Today's PICK UP

スポーツテックとは何か?ユースケースや市場規模をご紹介!

IT技術の高まりともにスポーツ分野にもテクノロジーが進化する過程で導入されようとする動きが広がってきました。今後もスポーツテックの市場規模が日本、世界で拡大しようとする中、スポーツテックとはどんなものでしょうか?また、なぜ注目されているのかを解説します。
5Gによる超高速通信や、AIを活用したビッグデータ解析、XRのような仮想現実技術など、ICT(情報通信技術)が、さまざまな分野で導入されています。その波はスポーツ界にも及んでおり、スポーツ(sports)とテクノロジー(technology)を融合させることから、スポーツテック(Sports-Tech)と呼ばれています。そんなスポーツテックの特徴やユースケースをご紹介します。

スポーツテックとは何か?

スポーツテックとはスポーツ(sports)とテクノロジー(technology)を組み合わせた造語です。情報通信技術を代表とするテクノロジーが、スポーツの観戦はもちろん、トレーニングや競技の運営、ギアの進化など、さまざまな分野に及んでいます。こうしたスポーツとテクノロジーの融合は、迫力のある試合観戦や競技レベルの向上に貢献するだけではなく、スポーツ産業全体の発展につながっています。

スポーツテックの3つの要素

スポーツテックを語る上で、以下の3つの要素が欠かせません。それが「支える」「観る」そして「する」です。まず「支える」とは、スポーツテックが競技を行うアスリートのパフォーマンスを向上させるために寄与していることです。トレーニングが科学的な見地に基づいたものになり、より効果的な方法が考案されています。また、アスリートが最高のパフォーマンスを発揮できるような用具やギア、グッズの開発にもスポーツテックが関与しています。こうしたスポーツを支えるためにテクノロジーが活用されているわけです。

また、「観る」とはテクノロジーの力によって、スポーツ観戦の醍醐味である迫力がより観客に伝わるようになっています。テレビやラジオ、インターネットなどを通じた観戦に臨場感が加わり、さらにスタジアムでの観戦も、これまでにはない体験へと進化しています。こうした変化は新たなファンの獲得にもつながります。

そして、「する」はプロやアマチュアを問わず、スポーツを体験する人がより楽しむことができる環境を提供することです。効率的でパフォーマンスがあがるトレーニング法の発見や、新たなギアやグッズの開発など、参加へのハードルを下げる取り組みもあります。

スポーツテックが利用されているユースケース

では、スポーツテックがどのような形で導入されているでしょうか? 具体的な事例をご紹介します。

eスポーツ

eスポーツは、従来のスポーツの概念を大きく変えるものです。スポーツは一般的に走ったり、飛んだり、そして泳いだりと、肉体を駆使しながら、その記録を競いあうものでした。一方で、スポーツのなかには、車やバイクなど人間の肉体以外の要素が勝敗に大きく影響するようなモータースポーツや、射撃やアーチェリーといった集中力や戦略性など身体能力とは異なるベクトルで争うあう競技もあります。eスポーツも同様です。一見すると、コンピュータゲームであるeスポーツは競技に身体性は感じられません。しかし、eスポーツに求められる瞬発力や判断力、戦略性は十分にスポーツ的です。そのためeスポーツはアジア大会の公開競技として実施されたように、ひとつのスポーツ競技として認知されつつあります。

こうしたeスポーツの進化に、テクノロジーの貢献が不可欠です。公平な競技環境を整えるためには、処理能力の向上などハードウェアの進化や通信環境の高速化が求められます。またVRとの親和性も高く、迫力ある試合観戦も近い将来、可能になります。

ウェアラブルトレーニングサービス

一流のアスリートのトレーニングでは、運動量や健康状態を常時監視しながら行うことが欠かせません。効果を測定したり、選手のパフォーマンスレベルを正確に把握するためです。こうした測定にはさまざまな機器が使用されてきましたが、現代ではより詳細なデータを収集するため、ウェアラブル端末を取り付けながら、トレーニングを行うことが一般的になっています。脳や心肺機能、筋肉の活動データを収集、分析することによって、スポーツの競技レベルも向上しています。

ライブストリーミングプラットフォーム

スポーツ観戦の醍醐味は、筋書きのないドラマ性にあります。勝敗やプレーの行方が予測しづらく、観客は一喜一憂することで、スポーツにのめり込みます。したがって、スポーツはライブで観戦することが重要です。テレビのスポーツ中継は以前からありますが、多種多様なスポーツがあり、そのすべてを網羅することはできません。そこで発展してきたのが、ライブストリーミングプラットフォームです。高速なインターネット環境を駆使して、テレビ中継のないエリアでも、スポーツが観戦できる環境を整えることによって、新たなファンの獲得など、スポーツ市場の拡大に寄与します。

スポーツテックの市場規模

スポーツテックの市場規模は2019年の段階では310億円ほどでしたが、2022年には1062億円、2025年には1547億円まで急拡大するという予測があります。このような急拡大の背景には、スポーツ視聴のための動画配信サービスが広まっていることと、IoTを利用したスポーツ用品やサービスが登場していることが挙げられます。

スポーツテック関連動画配信サービス

5Gの商用サービスが世界各国で開始されはじめたことによって、スポーツテック関連の動画配信サービスのマーケットも活性化しています。5Gの通信速度は4Gの約20倍で、遅延も4Gの10分の1程度だと言われています。また、同時に接続できる端末も10倍になるため、リアルタイムのストリーミング配信との親和性が高いスポーツ観戦では、需要を喚起すると期待が寄せられています。野村総合研究所によるレポートでは、スポーツテック関連動画配信サービスの市場規模は、2019年に276億円を記録し、2022年には651億円、2025年には863億円に達すると予測されています。

IoTを利用したスポーツ用品サービス

スポーツテックにおいて、今後さらに市場が拡大するとみられるのが、IoTを利用したスポーツ用品サービスです。これはランニングの走行時間や距離を測定できる腕時計やスマートウォッチのほか、野球やテニスなどのトレーニングで活用されるスイングスピードを測定するセンサー、VR映像を活用したトレーニンググッズなどを想定しており、2019年の34億円という市場規模から、2022年に411億円、2025年には685億円に急拡大すると見られています。

東京のスポーツテックの動き

続いては東京におけるスポーツテックの代表的な取り組みをご紹介します。ひとつは、電通が主催し、スクラムベンチャーズ社がパートナーとして運営に参加する「SPORTS TECH TOKYO」です。これはスポーツ×テクノロジーに取り組む企業やスポーツクラブ、スポーツビジネス関連組織、メディアなどを掘り起こすことを目的にしたプロジェクトで、200を超える個人や団体が参画しています。

株式会社ventus

株式会社ventusは東大発のベンチャーで、プロスポーツチームやアスリートを支援する「電子トレカ®︎」を提供しています。whooop!という名称でサービスが行われており、スポーツチームやアスリートはオンライン上でトレーディングカードを発行します。それをファンが購入することによって、資金を調達する試みです。ファンはトレーディングカードを購入することによって、応援するチームや個人を支援することができるだけではなく、特典を受けることもできるというものです。

株式会社ookami

株式会社ookamiはスポーツエンターテインメントアプリの「Player!」を開発するスタートアップ企業です。「Player!」の特徴はスポーツをライブで観戦するユーザー同士が集まり、応援する様子を可視化するSNS機能にあります。ファンが応援するチームに投げ銭やギフティングという形で資金を援助することもできます。その際の手数料をパーセンテージで得るのではなく、月額の定額料という形で設定している点からスポーツチームに優しいと評価を受けています。

株式会社Link Sports

株式会社Link Sportsはアマチュアスポーツチームの管理ツール「TeamHub」を提供しています。草野球やサッカーなど、チームを作り、趣味としてスポーツに興じている人もいるでしょう。日々の練習や試合などでは、出欠確認や、用具の準備など、メンバー同士のコミュニケーションが欠かせません。これを円滑に進めるためのツールが「TeamHub」です。「TeamHub」では、コミュニケーション機能に加え、スコアを入力することで、チームやメンバーの成績を可視化することができる点も特徴的です。

スポーツテックが注目される理由

なぜいまスポーツテックに注目が集まっているのでしょうか? その理由を考えます。

IT技術

ひとつはIT技術の進歩によって波及する効果への期待感が高まり、ITへの投資が増えている現状が挙げられます。ビジネスモデルの変革が起こると予想する声も多く、こうしたポジティブなイメージがスポーツテックへの関心にも貢献しています。

スポンサー市場規模

日本ではあまり認知されていませんが、スポンサー市場の拡大が挙げられます。サッカーのプレミアリーグとJリーグのスポンサー収益を比較しても、2013年から2016年にかけて67%増加しているプレミアリーグに対して、日本のJリーグは26%の伸びに止まっています。また、世界におけるスポンサーシップ市場の拡大は顕著で、10年間で2.8兆円も拡大しています。

テクノロジーの進化はスポーツ分野にも及ぶ

5Gによる超高速通信に代表されるITテクノロジーの発展は、さまざまな分野での効率化、付加価値の創出に貢献しています。スポーツ分野も例外ではなく、スポーツテックという名称で知られるようになってきました。スポーツ大会の多くが開催中止や、観客数を減らしての運営を強いられるなか、動画のストリーミングサービスのように投資が伸びているジャンルもあります。日本でもスポーツテックに取り組むスタートアップが増えており、今後もビジネスの進展に注目が集まっています。

人気記事

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

デジタルシフトが加速するなか、大きな変革を求められている保険業界。そんななか「リスク」に備えるだけではなく、リスクを「減らす」健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を提供するなど、デジタルの力でいち早く事業変革を実践しているのが住友生命保険相互会社です。今回はそんな同社が8月24日に銀座にオープンさせたばかりの「住友生命『Vitality』プラザ 銀座Flagship店」を舞台に実施された、同社の社長高田幸徳氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授の対談の模様をレポート。前編では、高田社長自ら銀座Flagship店をご案内いただきながら、銀座の一等地に「保険を売らない」保険ショップをオープンさせた狙いや、Vitalityによって住友生命が実現したいビジョンについてお話を伺いました。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

2020年7月にオプトホールディングから社名を変更したデジタルホールディングス。従来のインターネット広告代理事業に代わり、企業のデジタルシフトを支援する事業を中核に据え、日本社会の挑戦の先陣を切り、社会のデジタルシフトを牽引する存在となっていくことを掲げています。 デジタルマーケティングの先進国アメリカでは個人情報を保護する法整備が進み、Web上でのクッキーの使用に大きな制限がかけられた結果、ウォルマートのような膨大な顧客データを持つ企業が自らメディア化する流れが生まれています。そんな中、日本の広告産業はどう変化していくのか。また企業のデジタルシフト事業を中核に据えたデジタルホールディングスはどう変化していて、変革の先にどんな未来を見据えているのか。元株式会社オプトの代表取締役社長CEOにして、現在は株式会社デジタルホールディングス 取締役 グループCOOを務める金澤大輔氏をゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

2020年7月、日本企業および日本社会におけるデジタルシフトの重要性と緊急性をいち早く捉え、社名変更によって「まずは自らが変わる」という大きな決断と意思を示したデジタルホールディングス。コロナ禍によりDXという言葉が世の中に浸透し、各企業がこぞって取り組みを進める中、彼らは企業単体のDXだけではなく、産業変革=IX(Industrial Transformation)を起こしていくという新たな構想を打ち出している。IXとは何を意味するのか。IXによって社会はどのように変わっていくのか。本来の意味でのDXが日本で進んでいない要因とIXへの想いについて、グループCEO野内 敦氏にお話を伺いました。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、デジタル化が遅れていると言われ続けていた日本でも「デジタルシフト」「DX」という言葉を聞かない日はありません。しかし、その重要度や緊急度に対して、正しく認識できていない企業・経営者はまだ多いというのが現状です。 アメリカのコンサルティングファーム「イノサイト」によると、S&P500を構成する企業の平均寿命は年々低下してきており、2027年にはわずか12年になると予想されています。自動車に保険、ヘルスケアから不動産まで、GAFAをはじめとする巨大テック企業の影響を受けない業界は、今や皆無と言っても過言ではありません。あらゆる業種・業界が飲み込まれる「デジタル産業革命」待ったなしの現在、具体的にどのような手順、心構えでデジタルシフトに臨むべきなのか? 事業ドメインをデジタルシフト事業へと変更し、多くの産業・企業のDXを支援している株式会社デジタルホールディングス 代表取締役会長の鉢嶺 登氏は、「中途半端にDXに着手する企業は大抵失敗する」と語ります。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。