Today's PICK UP

現実世界をデジタル上で再現する「デジタルツイン」の業界カオスマップが公開

Symmetry Dimensions Inc.(以下、シンメトリー)は、近年、急速に市場が拡大している、「デジタルツイン」に関連した技術・サービスを提供する企業を独自にリサーチを行い、「デジタルツイン 業界カオスマップ」を公開した。
デジタルツインとは
物理空間に存在する場所、ヒト、モノ、コトをデジタルデータ化し、サイバー空間上でデジタルツイン(現実世界の双子のデジタルデータ)を構築し、分析、予測を可能にする技術。デジタルツインの市場規模は、38億米ドル(2019年)から358億米ドル(2025年)となり、年間成長率38%と予測されている。(Deloitte Insights Tech Trends 2020より)

■作成背景

IoTデバイスの爆発的な普及、次世代高速通信技術の登場により、あらゆるモノ、コトのデータの収集、活用が可能になったことで、今までは製造業を中心に活用されていたデジタルツイン技術が様々な業界で活用されはじめた。デジタルツインの構築及びプラットフォームの開発を行うシンメトリーは、デジタルツインに関連するサービスを提供する企業を独自でリサーチを行い、デジタルツイン業界カオスマップを公開した。今回作成したカオスマップは業界構造や市場におけるプレイヤーの把握を行うため、サービスとしてデジタルツインのソリューションを提供する「ソリューションプロバイダー」、デジタルツインを構築する上で必要不可欠な場所、ヒト、モノ、コト、をデータ化する「デジタリゼーション」などのカテゴリに分け、分類を行った。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。