Today's PICK UP

現実世界をデジタル上で再現する「デジタルツイン」の業界カオスマップが公開

Symmetry Dimensions Inc.(以下、シンメトリー)は、近年、急速に市場が拡大している、「デジタルツイン」に関連した技術・サービスを提供する企業を独自にリサーチを行い、「デジタルツイン 業界カオスマップ」を公開した。
デジタルツインとは
物理空間に存在する場所、ヒト、モノ、コトをデジタルデータ化し、サイバー空間上でデジタルツイン(現実世界の双子のデジタルデータ)を構築し、分析、予測を可能にする技術。デジタルツインの市場規模は、38億米ドル(2019年)から358億米ドル(2025年)となり、年間成長率38%と予測されている。(Deloitte Insights Tech Trends 2020より)

■作成背景

IoTデバイスの爆発的な普及、次世代高速通信技術の登場により、あらゆるモノ、コトのデータの収集、活用が可能になったことで、今までは製造業を中心に活用されていたデジタルツイン技術が様々な業界で活用されはじめた。デジタルツインの構築及びプラットフォームの開発を行うシンメトリーは、デジタルツインに関連するサービスを提供する企業を独自でリサーチを行い、デジタルツイン業界カオスマップを公開した。今回作成したカオスマップは業界構造や市場におけるプレイヤーの把握を行うため、サービスとしてデジタルツインのソリューションを提供する「ソリューションプロバイダー」、デジタルツインを構築する上で必要不可欠な場所、ヒト、モノ、コト、をデータ化する「デジタリゼーション」などのカテゴリに分け、分類を行った。
出典元:プレスリリース

人気の記事