最新記事

中国を代表するAI企業・百度(Baidu)、業界を牽引する自動運転技術は、どこまで進化しているのか。バイドゥ株式会社 張 成煥社長に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

中国を代表するAI企業・百度(Baidu)、業界を牽引する自動運転技術は、どこまで進化しているのか。バイドゥ株式会社 張 成煥社長に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

中国で検索エンジン市場最大手を誇り、グローバルでもGoogleについで二番手につける百度(以下、Baidu)。現在は、AIカンパニーとして、自動運転プラットフォーム、音声認識AIシステムの二つを今後の注力領域としています。今回は、Baidu本社の海外部門の総括、総責任者を務めると同時に日本法人であるバイドゥ株式会社(以下、Baidu Japan)の代表も務める張社長にご出演いただき、グローバルを席巻するメガテック企業の一角を占めるBaiduの描く未来や戦略について、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【Society5.0】注目サービス Vol.6 防災・消防・救急関連

【Society5.0】注目サービス Vol.6 防災・消防・救急関連

センサーやIoT、AIといったテクノロジーを活用し、データを集積した仮想空間から高付加価値を現実空間にフィードバックすることで、さまざまな社会的課題の解決を狙う「Society5.0」。その取り組みを業界別に紹介する連載シリーズ、第6回目では、防災、消防および救急に関連した取り組みをご紹介します。

DX戦略

日本駐車場開発×メディカルシステムネットワーク×オプトデジタル「産業のデジタル化とは?その現場・リアルを大公開。」駐車場&医療、デジタル化が遅れる巨大マーケットのデジタルシフト事例を徹底解剖! 

日本駐車場開発×メディカルシステムネットワーク×オプトデジタル「産業のデジタル化とは?その現場・リアルを大公開。」駐車場&医療、デジタル化が遅れる巨大マーケットのデジタルシフト事例を徹底解剖! 

「Society5.0」の実現に向け、「企業は、働き方は、暮らしは、どう変わるのか?」をテーマに、デジタルホールディングスが開催したビジネスカンファレンス「Digital Shift Summit」。最終日となる4日目のTalk Sessionのテーマは、「産業のデジタル化とは? その現場・リアルを大公開。」デジタルホールディングス グループ執行役員 石原靖士氏がモデレーターを務め、現在進行形でデジタルシフトのプロジェクトを進めている2つの企業のリアルな事例を紐解きながら、セッションが進められました。巨大マーケットのデジタルシフトはどのように進められているのか?Talk Sessionの様子をレポートします。

DX戦略

農業×DXで、「稼げる農業」は生み出せるのか。宮崎県・新富町「新富アグリバレー」に集う農業ベンチャーと共に、日本の農業の未来を探る

農業×DXで、「稼げる農業」は生み出せるのか。宮崎県・新富町「新富アグリバレー」に集う農業ベンチャーと共に、日本の農業の未来を探る

宮崎県の新富町という人口約1万7,000人、約8km四方の小さな町が、日本の農業をDXで変えるスマートアグリの発火点として、いま大きな注目を浴びています。その火付け役となっているのは、宮崎県新富町役場が設立した地域商社 一般財団法人こゆ地域づくり推進機構(以下こゆ財団)です。こゆ財団は「100年先も続く持続可能な農業を実現」というビジョンのもと、新富町を農業スタートアップの集積地とし、農業者の課題解決や稼げる地域経済の実現を目指して行動を開始。さまざまな農業ベンチャーが集まる場所へと変わってきています。新富町では、今どんなことが起こっているのか、また今後、日本の農業はDXでどう変わることができるのか。こゆ財団の執行理事を務める高橋 邦男氏と、そのパートナーである農業ベンチャーのテラスマイル代表取締役 生駒 祐一氏にお話をうかがいました。

DX戦略

「AIの社会普及への挑戦者たち、その最前線に迫る!」日本のAI導入企業はわずか3%。AI普及を促進する官民共同の取り組みとは

「AIの社会普及への挑戦者たち、その最前線に迫る!」日本のAI導入企業はわずか3%。AI普及を促進する官民共同の取り組みとは

「Society5.0」の実現に向け、「企業は、働き方は、暮らしは、どう変わるのか?」をテーマに、デジタルホールディングスが開催したビジネスカンファレンス「Digital Shift Summit」。3日目のTalk Sessionのテーマは「AIの社会普及への挑戦者たち、その最前線に迫る!」。パネリストにはAIの社会普及に尽力する官民含めた各界のフロントランナー7名が集い、AIの社会実装を実現するために「企業」「人材育成」「社会」の三つの軸から、四つのセッションにて議論が繰り広げられました。株式会社SIGNATE 代表取締役社長である齊藤 秀氏がモデレーターを務めた、Talk Sessionの様子をレポートします。

DX戦略

人気記事

Today's PICK UP

「AI×オペレーター」で国内約17万の診療所をDXする「RoleBank」、株式投資型クラウドファンディングを開始

「AI×オペレーター」で国内約17万の診療所をDXする「RoleBank」、株式投資型クラウドファンディングを開始

開業医や中小規模の病院(以下、診療所)向けに、窓口業務をオンライン上で自動化させる「外来アシスタント・システム」を開発するRoleBank株式会社は、株式投資型クラウドファンディングサービス「FUNDINNO(ファンディーノ)」において、2021年5月20日より募集による投資申込みの受付を開始すると発表した。

Today's PICK UP

アプリで間取りを設計する「デジタル家づくりプラットフォーム」が公開

アプリで間取りを設計する「デジタル家づくりプラットフォーム」が公開

建築テック系スタートアップのVUILD株式会社は、共創型戦略デザインファームの株式会社BIOTOPEと協業し、デジタル家づくりプラットフォーム「Nesting(ネスティング)β」を開発したと発表した。β版のサービスを今夏の正式ローンチに向け公開すると同時に先行ユーザーの公募を開始、1年以内に10棟以上の建設を目指す。

Today's PICK UP

LINE、「Microsoft Azure」のパートナーと全国のMaaS普及拡大を支援するための共同プロジェクトを開始

LINE、「Microsoft Azure」のパートナーと全国のMaaS普及拡大を支援するための共同プロジェクトを開始

LINE株式会社は、マイクロソフトが提供するクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」を活用し、クラウドインフラサービス市場における高い技術力と、MaaS領域において早くから日本マイクロソフト株式会社との連携を進め、多数の導入実績がある「Microsoft Azure」のパートナーとともに、全国各地のMaaS(Mobility as a Service)の普及拡大を支援する共同プロジェクトを開始すると発表した。

Today's PICK UP