Today's PICK UP

順天堂大学、「3次元オンライン診療システム」を開発

順天堂大学大学院医学研究科神経学の服部信孝教授、大山彦光准教授、関本智子非常勤助教らの研究グループは、3次元オンライン診療システム「Holomedicine(ホロメディスン)」を開発したと発表した。
本システムは、遠隔地にいる患者の3次元動作情報を離れた場所にいる医師のヘッドマウントディスプレイ(HoloLens)上に投影し、患者が目の前にいるかのように診察できる診療システム。本システムを用いて評価したパーキンソン病の運動症状のスコアは、対面による評価と相関しており、対面診療の代わりとして評価に用いることができることが示されたという。本成果はパーキンソン病のみならず、運動障害および神経疾患のオンライン診療に役立ち、ポストコロナを見据えた未来の医療実現の大きな一歩になる可能性があるとのことだ。

■背景

新型コロナウイルス感染症の感染拡大に伴い、通院に伴う感染リスクを低減する必要性が急速に高まっている。一方、パーキンソン病などの慢性疾患患者は専門医への受診中断により健康状態悪化のリスクがあり、感染拡大の状況下において、感染リスクを最小化しつつ安全かつ安心に専門医への通院を継続できる社会基盤の整備が急務だという。通院における感染リスクを低減する方法の一つに遠隔医療(テレメディシン;Telemedicine)がある。神経難病に対する遠隔医療技術として、ビデオ通話機能を用いた2次元のオンライン診療があるが、パーキンソン病患者の運動症状を医師が詳細に把握しにくいなどの課題があった。そこで本研究では、実際に対面して得られる患者の運動症状を、遠隔地においても評価を可能にする3次元オンライン診療システムの開発に取り組んだとのことだ。

■内容

本研究では、遠隔地にいる患者を、マーカレス3次元モーションスキャナー(Kinect v2)を用いて、3次元動作情報をリアルタイムでスキャンし、離れた場所にいる医師のもとに3次元動作情報を複合現実(Mixed Reality)を実現するヘッドマウントディスプレイ(HoloLens)を介して再構築し、まるで患者が目の前にいるかのように診察できる双方向性3次元オンライン診療システム「Holomedicine(ホロメディスン)」を開発した。ホロメディスンとはホログラムとテレメディスンから命名している。本システムではヴァーチャルリアリティ(VR)ではなく、現実とヴァーチャルを融合した複合現実を用いることで、患者も医師も、お互いのいる環境に相手が来て、対面しているかのように見ることができる。また、音声通話機能も搭載しているため、本システムのみで診察を完了することができる。

今回、実際にパーキンソン病患者100名に対して、本システムを用いて評価したパーキンソン病の運動症状のスコア(UPDRS-III)と、従来の対面による評価による運動症状のスコアを比較したところ、級内相関係数で相関が高く、信頼性が高かったことから、対面診療の代わりとして評価に用いることができることが示されたとのことだ。
出典元:プレスリリース

人気の記事