Today's PICK UP

新型コロナウイルス対策にAIチャットボットの無償提供を開始 カスタマーサポートの方法を変える

AIチャットボットを提供する株式会社空色は4月6日より、AIチャットボット「WhatYa free」(ワチャフリー)の無償提供を開始すると発表した。新型コロナウィルスが猛威を奮うなか利用者と企業のコミュニケーションが分断されるリスク高まっている。空色では各企業のカスタマーサポートを少しでも支援出来るようWhatYa freeを限定100社へ提供開始した。
出典元:プレスリリース

■サービス提供の背景

現在、新型コロナウィルスの影響により店舗で買い物を楽しめない状況が続くことで、各企業はEC強化に注力している。一方で在宅勤務が急速に広がることで、電話・メールを中心とした従来のカスタマーサポート方法が変わろうとしている。そこで、同社では自動でカスタマーサポートが行えるAIチャットボット「WhatYa free」を無償で提供開始した。

■概要AIチャットボット「WhatYa free」(ワチャフリー)

・導入から運用費まですべて0円
「WhatYa free」は高性能のチャットボットでありながら、導入から運用までのコストが一切不要。

・問い合わせ応対効率UP
AIチャットボットは24時間365日、自動で顧客対応をしてくれる便利なツール。チャットは、利用者が問い合わせまでのアクションを起こす心理的ハードルが低いので、一時対応には最適だ。

・最短、翌営業日から導入が可能

※2020年12月31日までの無償サービスとなる。

■導入までのカンタン3ステップ

「WhatYa free」は申し込みから導入まで全てWEBで完結する。

step1  WEBから申し込み
step2 チャットボットの環境発行、対象WEBサイトへタグ設置
step3 チャットボットをセットアップし、サービス開始

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。