Today's PICK UP

横浜市内で顔認証による運賃決済を想定した自動運転バスの実証実験を実施へ

ソフトバンク株式会社の子会社であるBOLDLY株式会社は、神奈川中央交通株式会社が横浜市栄区において2021年2月9日から3月5日まで実施する中型自動運転バスの実証実験に参画し、顔認証による運賃決済を想定した仕組みなどを検証すると発表した。

■検証内容

1.顔認証による運賃決済を想定した仕組み
運転手がいない自動運転バスの運賃決済を顔認証で実現することを目指し、日本コンピュータビジョン株式会社が提供する顔認証ソフトウエア開発キットを活用して開発したシステムで、個々の乗客が乗降したバス停を自動で判別する検証を行う。乗車口と降車口付近にそれぞれカメラを設置して、乗降時の乗客の画像を読み込み、位置情報と連携させることで、その乗客の乗車区間を、降車時に降車口付近のモニターに瞬時に表示する。将来的にはこのシステムと決済システムを連携させることで、乗車距離に応じた運賃の決済を顔認証により実現することを目指すという。

2.自動運転車両運行プラットフォーム「Dispatcher(ディスパッチャー)」と座席センサーの連携
今回の実証実験において自動運転バスの遠隔運行管理に活用されるBOLDLYの「Dispatcher」と、トーヨーケム株式会社が座席に設置したセンシングシステム「Fichvita(フィッチヴィータ)」を連携させて、「Dispatcher」で乗客の着座人数をリアルタイムに確認できるようにする。自動運転バスの利用状況をより精緻に把握して、需要の検証に活用する。

人気記事