Today's PICK UP

Zaim、「定額サービスチェッカー」機能を公開 サブスクリプションの課金情報を家計簿から自動算出

株式会社 Zaimは、2020年6月30日、利用者が毎月定額で支払っているサブスクリプションの契約課金情報を、家計簿から自動算出できる「Zaim 定額サービスチェッカー」を公開したと発表した。すべての利用者が無料で利用できる。
出典元:プレスリリース
新型コロナウイルスの感染防止のため自宅で過ごす時間が急増したことを背景に、Amazon プライムやNetflixなどが盛り上がりを見せていることから、「Zaim」 の購買データを分析した。その結果、2020年5月のサブスクリプション契約利用者数が2019年6月対比で264%増に、総利用金額も2.4倍に拡大していることが分かったという。世帯あたりの平均支出額は月額1,116円で年間支出額は約13,392円の見込み。外出自粛の影響もあり動画・教育系サービス利用が増加している。

今後ますます家計簿へのインパクトも大きくなることから、「Zaim」はサブスクリプションサービスの一括把握を家計簿データから自動取得できる新機能を公開した。クレジットカードの決済や銀行引き落としが主となる定期購買を一括管理することで、より効率な家計改善をサポートするとのことだ。
出典元:プレスリリース
サブスクリプションに関するデータ調査トピック
1. 定額サービス利用者数は2019年6月対比で、約1年で利用者数が264%増加
2. 世帯あたりの平均支出額は月額1,116円で年間支出額は約13,392円に上る見込み
3. 自粛の影響か、動画視聴・教育系サービスは2020年1月から6月の伸び率は1.45倍
4. カーシェア・ファッションサービスは2020年1月から6月は35%減と契約見直しも進む

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。