Today's PICK UP

AI英会話アプリでAIがユーザーに合わせた学習計画を組み上げる「カリキュラム」機能がローンチ

appArray株式会社は、AI英会話アプリ「スピークバディ(SpeakBuddy)」 Android版をアップデートし、新機能「カリキュラム」の提供を2020年6月22日より開始したと発表した。
「カリキュラム」は、ユーザーの学習目的や英会話力にあわせてAIが学習目標を設定し、毎日の学習進捗を管理する機能。アプリ利用開始時に行われる「レベルチェックテスト」の結果をもとに、AIが学習内容を設定。カリキュラムに従い学習を進めていくと、学習内容を一括にまとめる「ユニット」の終わりに、復習とテストを受けることができる。

スピークバディは、毎日学習を続けることが英会話上達の鍵であると考えるという。今回追加された「カリキュラム」機能によって、毎日一定量の学習が提示され、ユーザーが学習をより継続しやすくなったとのことだ。
出典元:プレスリリース

■AI英会話アプリ「スピークバディ」とは

音声認識、会話AI、デジタル音声等の技術を活用した英会話レッスンを行うことが出来る「AI英会話アプリ」。従来の人との対話ではなく、感情豊かなAIキャラクターと対話をしながら発音やフレーズ、単語、イディオムなどを学ぶことが出来る新しい英会話学習サービス。「第二言語習得理論」に基づいた学習モードで英会話の習得をサポートするほか、機械学習や自然言語処理、ディープラーニングによって、発音を採点することができる。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。