中国最前線

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

ざっくりまとめ

- 「新興EV造車三兄弟」創業の裏側に、テスラが存在。

- 新興企業によって自動車業界がイノベーションされたことがスマートEV発展のきっかけ。自動車はソフトウェア基点にシフトしている。

- EVが主流になれない日本の自動車業界。イノベーターの不在がネックに。

- 中国市場では、使用済みバッテリーの処理・リサイクルが今後の大きな課題。

- 中国独自の自動車業界カオスマップ。日本にはないサプライヤーの存在にも注目。

「新興EV造車三兄弟」その創業に影響を与えたのは、テスラの存在?

前編では、中国EVメーカー台頭の三つの要因を挙げました。続く、四つ目の要因とも言えるのが「新興メーカーの攻勢」です。なかでも有名なのは、NIO(上海蔚来汽車)、Xpeng(小鵬汽車)、Li Auto(理想汽車)。これら3社は「新興EV造車三兄弟」と言われており、いずれも2014~2015年に創業、2020年に成長軌道に乗った点が共通しています。
出典元:Xpeng創業者 ヒー・シャオペン氏のWEIBO(微博)公式アカウント
NIO、Li Autoの創業者は、自動車情報サイトを運営するAutohome(汽車之家)を2000年代に設立しており、2013年にはニューヨーク証券取引所への上場を果たしています。彼らはテスラ(Tesla)が創業した2003年以来、その動向を追い続けてきました。2014年、テスラから「Model S」が中国で発売されたことと、二人が創業したことは決して無関係ではないでしょう。

また、Alibaba(阿里巴巴)の元幹部であり、Xpengの創業者、ヒー・シャオペン氏は、テスラのCEO イーロン・マスク氏のスピーチを聞いたことが、EV業界への関心を強めるきっかけになったと話しています。
出典元:中国乗用車市場信息聯席会のデータを基に筆者作成

【NIO】無料バッテリー交換方式で顧客のロイヤルティ向上をねらう

ここからは、3社についてそれぞれ掘り下げて解説します。

“三兄弟”のなかでもっとも勢いがあるのが、販売台数の一番多いNIOです。一番の特徴は、世界で唯一、バッテリー交換方式を採用していることです。NIOは2021年現在、中国全土500か所以上にのぼるバッテリー交換ステーションを独自に展開しており、車両購入者に対し、バッテリー交換の無料サービスを提供しています。NIOユーザーはステーションに行けば、わずか3分で充電済みのバッテリーと交換してもらうことができます。このサービスは非常にコストがかかるものの、顧客の満足度とブランドイメージの向上に寄与できることから先行投資として継続されています。

この仕組みからも分かるように、NIOが展開しているのは単純な車販売ビジネスではなく、コンシューマービジネスです。会員限定イベントを開催しているのも、その一環だと言えます。また、彼らが販売するEVは、“スマート車”でもあるため、車内向けエンターテインメントコンテンツの提供も収益源の一つになっています。

なお、NIO自身は自動車生産資格を有していません。そのため、自社で手掛けるのはEVの設計と開発まで。生産は、委託提携先のJAC(江淮汽車)が行っていますが、今後は新設や買収等を通じて自社工場を持つ可能性も考えられます。
5人乗りSUV「EC6」

5人乗りSUV「EC6」

【Xpeng】“テスラキラー”の異名を持つ、広州発の革新メーカー

新興メーカーのなかで高級路線をいくNIOですが、続いて紹介するXpengは、車両価格を低めに抑え、大衆車市場に照準を合わせています。創業後しばらくは海南マツダに生産を委託していましたが、2020年にFODAY(福迪汽車)を買収し、自動車の生産資格を取得してからは自社生産に舵を切っています。

元トヨタのデザイナー、元テスラの技術責任者を擁しており、3社のなかでは唯一、ナスダックに上場。2021年10月にはNIOに続いて海外進出を果たしており、“中国版テスラ” “中国のテスラキラー”の異名のもと各国を席巻するのではないか、とその動向が注視されています。

そんな彼らのプロダクトですが、2019年に発売したSUVタイプの「G3」は、航続距離が520kmと、現在、純EVを採用しているSUVのなかで最長を誇ります。バッテリーにはCATLの次世代リチウムイオン電池を採用しており、残り30%のバッテリーを30分以内に80%まで充電できる点も特徴です。
5人乗りSUV「G3」

5人乗りSUV「G3」

また、2020年に販売開始したスポーツセダンの「P7」は航続距離が706kmと、ライバル視するテスラ「Model 3」の650kmよりも優れています。自動運転レベルは2.5であり、自動駐車アシスト機能、完全音声AIコントロールを標準搭載。さらには車載システム「Xmart OS」によって、発売時期にかかわらず常に最新の技術が車体に反映されるようになっています。
5人乗りスポーツセダン「P7」(画像はシザーズドアを付けた限定車)

5人乗りスポーツセダン「P7」(画像はシザーズドアを付けた限定車)

【Li Auto】順調な供給体制の構築で販売台数を伸ばす

3社目のLi Autoの大きな特徴は「レンジエクステンダー」を採用している点です。これは、エンジンモーターに取り付けるガソリン式の発電装置のことで、バッテリーの残量が少なくなるとガソリンで発電して走行距離を伸ばす役割を持っています。そのため、航続距離は800kmと、他社と比べて大きな優位性を持っています。

同社は2018年に中堅自動車メーカー、Lifan(力帆汽車)の買収を通じて生産資格を取得、翌年には江蘇省の自社工場で「理想ONE」の生産を開始しました。NIOのようにブランド戦略に時間をかけなかった分、3社のなかでもっとも早く量産体制に入ることができ、以来、急速に販売台数を伸ばしています。2020年9月には米国の半導体メーカー、エヌビディア(NVIDIA)と提携。自動運転レベル4の実現を目指し、システム開発を強化しています。
7人乗りSUV「理想ONE」

7人乗りSUV「理想ONE」

ソフトウェア基点でスマートEVをつくることが本流に

ここまで見てきたように、IT企業に加え新興企業の面目躍如が、中国でEV市場が台頭している背景です。かたや日本は現行メーカーへの依存度が高く、ベンチャー企業が参入しづらい状況です。さらに、現行メーカーの一つであり、イノベーションに積極的なトヨタも、EVは主に中国で展開しています。その理由は、日本の自動車市場の中心を、引き続きガソリン車あるいはハイブリッド車が担い、EVの時代がなかなか見えてこないからにほかなりません。

もっとも中国の自動車市場も日本同様、現行メーカーが幅を利かせる世界です。しかしながら、産業全体という視点で見ると、自動車メーカーよりもIT企業のほうが影響力を持っています。“三兄弟”の主要株主をみても、NIOはTencent (腾讯)、XpengはAlibaba、Li AutoはMeituan(美団)にByteDance(字節跳動)と、すべてIT企業です。インターネットやソフトウェアを掌握している彼らはEV領域にも精力的に進出し、惜しみない投資を行っています。

前編から通して考察してみると、これからの自動車づくりは、デバイスからソフトウェアではなく、ソフトウェアからデバイスが本流になることが分かります。つまりは、IT企業によって車の概念が新しくデザインされている、ということです。その上、彼らは「クリーンエネルギーの活用によって環境に貢献したい。だからEVをつくっている」と声高に話しています。こうした動きに対する消費者の期待は大きく、ニーズは高まるばかりです。このトレンドに抗えない現行メーカーは、EVに移行したくないという本音を抱えながらも、仕方なしにEV、準EVをリリースしています。これはDXによる進歩の結果とも言えるでしょう。

ひるがえって、日本はどうでしょうか。楽天、ヤフー、ソフトバンク……いずれのIT企業にもこうした動きは見られません。中国に倣うとすれば、日本でイノベーションが起きる様子はなく、自動車産業を取り巻く勢力図が変わらないことを意味します。日本にGoogleのような企業が存在すれば、また違う状況が生まれていたのかもしれません。

Nio Nomi

課題は使用済みバッテリーの回収

中国は他国に依存しない独自のサプライチェーンの構築を目指しており、2035年までには内製化を実現する予定だと言います。現在、特定の部品は主に中南米からの輸入に頼っていますが、実は、EVバッテリーの原材料の世界シェアを中国は有しています。EVが世界のスタンダードになるとしたら、中国はますます有利になるでしょう。

一方、唯一の気がかりはバッテリーの回収です。ここ数年以内に起きる大きな課題と目されています。EV用バッテリーには貴重な鉱物がいくつも原料として使われており、それらを個々に分離するには高い技術を要します。環境への負荷や産業廃棄物の取り扱いも考える必要があり、また資源の有効活用の視点からリサイクルが必須です。重量も数百キロと重く、輸送や保管のことも考えなければなりません。実際、筆者のもとに中国メーカーから「日本の技術ある企業と提携できないか」と相談を受けたことがあり、国内外問わず、課題解決できる道を模索している現状がうかがえます。

日本には存在しない独自のサプライヤーに注目

最後にカオスマップを紹介します。中国のEV市場には日本に存在しないサプライヤーが見受けられ、サプライチェーンも独自に張り巡らされています。
出典元:『iResearch:2020年中国新能源汽車行業白皮書』
まず、上段の左上「上游」が示すのはバッテリーの原料メーカーです。その隣の「中游」のうち、上枠内がバッテリーの生産メーカー、下枠内がEVのパーツメーカーになります。続いて、「下游」は、上枠内が新興自動車メーカーのくくりです。NIOやXpeng、Li Autoのロゴを確認できるでしょう。その下の枠内は現行メーカーです。その隣、水色文字の「后期市場」は、アフターサービスの企業群です。上枠は充電スタンドの提供企業であり、下枠内の企業はバッテリーの回収やリサイクルを担っています。

続いて、下段の左の枠内は、IT関連企業になります。これからの車はすべてインターネットにつながり、スマホと同じ機能を有するようになります。運転履歴もすべてクラウド上に保存され、車検や修理の場で利用されるほか、技術開発にも活かされます。このほか、エンターテインメントサービス、トラブル監視サービスを提供する企業も含まれています。中央の枠内は、自動運転技術、AI技術の開発提供会社です。右の枠内は高精度電子マップのサプライヤーです。

このカオスマップを見れば、中国EV市場には多くの企業が存在し、いかに網羅的にサービス展開されているかがお分かりいただけるのではないでしょうか。遅れを取る自動車大国・日本が、今後どのように中国と向き合っていくのか、動向に目が離せません。
李 延光(LI YANGUANG)
株式会社デジタルホールディングス 中国事業マネージャー兼グループ経営戦略部事業開発担当
天技营销策划(深圳)有限公司 董事総経理

2004年来日、東京工科大学大学院アントレプレナー専攻修了。IT支援やコンサルティング、越境EC、M&Aなど多岐にわたって従事したのち、2011年に株式会社オプト(現デジタルホールディングス)に入社。2014年より中国事業マネージャー兼中国深圳会社董事総経理を務める。日中間の越境ECの立ち上げ、中国政府関係及びテクノロジー大手企業とのアライアンス構築、M&Aマッチング、グループDX新規事業の立ち上げなどを担当。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

大手各社が黒字化に苦悩するネットスーパーとイトーヨーカ堂のコミュニティ戦略に迫る。イトーヨーカ堂 山本哲也社長×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 後編は総合スーパーならではの売り場づくりの工夫、各社が黒字化に苦悩するネットスーパー戦略、イトーヨーカドーが目指す地域インフラの姿、社会課題の解決についてお話をうかがいます。

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

イトーヨーカドーの未来を左右する、新社長の店舗・組織変革の勝算。イトーヨーカ堂社長 山本哲也氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2020年、創業100周年を迎えた株式会社イトーヨーカ堂。ロシアのウクライナ侵攻に、進む円高と物価高など厳しい経済状況の中、今年3月に社長に就任した山本哲也氏は「信頼と誠実」を掲げ、商売の原点に立ち返ることを標榜しています。イトーヨーカドーはどのように変わるのか? これからの時代のスーパーに求められる形とは? 立教大学ビジネススクールの田中道昭教授との対談をお届けします。 前編は山本社長が社長に就任した経緯、2000年以降業績が落ち込んだ原因の分析、そして現在進行中の新しい売り場づくりの施策などについてお話をうかがいます。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。