Today's PICK UP

「2020年新型コロナウイルスによる教育変化に関する調査アンケート」結果が公開

株式会社イー・ラーニング研究所は、コロナウイルスの感染拡大を受け、オンラインで授業が実施されるなど新しい学校教育が増える中、各家庭の現状意識を調査するために、子どもがいる親を対象に「2020年新型コロナウイルスによる教育変化に関する調査アンケート」を実施し、結果を発表した。
今回、イー・ラーニング研究所では20代~50代の子どものいる親を対象に「2020年新型コロナウイルスによる教育変化に関する調査アンケート」を実施した。

【「2020年新型コロナウイルスによる教育変化に関する調査アンケート」調査概要】
調査方法 : 紙回答
調査地域 : 全国
調査期間 : 2020年8月4日(火)~2020年8月21日(土)
調査対象 : 20代~50代の子どものいる親 男女 計232人
イー・ラーニング研究所調べ

■約8割が新型コロナウイルス拡大後に子どもの教育について考える機会が増えている

「新型コロナウイルス前後で、お子様の教育について考える機会が増えましたか<SA>」という問では、約8割が子どもの教育について考える機会が増えていると回答した。増えた理由として「子どもが家にいる時間が増えたから」(114)が最も多く、続いて「オンライン学習が活発になったから」(102)、「自宅学習が必要だと感じたから」(100)、「学校教育への不安が増えたから」(98)が僅差で並ぶ結果となった。新型コロナウイルスの影響により、多くの家庭で子どもと過ごす時間が増えたため、子どもの教育について考える機会が生まれていることがわかる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■半数以上が新型コロナウイルス発生後にオンライン学習を実施

「新型コロナウイルス発生後、オンライン学習を行いましたか<SA>」という問では、半数以上が「はい」(129)と回答しており、実際に新型コロナウイルス対策としてオンラインでの学習を選ぶ家庭や教育機関が増えていることがわかる。また、「はい」と回答した人を対象とした「実際にオンライン学習を行って、どのようなところに魅力を感じましたか<MA>」という問では、「自宅で学習ができる」(106)が第1位となり、第2位は「時間にとらわれず学習できる」(97)となった。一方で、オンライン学習の不安要素としては「子どものモチベーションを保てるか」(82)が最も多い回答だった。このことからオンライン学習の場所や時間に囚われない点に魅力を感じているものの、いかに子どものモチベーションを維持するか不安視する親が多いことが伺える。今後は自由度の高いオンライン学習でも、子どもの関心を持たせるコンテンツが必要と考えられる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■今後オンライン学習を行いたいと考えているのは95%以上

「今後、オンライン学習を行いたいですか<SA>」という問では、95%以上が「はい」(223)と回答した。新型コロナウイルスの影響によりオンライン学習が大きく注目されており、自宅で実施でき時間にとらわれないという利点から、今後も多くの人が継続していきたいと考えていることが分かる。オンライン学習はニューノーマルの時代において教育上欠かせないものになると推測される。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。