Today's PICK UP

リモートワークに必要なものとは?快適に仕事を続けるコツも教えます

近年、インターネットやスマートフォンなどを利用してオフィスから離れて仕事をおこなう「リモートワーク」を導入する企業が増えてきました。リモートワークを長く快適に続けられるよう、ここではリモートワークに必要なものをご紹介します。
インターネットやスマートフォンなどの急速な普及によって、職場から離れて仕事を進められる「リモートワーク」を導入する企業が増えてきました。しかし、これからリモートワークを導入する場合、「リモートワークをするためには何を用意すればよいのか?」や「どうすれば快適にリモートワークを続けられるのか?」といった疑問を持つかもしれないので、適切な環境を整えられるようにしておくことが重要です。

そこで今回は、リモートワークの概要を説明するとともに、リモートワークに必要なものを優先度別に紹介します。また、長期的にリモートワークを続けられるよう、リモートワークをうまく続けるためのコツについても説明します。

リモートワークとは?

そもそもリモートワークとは、企業のオフィスに出社せず、自宅など任意の場所で勤務することをいいます。「在宅ワーク」や「テレワーク」とも呼ばれており、時代の変化に対応した新たな働き方として注目されています。

リモートワークを導入すれば、場所を制限されることなく勤務できるようになるだけでなく、勤務時間を柔軟に調整できるため、子育てや介護などの理由で出社が難しい人でもキャリアを継続させることが可能です。企業にとっては、交通費や時間外勤務の削減、時間の有効活用による生産性の向上といったメリットが生じるため、今後もリモートワークを導入する企業は増えていくでしょう。

リモートワークに必要なものを知っておこう


最低限必要なもの
・インターネット環境
・パソコン
・デスク
・チェア
・セキュリティツール

あれば便利なもの
・ヘッドセット
・WEBカメラ
・クッション

スムーズにリモートワークを導入するためには、リモートワークに必要なものを事前に準備しておくことが大切です。

リモートワークに必要なものは、「最低限必要なもの」と「あれば便利なもの」に分けることができます。業種や働き方などによって必要なものは変わりますが、一般的に用意しておいたほうがよいものを知っておくことで、リモートワークに取り組みやすくなるでしょう。 

リモートワークに最低限必要なもの

リモートワークに最低限必要なものは以下の5つです。

・インターネット環境
・パソコン
・デスク
・チェア
・セキュリティツール

これらを用意しておけば、スムーズにリモートワークを始められるようになるでしょう。以下では、リモートワークに最低限必要なものを掘り下げて説明します。

インターネット環境

リモートワークをする際の前提条件として、働く場所にインターネット環境が整備されているかどうかが挙げられます。職種によってはオンライン会議などでビデオ通話をおこなわなければならないケースもあるため、なるべく安定したインターネット環境を用意することが重要です。

そんなインターネット環境にも、「有線LAN」と「無線LAN」があるため、「どちらを選べばよいか分からない」と悩んでしまう人もいるかもれません。以下では、有線LANと無線LANの特徴について詳しく説明します。

・有線LAN
有線LANは、インターネット接続を提供している会社から提供されたモデムを、LANケーブルをつかってパソコンと接続する方法です。ケーブルでインターネットに接続することによって、安定的なインターネット通信が可能になるだけでなく、設定の簡単さやセキュリティ面の安全性も高まります。

一方、有線LANはLANケーブルの届く範囲でしか作業できないのが難点です。デスクトップパソコンを使用するなど、インターネット通信を利用する場所が限られているのであれば有線LANがおすすめですが、自宅の中でもリビングや書斎など場所を移動して仕事をするのであれば、無線LANを選んだほうが良いかもしれません。

・無線LAN
無線LANは、モデムとパソコンを、LANケーブルを使用せず無線で接続する方法です。ケーブルが不要なので、パソコン周りがスッキリするだけでなく、部屋の中を自由に移動しながら仕事を進められるのがメリットです。また、パソコン以外にもインターネット接続する機器を持っている場合、無線LANがあれば一度に複数の機器でインターネットを利用することもできます。

しかし無線LANは、居住環境や無線LANの機器によっては接続状態が悪くなったり、接続設定をうまくおこなえずスムーズにインターネットを利用できなくなるというデメリットが生じる場合があるので注意が必要です。無線通信をすることからセキュリティ面でのリスクも高まるため、しっかりとした対策が求められます。

パソコン

仕事をスムーズに進めるためになくてはならないパソコンですが、最近はスマートフォンやタブレットなどの端末が普及したことによって、自宅にパソコンを持っていない人も増えているようです。業種によってはパソコンを用意しなければならず、自分自身で購入したり会社から借用しなければならないケースもあります。

自宅にパソコンがあっても、職場にあるパソコンよりも性能が劣ることで、効率的に仕事を進められなくなる危険性があります。自宅にあるパソコンで仕事をする場合は、パソコンのスペックもあわせて確認しておきましょう。また、セキュリティ面での安全性を確認するために、OSや利用しているセキュリティソフトを確認しておくことも大切です。

デスク

自宅でパソコンをつかって仕事をする場合、作業環境が確保できるデスクを用意する必要があります。リビングにあるテーブルで作業できるという人もいるかもしれませんが、整った作業環境でなければ効率的に仕事を進められなくなるかもしれません。

デスクにも複数の種類があるため、職種や仕事の進め方などに応じて、適切なデスクは選べるようにしておくことが大切です。以下では、デスクの種類ごとの特徴について詳しく説明します。

・スタンダードデスク
スタンダードデスクワークは、デスクの中でよく選ばれている種類のタイプです。パソコンを利用することを想定して設計されたものが多いので、スムーズにリモートワークを始められるでしょう。大きさもコンパクトなものが一般的なので、普段使いのデスクにもピッタリです。

また、デスク周囲の空きスペースにデスクワゴンやラックを設置すれば、収納スペースを拡張することも可能です。オフィスから資料をたくさん持ち帰ったとしても、うまく管理しながら効率的に仕事を進められるでしょう。

・ロースタイルデスク
ロースタイルデスクは、その名の通り高さを低く抑えているのが特徴のデスクです。主に和室で作業をする人や、椅子に座って作業をするのが苦手な人に向いています。部屋に設置しても圧迫感を感じにくいサイズになっていることから、開放感のある部屋づくりが可能です。

しかし、ロースタイルデスクは座った姿勢でしか作業を進められないのが難点です。長時間仕事をしていると姿勢が崩れてしまったり、場合によっては肩こりや腰痛などのトラブルが起きる危険性があるので注意が必要です。座椅子のように背もたれのある椅子を一緒に用意しておくと快適にリモートワークを進められるでしょう。

・L字型デスク
「作業スペースをなるべく広く確保したい」という人は、L字型デスクがおすすめです。リモートワークを進める際に必要な物品を手に取りやすい場所に配置できるため、作業効率を上げやすくなります。

また、L字型デスクには、サイズをコンパクトに抑えたタイプがあるのも魅力です。部屋の大きさにあわせて適切なL字型デスクを設置できるので、多くの人が自宅に快適なワークスペースを確保できるでしょう。

・昇降型デスク
座った状態の姿勢で長時間集中力を維持するのは大変です。また、同じ姿勢が続くことで腰痛などの症状を引き起こしかねないので、適宜姿勢を変えることは大切になります。

昇降型デスクを利用すれば、座り仕事と立ち仕事を交互に切り替えることが可能です。姿勢を変えながら仕事をすれば、気分をリフレッシュしつつ生産性が高い仕事を続けられるようになるとでしょう。

また、昇降型デスクには、ハンドルやレバーを利用して手動で昇降させるタイプや、ガス圧や電動で昇降させるタイプなどがあります。電動タイプの昇降型デスクには、デスクの高さを保存できるものもあるため、ワンタッチでリモートワークに適した高さに切り替えることも可能です。

・チェア
床に座って長時間作業するのは大変なので、適切なチェアを用意しておくことも大切です。チェアにも、座面の固さや高さ調節機能の有無、背もたれの角度などに違いがあるため、なるべく快適に仕事を進められるチェアを選ぶ必要があります。

ただし、オフィスチェアを購入しようとすると、それなりの費用がかかってしまう場合があるので注意しておかなければなりません。ゲーミングチェアなど、長時間がゲームプレイに対応したチェアであれば、比較的コストパフォーマンスが良いといわれているので、導入する際は検討してみましょう。

・セキュリティツール
インターネット上で個人情報を取り扱ったり、企業の大切な情報をほかの従業員とインターネットを通じてやりとりするのであれば、セキュリティ管理も重要になります。Windows10のように、購入した時点でセキュリティソフトである「Windows Defender」が搭載されているものもありますが、設けたいセキュリティ機能によっては追加でセキュリティソフトを購入する必要があるかもしれません。

ウイルスの種類が少ないといわれているMacOSであっても、最近はシェア数が増えてきているため、今後はウイルスが増えていくことが予想されます。不測の事態に備えてセキュリティツールを導入しておくのが望ましいでしょう。

リモートワークであると便利なもの

リモートワークをするうえで、最低限必要なものがそろっていれば滞りなく業務を進めることができるでしょう。しかし、リモートワークであると便利なものを用意しておくと、より快適に仕事を続けられるようになると考えられます。

以下では、リモートワークであると便利なものを紹介します。

ヘッドセット

企業によっては、SNSやチャットツールなどを利用して情報伝達するところもあるでしょう。しかし、細かいニュアンスを伝えたり、資料を共有しながら打ち合わせを進めるのであれば、オンライン会議のほうが適している場合もあります。

ヘッドセットがあれば、オンライン会議中にプロジェクトの情報共有や指示伝達などをスムーズにおこなえるようになります。情報伝達ミスや円滑な会議の進行を妨げないためにも、1つは用意しておきたいところです。特に、コールセンター業務など、顧客対応をする場合は性能の優れたヘッドセットを用意しておくとよいでしょう。

WEBカメラ

オンライン会議をおこなう場合、ヘッドセットとともにWEBカメラを用意しておく必要があります。パソコンにカメラが搭載されたものもありますが、映したくない部分が入ってしまったり、角度調整が難しいといったデメリットが生じてしまいます。

外付けのWEBカメラであれば、高品質な映像を好みのアングルで発信できるので、安心してウェブ会議に集中できるでしょう。

クッション

長時間同じ姿勢でいることが多くなりやすいリモートワークですが、姿勢や体型、チェアの形状に応じたクッションを用意することで、体にかかる負担を抑えることが可能です。

クッションには、通気性の良いものや低反発のもの、形状を柔軟に変更できるものや滑り止めが設けられたものなど、さまざまな種類があります。オンラインで購入することもできますが、適切なクッションを用意するためにも使用感を把握してから購入できる実店舗で選ぶのがおすすめです。

リモートワークをうまく続けるためのコツとは?

リモートワークを始めると、オフィスで働いていたときとは違った環境で仕事をするので、人によってはうまく続けられないことがあるかもしれません。リモートワークをうまく続けるためには、以下の4つのコツを意識しておくことが大切です。

・目に見える成果が出るよう心がける
・良好なコミュニケーションを意識する
・情報の取り扱いに気をつける
・仕事にメリハリをつける

これらを意識してリモートワークに取り組めば、職場から離れた環境であってもうまく仕事を続けられるようになるでしょう。以下では、リモートワークをうまく続けるためのコツを詳しく説明します。

目に見える成果が出るよう心がける

リモートワークをうまく続けるためには、目に見える形で成果を提出できるようにすることが大切です。具体的には、販売件数や問い合わせへの対応件数、クライアントへの成果物の納品数や期限が守れているかといったことが挙げられます。

リモートワークは、勤務時間や休日の概念が薄くなりやすいのが特徴です。そのため、長時間働いたからといって必ずしも評価されるわけではないことも知っておきましょう。

良好なコミュニケーションを意識する

リモートワークの性質上、オフィスで働いていたときとは違った形でコミュニケーションをとることが求められます。情報の行き違いが生じないように、なるべく綿密かつ具体的なコミュニケーションを心がけることが大切です。

業務の開始時間や終了時間の連絡、質問に対する具体的な返答、プロジェクトへの主体的な提案やトラブル発生時の報告などをしっかりおこなえば、うまくリモートワークを進められるようになるでしょう。

情報の取り扱いに気をつける

リモートワークをおこなう場所は、自宅だけとは限りません。人によっては、コワーキングスペースやカフェなどで仕事をする人もいるでしょう。

オープンな場所でオンライン会議をおこなったり、オープンネットワークで機密情報をやり取りすると、大切な情報が漏洩してしまう危険性が高まるので注意が必要です。書類の置き忘れや盗難などにも気をつけましょう。

仕事にメリハリをつける

オフィスから離れた場所で仕事をするとなると、自分自身で仕事に対するモチベーションをコントロールしなければならなくなります。

人によっては集中力が持続せず、うまく成果を出せない人も出てくるでしょう。一度に取り掛かる業務時間を決めておいて定期的に休息を挟むなど、あらかじめスケジュールを組んでおくといった対策を取れば、リモートワークを続けやすくなるかもしれません。

まとめ

ここでは、リモートワークの概要を説明するとともに、リモートワークを始める際に必ず用意しておきたいもの、あれば便利なものを紹介しました。

リモートワークの必需品はなるべく早く用意する必要がありますが、そのほかのものは、仕事を進めていく中で必要に応じて集めていくのがおすすめです。ここで説明した内容を参考にして、成果の出るリモートワークを長く続けられるようにしておきましょう。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。