Today's PICK UP

厚生労働省が公開した「オンライン診療・電話診療対応医療機関リスト」のオンライン地図版が公開

ジャッグジャパン株式会社は4月26日、厚生労働省が新たに公開した「オンライン診療」対応医療機関リストに掲載されているすべての医療機関(約10,000件)について、機械可読性のある形にデータベース化し、GIS(地理情報システム)上に「全国オンライン診療・電話診療対応医療機関マップ」として掲載し、配信した。誰でも無償で、オンライン地図から最寄りのオンライン診療対応医療機関を探すことができる。
出典元:プレスリリース

■経緯

厚生労働省は2020年4月10日、「新型コロナウイルス感染症の拡大に際しての電話や情報通信機器を用いた診療等の時限的・特例的な取扱いについて(令和2年4月10日事務連絡)」によって、医療機関による電話や情報通信機器といったオンラインでの初診・再診を一時的に解禁している。また、このオンライン診療に対応する医療機関について都道府県を通じて情報の収集にあたり、同年4月24日に全国のオンライン診療対応医療機関リストとして厚生労働省HP内にPDFで公開した。

一方、公開されたPDFは約10,000件の医療機関を都道府県毎にPDF化したものだが、都道府県毎に表のフォーマットが微妙に異なっていたり、記載ルールが統一されていなかったことで、必要な情報が検索しにくい状態だった。同社では、これらの情報の正規化・機械可読化処理を行った上で、住所をもとにGIS(地理情報システム)上に「全国オンライン診療・電話診療対応医療機関マップ」として掲載することで、誰でも住所や位置情報・探している診療科などをもとに、地図を使って簡単に近隣の医療機関を探すことができるようにした。

■機能

同社が公開した「オンライン診療医療機関リスト」では、厚生労働省が公表したPDFをもとに、すべての医療機関をGIS(地理情報システム)上の地図に公開している。PCやスマートフォンでアクセスすることで、近隣の医療機関を検索することができる。

また、初診や再診によるオンライン診療可否や、診療科による条件検索ができるようになっており、例えば「子どもが熱を出したから、オンラインで診察をしてくれる近隣の小児科を探したい」「いつも通っているかかりつけ医がオンライン診療に対応しているかを探したい」といったニーズに応えることが可能になった。オンライン診療に対応する医療機関の電話番号やURLもハイパーリンクで掲載しているため、スマートフォンからアクセスした人はワンタップで直接医療機関に電話をかけたり、ホームページを閲覧することもできる。すべての機能は無料で利用することができる。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。