FLASH NEWSの記事一覧

介護施設で「AIカメラ」の導入の実証実験、開始へ AIの分析で利用者のニーズを分析し介護サービスの向上を目指す

介護施設で「AIカメラ」の導入の実証実験、開始へ AIの分析で利用者のニーズを分析し介護サービスの向上を目指す

介護、医療事務、保育サービスを提供する株式会社ソラストとAI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティムは、ソラストが運営する一部のデイサービス施設に、オプティムが提供する「OPTiM AI Camera」を設置し、従業員のオペレーションをAIで可視化してニーズを分析する検証を9月より開始する。両社は2020年度中にこの検証を活用し、「OPTiM AI Camera」による転倒の事前検知やセンサーによる施設内の環境管理など、利用者一人ひとりに寄り添った魅力ある介護運営を目指す。

FLASH NEWS

FRONTEO、AIを用いた日報/週報データの審査支援サービスを提供開始 厚労省の新ガイドラインに対応へ

FRONTEO、AIを用いた日報/週報データの審査支援サービスを提供開始 厚労省の新ガイドラインに対応へ

株式会社FRONTEOは、独自開発のAIエンジン「KIBIT(キビット)」を活用した「MRの日報/週報審査ソリューション」の提供を開始した。医療用医薬品の販売情報提供活動において「不適切」とされる可能性の高い情報・表現をKIBITで検知することで、膨大な数のMRの日報/週報データの網羅的・効率的な審査を支援する。

FLASH NEWS

JR 武蔵境駅で7月30日、無人コンビニがオープン セルフレジを活用したキャッシュレス化を導入へ

JR 武蔵境駅で7月30日、無人コンビニがオープン セルフレジを活用したキャッシュレス化を導入へ

株式会社 JR 東日本リテールネットは、セルフレジを活用したキャッシュレス・無人店舗をNewDaysとして初めて、2019 年7月30日(火)に JR武蔵境駅nonowa改札口にオープンする。今後、首都圏のNewDaysでセルフレジを活用したキャッシュレス・無人店舗を展開していくとのことだ。

FLASH NEWS

JALが「JAL SMART AIRPORT」を標榜。IT活用で搭乗までの顧客体験向上をめざす

JALが「JAL SMART AIRPORT」を標榜。IT活用で搭乗までの顧客体験向上をめざす

JALは、羽田空港国内線で、チェックインカウンターから搭乗ゲートに至るまでのデザイン、システムを一新すると共に、デジタル端末の活用によってヒューマンサービスを強化し、スムーズで快適な空港を目指し、「JAL SMART AIRPORT」を実現するという。各エリアごとに段階的にリニューアルし、2020年夏に全面オープンを予定している。また、2021年を目処に、他の国内基幹空港へも展開するという。

FLASH NEWS

三越伊勢丹、気象ビッグデータを活用するリコメンドサービスをオンラインストアに導入 ファッションテックの推進へ

三越伊勢丹、気象ビッグデータを活用するリコメンドサービスをオンラインストアに導入 ファッションテックの推進へ

デジタルマーケティングのコンサルティング会社、株式会社ルグランは、気象ビッグデータを分析し、天気や気温の変化に合わせてユーザーの好みに合ったコーディネートを提案するファッションテックサービス『TNQL(テンキュール)』を提供している。

FLASH NEWS

日立システムズ、AI‐OCRを「業務効率化支援サービス」のラインナップに追加

日立システムズ、AI‐OCRを「業務効率化支援サービス」のラインナップに追加

株式会社日立システムズとAI inside 株式会社が連携し、日立システムズが提供している、RPAで働き方改革を支援する「業務効率化支援サービス」のラインアップに市場シェアNo.1のAI-OCRのプラットフォーム「DX Suite」を追加し、7月18日から販売を開始する。これにより、紙帳票のデジタル化における手書き文字の認識率が飛躍的に向上し、さらなる生産性の向上を目指す。

FLASH NEWS

救急医療向け、テキスト構造化AIと音声入力エンジンを搭載した支援システム「Next Stage ER Ver.2.0」がリリース

救急医療向け、テキスト構造化AIと音声入力エンジンを搭載した支援システム「Next Stage ER Ver.2.0」がリリース

TXP Medical株式会社は、FileMakerプラットフォーム上で開発された救急外来・ER診療に特化したデータ管理システムNext Stage ERを全国の急性期病院向けに提供している。今回、診療記録テキストの音声入力・音声コマンドによるバイタルサイン等の入力機能、医療言語処理技術を活用したリアルタイムのテキスト構造化機能、画像解析による情報自動抽出機能、医療機関間のD to D相談機能等を実装した、Next Stage ER Ver.2.0をリリースした。これらの機能はFileMaker Data API 連携機能を使用し、外部アプリケーションと連携することで実現したという。

FLASH NEWS

日本郵政グループ、シャノンと連携し、DM(ダイレクトメール)の印刷・宛名印字・郵便差し出しまでを自動化

日本郵政グループ、シャノンと連携し、DM(ダイレクトメール)の印刷・宛名印字・郵便差し出しまでを自動化

株式会社シャノンと日本郵政グループの株式会社JPメディアダイレクトは、このたび、シャノンが提供するマーケティングオートメーションサービスとJPメディアダイレクトが新たに開発したDM(ダイレクトメール)の印刷・発送プラットフォーム「DM Connect」を連携させた「SHANON MARKETING PLATFORM DM Connect Plus.」(以下「SMP」)について、サービス開発や販促などのマーケティング活動を共同で実施することに合意した。2019年9月2日より本サービスの販売を開始する。

FLASH NEWS

病院のRPA導入で民間企業を超える業務効率化を目指す 年間8000時間の業務を削減へ

病院のRPA導入で民間企業を超える業務効率化を目指す 年間8000時間の業務を削減へ

RPAホールディングス株式会社の子会社で、RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)/Digital Labor(仮想知的労働者)のベーステクノロジーを提供するRPAテクノロジーズ株式会社は、社会医療法人宏潤会 大同病院にRPAツール「BizRobo!」を2019年6月より本格導入した。

FLASH NEWS

食材名を伝えると料理家考案のレシピが届く、AIチャットボットを搭載した「暮らし上手ボット」がLINE上でスタート

食材名を伝えると料理家考案のレシピが届く、AIチャットボットを搭載した「暮らし上手ボット」がLINE上でスタート

株式会社エイ出版社が、グループ会社であるピークス株式会社と共同運営しているメディア「暮らし上手」のLINEアカウントにおいて、株式会社mofmofと共に、LINE上で食材の名前を伝えるだけで料理家考案のレシピを紹介するAIチャットボットの運用を開始する。このAIチャットボットはメディア「暮らし上手」のLINE上で運用される。

FLASH NEWS

66 件