Today's PICK UPの記事一覧

ロゼッタグループ、全社員に「英語禁止令」を発令

ロゼッタグループ、全社員に「英語禁止令」を発令

株式会社MatrixはVR(仮想空間)、パソコン、スマホ上のリモートで外国語が話せなくても自由に会話できる「言語フリー・スペース」の実験に成功。それを受けて同社が属するロゼッタグループでは、2021年3月1日付で全社全社員に対して英語を話すことを全面禁止する「英語禁止令」が発令されたと発表した。

Today's PICK UP

ダイハツ、「AI教育プログラム」などAIを活用した競争力強化の推進を発表

ダイハツ、「AI教育プログラム」などAIを活用した競争力強化の推進を発表

ダイハツ工業株式会社(以下、ダイハツ)は、AI(人工知能)を積極的に活用することで生産性や品質向上を図り、競争力強化を推進すると発表した。すでに技術開発や生産、一般事務の現場など幅広い領域でAIツールの活用を進めてきているが、将来的には誰もが当たり前にAIを活用することができるよう様々なAI教育プログラムを実施し、全社的な普及を目指す。

Today's PICK UP

マイクロソフト、対面での会議や会話の書き写し・翻訳ができる「Group Transcribe」を発表

マイクロソフト、対面での会議や会話の書き写し・翻訳ができる「Group Transcribe」を発表

マイクロソフトは、新アプリ「Microsoft Garage」を通じて利用できる機能を発表した。 グループ転写は、対面での会議や会話のためのリアルタイムのテープ起こしと翻訳を提供する。最先端のAI音声・言語技術を搭載したGroup Transcribeは、参加者がそれぞれのデバイスを使用することができ、正確な話者属性を提供する。

Today's PICK UP

個人に似合うアパレルサービス商品を提案する「AI骨格診断サービス」がスタート

個人に似合うアパレルサービス商品を提案する「AI骨格診断サービス」がスタート

株式会社アダストリアが展開する20代後半~30代前半の働く女性をターゲットとしたブランドAndemiu(アンデミュウ)は、一般社団法人骨格診断ファッションアナリスト認定協会代表理事の二神弓子(ふたかみ ゆみこ)氏と、TIS株式会社が共同開発したオンラインでできる「AI骨格診断サービス」を、2021年3月5日より先着1,000名限定で、公式WEBストア.st(ドットエスティ)にてリリースすると発表した。

Today's PICK UP

いなげや、デジタルマーケティングの強化を狙い「LINEミニアプリ」を正式導入

いなげや、デジタルマーケティングの強化を狙い「LINEミニアプリ」を正式導入

D&Sソリューションズ株式会社は、推進する“情報卸”の取組のサービスとしてスーパーマーケット専用に開発した「LINEミニアプリ」、「RETAILSTUDIO」および「ダイナミックプライシング」が株式会社いなげやで導入され、2021年3月3日から顧客向けにサービスが開始されたと発表した。

Today's PICK UP

マネーフォワード、電子契約サービス「マネーフォワード クラウド契約」を開始

マネーフォワード、電子契約サービス「マネーフォワード クラウド契約」を開始

株式会社マネーフォワードは、電子契約サービス『マネーフォワード クラウド契約』を、2021年5月より提供開始すると発表した。本サービスにより、紙の契約と電子契約の一元管理を可能にし、契約業務の効率化を実現する。なお、本サービスは、中堅企業向けバックオフィス統合ソリューション『マネーフォワード クラウドERP』のサービスラインナップに加わる。

Today's PICK UP

Google、サードパーティCookieのサポートを段階的に終了し代替技術も使用しないと発表

Google、サードパーティCookieのサポートを段階的に終了し代替技術も使用しないと発表

Google は、昨年ChromeにおけるサードパーティCookieのサポート終了を発表。現在も、関連する業界の関係者との広い協働を通じ、匿名性を保ちつつ広告主やパブリッシャーにとって機能する新手法の構築を目指して、プライバシーサンドボックスの開発に全力を挙げて取り組んでいる。しかし、サードパーティCookieをユーザーレベルの識別子に置換する他のアドテク企業のような措置を、Googleも講じるのかという質問があるという。Googleは、サードパーティCookieのサポートを段階的に終了させた後、ウェブ横断的に個人を追跡する代替的識別子の構築をしないこと、また広告製品でこれらを使用しないという明確な方針を発表した。

Today's PICK UP

200 件

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。