Today's PICK UP

NHK放送技術研究所、VR・ARを活用した空間共有コンテンツ視聴システムを開発 新しいコンテンツ視聴の実現を目指す

NHK放送技術研究所は、将来の新たなメディア技術の一つとして、VR(仮想現実)・AR(拡張現実)技術を活用した視聴スタイルの研究を進めている。今回、遠隔地の人とあたかも同じ空間でコンテンツを視聴しているように感じることができる、空間共有コンテンツ視聴システムを開発したと発表した。
本システムを使うユーザーは、例えば、遠隔地にいる友人が自分の隣に座っているように感じながら、水族館のVR映像を楽しむことができるという。ヘッドマウントディスプレーで視聴している水族館のVR映像に、遠隔地にいる友人の3次元映像を合成することで、あたかも友人と一緒に水族館にいるかのような体験ができる。

遠隔地にいる友人の3次元映像は、距離センサー付きのカメラでリアルタイムに撮影され、通信経由で伝送される。同様に、自分の3次元映像も友人に伝送され、友人が見ている水族館のVR映像に合成表示されるので、互いに、会話や身振り手振りを交えたコミュニケーションを取りながら、同じコンテンツを視聴することができる。さらに、カメラ付きのヘッドマウントディスプレーを使うことで、自分の部屋にAR技術で合成される出演者の3次元映像を、遠隔地にいる友人とコミュニケーションしながら視聴することもできる。

今後、本システムを使って、離れた場所で一緒に同じコンテンツを視聴する場合の提示方式やコミュニケーションを支援する技術などの研究開発を進め、将来の新しい視聴スタイルの実現を目指すとのことだ。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。