Today's PICK UP

ネットショップ開業の基礎を紹介!ECサイトの作り方

ECサイト(Electronic Commerce Site)とは、インターネット上で商品やサービスを販売するWebサイトのことです。

・ネットショップ
・オンラインショップ
・ネット通販
・オンラインストア

言い方は違いますが、全て同じ意味合いです。

現代の小売業で、ネットショップは必要不可な販売ツールと言われています。そこで今回は「ECサイト(ネットショップ)」について紹介していきます。

ECサイトの構築、3つの方式について

インターネット上で商品を販売する「ネットショップ開業」は、ECサイトを構築することから始まります。ECサイト構築を代表する3つの方式、それぞれの特徴を見ていきましょう。

ASP

ASP(Application Service Provider)は、アプリケーション・サービス・プロバイダーの略称です。

インターネットを介し提供されるソフトウェアやアプリケーションサービス、そして稼働環境を提供する事業者のことを言います。
例)Webメールサービスやクラウドサービス~財務管理システム・販売管理などのシステム開発環境

メリット
・低コスト:自社で大きなシステムを開発する必要がない分費用を抑えられ、サーバーなどのメンテナンス管理も提供事業者で行います。

・スピーディー:既存のテンプレートやデザインを選ぶことから始められるので、ネットショップをすぐに始められます。

・手軽さ:インターネットにつながる環境さえあれば、PCやモバイル端末からシステム操作が可能です。


デメリット
・カスタマイズ:一般向けの対応になっているため、独自のカスタイズには対応していません。

・ネット環境:クラウドにあるデータシステムをダウンロードして利用する仕組みになっているので、ネットワーク環境が必須です。

・セキュリティ:複数のユーザーがサーバーを利用すため、セキュリティ対策に信頼がおける提供事業者を選ばなくてはなりません。

オープンソース

オープンソースは、インターネット上でソースコードが無償で公開されているソフトウェアのことです。英語表記で「Open Source Software」OSSと略されます。
例)WordPressはホームページやブログに、企業から個人まで多く利用されています。

メリット
・無償:ECシステムを誰でも自由にダウンロードして始めることができます。

・オリジナルサイト:オープンソースを基盤とし、自由にカスタマイズすることが可能。プラグイン(機能拡張用に追加するプログラム)も提供されています。

デメリット
・自社負担:基本的に公式のサポートがないため、バグなどの不具合の対応や、サーバーの保守運用も自社の負担になります。

・プログラミング知識:ソースコードが基盤となっているだけなので、ある程度プログラミングに対する技術的な知識が必要です。

ECパッケージ

ECパッケージは、ECサイトを運営するために必要な基本機能を、ある程度開発しパッケージングした製品です。ECパッケージを自社のサーバーにインストールするだけで、ネットショップが開業できます。中~大企業向けの構築方式です。

メリット
・標準搭載:ECサイト運営に必要な基本機能がパッケージされています。

・柔軟なカスタマイズ:カスタマイズが前提とされ、さまざまなニーズに対応できるようになっています。

デメリット
・コスト:導入するための初期費用が高く、サーバー管理やメンテナンス費用も必要です。

・システム改修:年月とともにシステムが古くなり、導入後のバージョンアップに費用が発生します。

クラウドEC
同様のパッケージ方式でありますが、クラウド型のパッケージ「クラウドEC」です。クラウドを利用することから、最新のシステムが自動でアップデートされるいうメリットがあります。サーバーの用意が不要なので、サーバーダウンを防ぐことができます。

ECサイトの種類

ECサイトは小売業などのECサイトは、ビジネスを展開していく上でのプラットフォームとなっています。デジタル化により販売モデルが3つに分類できます。

B to B(Business to Business):企業間の取引

C to C(Customer to Customer):消費者間の取引
例)Yahoo! オークションやメルカリなどのフリマアプリ

B to C(Business to Customer):企業と消費者の取引
今回はこの「B to C」ECサイトの種類について見ていきましょう。

※(先述にあるECサイト構築の方式)
単店舗型:独自店舗の商品を販売するために構築するサイトの形式です。

オムニチャネル型ECサイトモール型ECサイト

オムニチャネル(Omni-Channel)とは、「Omni(全て)」と「Channel(チャネル)」を合わせた造語で、マーケティングの戦略形態の一つです。この場合チャネルは「顧客との接点」という意味になります。

オムニチャネルは、チャネルを統合管理し連携させることで顧客と接点を持つという考え方で、現代の販売戦略のカタチです。
この場合のチャネルは以下を指します。
・実店舗
・Webページ(ECサイトなど)
・カタログ、ポスター
・モバイル(スマホアプリなど)
・SNS
・コールセンター
・イベント

戦略メリット
複数のチャネルを統合することで、店舗での在庫切れ商品をECサイトでカバーでき、顧客へのタイムリーなサービスが提供できます。このように在庫などを一元管理することで、業務の効率化が図れます。

成功への4つのポイント
1. ロードマップの策定:目的や役割、スケジュールなどをロードマップ化します。

2. 社内の体制づくり:店舗・ネット販売・カスタマーサポート・ITという各部門を組織化します。

3. システム統合・データ連携:一元管理システム導入するためにデータを統合します。

4. 店舗用ハードウェア:ECサイトと店舗を連携するためには、本社システムとの連携や店舗のハードウェアを刷新する必要があります。

モール型ECサイト

モール型ECサイトとは、インターネット上のショッピングモールです。1つのドメインにさまざまな店舗が集結したECサイトです。
例)代表的なモールサイトとして楽天市場、Yahoo! ショッピング、amazonがあります。

メリット
出店しやすく、モールそのものに信頼があり集客につながり、サポートも受けやすくなっています。

デメリット
テナント料・ロイヤリティというコストが発生します。自店のブランディングが弱くなります。

グローバル・越境型ECサイト

越境型ECサイトは、インターネットを介して行う国際的ECサイトのことです。海外に向けて日本の商品を売ることを目的としています。

日本の商品は安心安全・高品質であると海外でも人気があり、越境型ECサイトは大きな市場が望め成長の傾向にあります。訪日外国人の帰国後、購入した日本の商品が気に入ったため、リピート購入したいという外国人が利用しています。

ECサイト構築の注意点

ECサイトは比較的始めやすいことから、画期的なビジネスツールの1つです。

ECサイト構築の注意点は、目的を明確に持ち、手順や費用など予め全体像を掴んでからのぞみましょう。準備段階で参考サイトを用意しておくと、デザインのイメージしやすくなります。

制作手順とポイント

1. コンセプト:
ECサイトのコンセプトを決めます。「どのようなサイトを作りたいか」「何がしたいのか」、ここからデザインや機能も検討していきます。
・TOPページ
・カテゴリーページ
・商品詳細テンプレート
・利用ガイドページ
・問い合わせページ
などのデザイン設計を行います。

2. 要求定義:
コンセプトをベースにサイト構築のプロットをイメージします。必要な機能をまとめていきます。使いやすく見やすいデザイン性を検討しましょう。スマホ対応は必須です。

3. ページデザイン・コーティング:
要件に合わせたデザインイメージを具象化します。デザイナーに外部委託する場合はイメージがぶれないよう打ち合わせましょう。
コーティング(ページ制作)作業に入ります。ページの階層順位を図にしておくとコーディングしやすくなります。一般的にはTOPページから始め下層ページに移ります。

4. 商品登録:
ECサイトにアップする商品画像や情報をアップロードしていきます。

5. その他設定、オープンテスト
配送方法や決済の設定、SEO(検索エンジン最適化)対策などを行い、最終的にオープンテスト実施しましょう。

制作準備と必要項目

コンテンツ
サイトに載せる内容を準備します。商品関連の情報や口コミなど、消費者に分かりやすく見やすい構成で、最終的に購入につなげるようし工夫しましょう。

商品写真・商品情報
商品を直接手に取って見ることができないので、素材感や大きさなどが分かりやすく鮮明な商品写真を用意しておきましょう。サイズなどの詳細な商品情報も忘れずに。

ドメイン・サーバー
サイト構築の方式によっては不要な場合もあるので、上記の「要件定義」の際に合わせて検討していきましょう。

制作期間と費用

ECサイトの期間と費用は、構築する手法やカスタマイズによってさまざまです。それぞれの期間と費用を比較してみましょう。

※(初)初期費用、(月)月額費用、(期)期間
1:ASP
(初)0~数10万円 (月)数万円 (期)短い サーバー不要

2:オープンソース
(初)数10万円~ (月)個人:数千円~、企業:数10万円~ (期)短~長カスタマイズによる サーバー必要
※自社で構築する場合はコストを抑えることが可能です。

3:ECパッケージ
(初)数100万円~ (月)数10万円 (期)長い サーバー必要

費用・期間ともにカスタマイズによって差がありますので、あくまで目安です。一般的な期間は3~4ヶ月かかると言われていますから、オープン日を想定し逆算して計画を立てていきましょう。



ECサイト運営を成功するために

ECサイトの運営を成功させるためには、作成するだけでは意味がありません。成功の秘訣は「集客」です。

1. アクセシビリティ(Accessibility)
利用者が使いやすく、必要としている情報を見やすく分かりやすいサイトを構築することです。そして提供者側にとっても、改善も含め改良しやすいサイトにしていきましょう。

2. セーフティ(Safety)
決済についての多様化により、クレジット情報や個人情報を安全に通信できる、SSL(Secure Sockets Layer)対策を実施しましょう。

3. モバイル(Mobile)
スマホが日常生活に密着する中、スマホからSNSや口コミサイトからネットショップに誘導・購買を完結することが実現できます。

自社の目的に合ったECサイトを構築し、集客を目指しましょう。

人気記事

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

デジタル時代に銀行はどう生き残るのか【みんなの銀行 横田氏×GMOあおぞらネット銀行  金子氏】

デジタル時代に銀行はどう生き残るのか【みんなの銀行 横田氏×GMOあおぞらネット銀行 金子氏】

金融再編、異業種からの金融業参入、DX加速――。銀行を取り巻く環境は、目まぐるしさを増すばかりです。この変化の激しさは、おおよそ150年前、日本に銀行が生まれて以来の大きなうねりとも言えるでしょう。金融業界にもグローバルの視点が欠かせなくなったいま、日本の銀行がさらなる飛躍と進化を遂げていくためには、どのような心構えで臨む必要があるのでしょうか。 今回、ふくおかフィナンシャルグループ傘下であり、日本初のデジタルバンクとして2021年5月にサービスをスタートした、株式会社みんなの銀行 取締役頭取である横田 浩二氏と、「No.1テクノロジーバンク」を標ぼうし、既存銀行にはない革新的なサービスを矢継ぎ早に生み出し続けている、GMOあおぞらネット銀行株式会社 代表取締役会長 金子 岳人氏の対談が実現。長い歴史とドメスティックな環境で閉ざされてきた日本の銀行に風穴を開けようとするお二人に、未来型の銀行について語っていただきました。

100人100通りの働き方を実現するには「自立と議論」が必須。サイボウズ社長 青野慶久氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が考える多様性の時代【前編】

100人100通りの働き方を実現するには「自立と議論」が必須。サイボウズ社長 青野慶久氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授が考える多様性の時代【前編】

勤務場所も労働時間もすべて社員の裁量に任せ、副業も可能。サイボウズは100人100通りの働き方を実現するべく、率先して働き方改革に取り組んでいます。コロナ前よりリモートワークを実施していたことでも知られ、現在の出社率はわずか10数%ほど。しかし、その自由な働き方は責任と表裏一体であることも事実です。サイボウズ株式会社の代表取締役社長を務める青野 慶久氏が考える多様性や自由と責任について、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

Makuake、メルカリ、Sansan。三つの事例から考える、ゲーム・チェンジャーのデジタルシフト戦略。早稲田大学ビジネススクール 内田和成教授×立教大学ビジネススクール 田中道昭教授 後編

Makuake、メルカリ、Sansan。三つの事例から考える、ゲーム・チェンジャーのデジタルシフト戦略。早稲田大学ビジネススクール 内田和成教授×立教大学ビジネススクール 田中道昭教授 後編

デジタルシフト時代の今、業界構造を大きく変革しながらゲーム・チェンジを図る企業および事例は多くあり、業界内のことだけを考えていては、企業は生き残っていけません。近年、多く見られる異業種からの競争戦略を、2009年刊行の『異業種競争戦略』および2015年刊行の著書『ゲーム・チェンジャーの競争戦略』でかねてより紹介・分析してきたのが、早稲田大学ビジネススクール教授であり、かつてはボストンコンサルティンググループの日本代表も務めていらした内田和成氏。今回は、「ゲーム・チェンジャーのデジタルシフト戦略」と題し、2021年現在のビジネス動向を加味しながら、デジタルシフト時代に求められるゲーム・チェンジャーのあり方を、立教大学ビジネススクール 田中道昭教授とともに読み解いていただきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。