記録が残る

プロキシ上に記録が残ることも、プロキシサーバーを利用する大きなメリットの一つであると言えます。プロキシサーバーを使用すれば、どのサイトにアクセスしたのかなどのデータが記録されます。

そのため、どのような人物がどういったサイトを閲覧しているのか、また、不正なアクセスが行われるのはどこからなのか、などの情報を残すことができるのです。
これらのことを記録しておくことで、万が一サイバー攻撃などを受けた場合などにもログを解析することによって適切に対処することが可能になります。

ウイルスチェックができる

プロキシサーバーでは、プロキシ上でウイルスチェックを行うことができます。ユーザーが使用しているパソコンなどの端末ではなく、プロキシ上でチェックすることができるため、運用する上でメリットがあるのです。

ウイルスに感染してしまえば、個人情報の流出や様々なトラブルにつながる可能性があります。個人情報の流出は、企業であれば顧客の信頼を一瞬で失ってしまうことになるでしょう。

そのようなことにならないためにも、ウイルスチェックをこまめに行うことが大切です。このように対策することによって社内ネットワークへのウイルスの侵入を未然に防ぐことができ、社内のネットワークの安全性を向上させることができます。

サーバーの負担を分散できる

この他にも、サーバーの負担を分散できることもプロキシサーバーの大きなメリットでしょう。上記でも述べたように、プロキシサーバーにはインターネットへ接続する際のデータをキャッシュとして保存できる機能があります。

また、特定のサイトへアクセスが集中しないよう、複数サーバーへ振り分けることができる「ロードバランシング」という機能を持たせることも可能です。このような機能によってネットワークやサーバー負担を軽減させることができ、通信速度を向上させる効果もあります。

このように、プロキシサーバーはユーザーが快適に利用できる環境を整える役割も担っているのです。

デメリット

不正サイトへ誘導する可能性がある

プロキシサーバーが不正なサイトへの誘導を行ってしまう可能性があることは、デメリットの一つでしょう。例えば、プロキシサーバーに対して攻撃が仕掛けられ、偽のサイトやフィッシング詐欺などのサイトへ誘導してしまうものなどが挙げられます。

こういった場合にはユーザーのリクエストとは別のサイトへプロキシサーバーが誘導してしまうことになるのです。そのため、誘導をしたサイトでユーザーの個人情報が抜き取られたり、詐欺に合うなどの被害をもたらしてしまう危険性が存在しています。

接続履歴が見られる可能性がある

プロキシサーバーのデメリットとしては、接続履歴が見られる可能性があることも挙げられます。上述したように、プロキシサーバー上には様々なデータが残っているため、攻撃しようとする者によってこれらの情報を見られてしまう危険性があるのです。

ログを確認されることで、個人情報が漏洩する可能性やアクセス履歴から迷惑メールの対象となってしまう可能性もあります。このように、接続履歴をチェックされるとユーザーにも被害が出る危険性があることは、あらかじめ把握しておく必要があるでしょう。

情報が盗まれる可能性がある

プロキシサーバーを利用すると、サーバーを経由してやりとりしている情報を盗まれる可能性があります。例えば、悪意のある人物が意図的にプロキシサーバーを設置した場合や、ハッカーによってハッキングされたような場合にはアクセスの際に送受信した情報を抜き取られることもあり得るのです。

このような情報には様々な個人情報が含まれている場合も多く、ユーザーに被害がおよぶ危険性があります。そのため、利用する際にはサーバーだけではなく、アクセス先のセキュリティ対策がしっかり行われているかどうかについてもよく確認しておくようにしましょう。

WEBプロキシサーバーの種類

プロキシには、様々な種類が存在しています。SMTPプロキシやFTPプロキシなどプロトコルごとに複数のものがありますが、ここではその一例としてWEBプロキシサーバーについて解説していきます。プロキシについての理解を深めるために、参考にしてみてください。
WEBプロキシサーバーの種類
・フォワードプロキシ
・キャッシュサーバ
・透過型プロキシ
・リバースプロキシ

フォワードプロキシ

フォワードプロキシはサーバーとクライアントの間に設置することによって社内ネットワークと公開ネットワーク間の通信を代理したり、中継を行うものです。一般としてWEBプロキシサーバーと言われるものは、このフォワードプロキシのことを表しています。

リクエストを受けるWEBサーバーは、プロキシを経由しているのでリクエストがプロキシから来ているかのように見えます。このことによって、クライアントのIPアドレスを隠すことが可能です。

また、WEBサーバー取引時間へ通信を行う際には必ずプロキシを経由するため、プロキシにおいてフィルタリングや通信管理なども行うことができます。

このように、フォワードプロキシはクライアントから不特定のサーバーへアクセスをするときなどに、クライアントの代わりに通信する役割を担っています。

キャッシュサーバ

キャッシュサーバとは、特定のWEBサーバーが発信している画像やページといった様々なコンテンツを複製して保存し、送信要求などがあるときなどは代理で送信を行うサーバーのことです。

このように行うことで、サーバーに対する負担を軽くしたり、接続にかかる時間を速めることが可能になります。

このキャッシュサーバを設置してコンテンツの配信を高速にする手法はCDN(コンテンツデリバリーネットワーク)と呼ばれ、ゲームや音楽、映画など、幅広いコンテンツにおいて高速に配信するために活用されています。

透過型プロキシ

透過型プロキシはフォワードプロキシに似ていますが、こちらの場合はネットワーク側の制御によって裏で代理受信を行い、PC端末側のプロキシ設定ではないことが特徴です。

また、透過型プロキシではユーザー側において迂回路を作成することができません。そのため、セキュリティ面において安全性が高いこともメリットの一つでしょう。

リバースプロキシ

フォワードプロキシはクライアントの通信を代理するために設置されますが、その反対に、リバースプロキシはWEBサイトへのリクエストを代わりに受信するためにWEBサーバーの前に設置されます。

このことから、リバースプロキシは「逆プロキシ」と呼ばれることもあり、外部のネットワーク通信をフロントで受け付けることによって不正なアクセスを防止する役割を担っています。

この他にも、リバースプロキシにはキャッシュを保持してWEBサーバーの負担を軽減する役割もあり、設定によっては特定のアドレスだけアクセスが行えるようにすることも可能です。このように、リバースプロキシを活用することによって不正なアクセスを防止することができます。

まとめ

インターネットを利用する上で、ある程度の危険性があることは覚悟しておかなければなりません。

ネットを無防備な状態で利用していれば、攻撃される可能性やハッキングされてしまう可能性などもあります。そのようなことにならないためにも、プロキシサーバーを活用することは非常に有効な手段です。

ただし、プロキシサーバーを導入すれば、そういった危険性に対して対策することもできますが、その反面、ユーザーを不正サイトへ誘導してしまったり、情報が盗まれるようなリスクが存在していることも把握しておく必要があるでしょう。

プロキシサーバーを利用する際にはこれらのメリット・デメリットをよく理解した上で、適切に活用していくことが大切です。

人気記事