Today's PICK UP

偽造できない「ブロックチェーン卒業証明書」が提供開始へ 卒業生の学歴をオンラインで立証可能に

LasTrust株式会社は、ブロックチェーン証明SaaS「CloudCerts」を活用し、従来の紙の卒業証明書をデジタル化できる「ブロックチェーン卒業証明書」を教育機関へ提供すると発表した。記録の改ざんができないブロックチェーン技術の強みを活かし、卒業生の学歴を正しく担保できる。オンラインで表示でき、採用担当者へのメール送付も可能だという。

■ブロックチェーン卒業証明書の特徴

ブロックチェーン卒業証明書は、従来のような紙の修了証書と異なり、デジタルで発行され、スマホやウェブブラウザ上で管理、閲覧ができる。ブロックチェーンで担保した証明書には以下のメリットがある。
・偽造できない正しい証明書を残せる
・証明書の改ざんを検知する機能がある(無償かつワンタップで利用可)
・紙よりも発行にかかる時間と資源を節約できる
・スマホ管理可。複数の証書を一つのアプリ内に集約し、ポートフォリオとしても利用可
・ウェブ上で表示・閲覧
出典元:プレスリリース

■アナログな証明書の偽造を根本的に解決

従来の紙の証明書は、画像加工ソフト等で簡単に偽造が可能だ。しかし、ブロックチェーン技術の誕生・普及により、「あるデータが正しいことを客観的に立証できる」ようになった。
出典元:プレスリリース

■ブロックチェーン卒業証明書の仕組み

ブロックチェーンは、中央の管理者が不要で、世界中の参加者によって運用されているネットワーク。記録したデータを全ての参加者の台帳に記録することにより、データ改ざんが不可能な仕組みを実現している。このシステムを基盤に、同社では各種証明書を安全にデジタル化できる「CloudCerts」を提供している。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■アナログな証明書の課題点

現在、卒業証明書のみならず、個人の実績を担保する各種証明書は、「紙」や「カード」といったアナログな形態のため、発行者側の管理費用、紛失・再発行の対応、郵送など甚大なコストがかかっている。コストがかかる割に、紙の証明書は常に偽造リスクを抱えており、経歴詐称、訴訟に発展するケースも少なくないという。同社ではこのような社会課題に対し、ブロックチェーンの証明機能を用いたソリューションとしてCloudCertsを提供している。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。