Today's PICK UP

別府市がPRA導入へ RPAエンジニアも別府市内部で雇用・育成

大分県別府市はRPAプラットフォーム「UiPath」を利用し、RPAの導入を開始する。
■「RPA」を別府の新産業へ

現在、 日本企業は少子高齢化による労働力人口の減少という問題に直面しており、定型業務の自動化のニーズは年々高まっている。

今までシステム化で対応できなかった単純な定型業務を自動化するテクノロジーが、RPA(Robotics Process Automation)だ。アジアクエストは、2019年5月より大分県別府市の別府市役所にて、RPA導入を開始する。

RPAの単純な導入のみではなく、RPAエンジニアを別府市内部で雇用・育成することも目的としており、別府市でのIT産業振興に貢献する。

大分県内の自治体における先進事例を確立することで、将来的には大分県及び九州の一大RPA拠点へと成長させることを目指す。
■数年後を見据えた導入支援

別府市が2018年から実証に利用してきたRPAプラットフォーム「UiPath」を本格導入し、製品導入プログラムの作成支援を行う。

別府市役所の課にて継続的なプログラム作成を行えるようにするため、プログラム作成研修や説明会を実施する。

将来的にはAIを活用し、システム開発を得意とするアジアクエストのデジタル技術を最大限に活かしてRPAとAI-OCRの連携処理の実施を考えているとのことだ。

「UiPath」はオブジェクト認識で対応できるシステムの多さ・使いやすいインターフェース(ユーザビリティ)から、多くの中央省庁・自治体・公的機関等に利用されている。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。