Today's PICK UP

ECの利用・購入におけるユーザー体験の簡易診断サービスが提供開始 CXの向上を目指す

株式会社プレイドは、株式会社Emotion Techと共に、EC事業者向けのCX(顧客体験)簡易診断サービス「Simple CX Survey for EC」の提供を開始し、8月末までの申し込みに限り無料で提供することと発表した。

■実施背景

2020年5月25日(月)、プレイドとEmotion Techは、CX(顧客体験)向上を軸とした戦略的パートナーシップの締結を発表した。今回の「Simple CX Survey for EC」は、その第一弾となるサービスだ。昨今の新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響により、店頭販売などのオフラインが主体だった小売事業者がEC・通販などのオンライン事業に本格参入する等ビジネス環境に変化が起こるとともに、外出制限により自宅でインターネットショッピングに触れるユーザーが増加するといった消費活動にも大きな変化が生まれている。このような現状を踏まえ、行動様式が変化しはじめている消費者のCX(顧客体験)を正しく計測、理解して課題を見つけ、サイトの改善活動のヒントにしてほしいという想いから、EC事業者向けのサービスとして提供開始することを決定したとのことだ。

■サービス概要

・サービス名
「Simple CX Survey for EC」
・価格
無料(8月末までの利用申込みに限る)
・サービス内容
出典元:プレスリリース
調査設計や集計などの工数なく、簡単に自社サイト上でCX調査が可能
本サービスの利用を希望する企業は、用意されたタグを設置し、簡単な設定を行うだけで、希望のページにアンケートをポップアップ表示することが可能だ。調査の設計やアンケート作成などは一切行う必要がない。

数分で完了する、回答負担が低いアンケート内容
サイトに訪れたユーザーは、数分程度で完了する簡単なアンケートに回答することで、下記レポートを作成するための十分な情報を得ることができる。

自社サービスの強み・弱みを、他社比較をしながら明確に特定するレポート
レポートでは顧客がどの体験を魅力的と感じサービス利用を続けるのか、また一方でどの体験が顧客の不満を募らせてしまっているのかを、明確に特定することが可能だ。また、他社平均データと比較して自社サービスのどこが強みでどこが弱みかも簡単に把握できる。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。