Today's PICK UP

大画面スクリーンを楽しむことができるARグラスが先行販売 クラウドファンディングも目標達成

香港を拠点にAR/MRデバイスを製造するMAD Gazeが提供するAR/MRスマートグラス「GLOW」は、日本国内向けに先行販売をスタートし、クラウドファンディングの開始後、5分で資金目標を達成した。

■GLOWの特徴

1.USB-Cでスマートフォンなどのデバイスと接続するだけで大スクリーンを味わう
2.SLAMとハンドジェスチャーでまるで映画のような拡張現実体験
3.公開されている開発者向けのSDKでまるでスマートフォンのアプリのように自分の好みにカスタマイズ

■GLOWの使い方・利用シーン

1.移動中や待ち時間に自分だけの大スクリーンでゲームや映画のコンテンツを楽しむ
電車や飛行機での移動中、お昼休みなどの休憩時間に自分だけの大画面で、思う存分好きな映画などのコンテンツを楽しむことができる。
出典元:プレスリリース
2.任天堂スイッチやプレイステーションなどのコンシューマーゲームを大画面で楽しむ
GLOWをアダプタを介して任天堂スイッチなどと接続することで、大画面でコンシューマーゲームを楽しむこともできる。
出典元:プレスリリース
3.続々開発されるAR/MRコンテンツを楽しむ
例えば、GLOWに取り付けられたカメラで空間や文字を認識し自動翻訳したり、現実世界にARで3Dの映像を映し出し、その場にいるグループ全員で3D映像をシェアすることも可能。他にも、何もない空間に卓球台をAR表示し卓球を楽しむ、ということも実現可能だ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。