マーケティング

【ソニーネットワークコミュニケーションズ×Priv Tech対談】個人情報保護法改正およびCookie規制に対し、今、企業がすべき対応策とは

大手ソニーグループに属し、ISP事業などを手がけるソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社(以下、ソニーネットワークコミュニケーションズ)。2022年の4月に施行される個人情報保護法の改正やApple・Googleが進めているCookie規制にともない、いち早くプライバシー管理の対応に着手しています。

今回は、ソニーネットワークコミュニケーションズの森氏、宮原氏に加え、コンサルティングを務めた、プライバシーテックサービスを提供するPriv Tech株式会社(以下、Priv Tech)の代表取締役 中道氏、角田氏にご参加いただき、「個人情報保護法改正およびCookie規制による企業のプライバシー管理」について、株式会社デジタルアイデンティティの花田がお話を伺います。

お客様のプライバシーに対する意識の高まりがプライバシー対応強化のきっかけ

花田:まず初めに、自己紹介からお願いいたします。

中道:弊社Priv Techは2020年の3月に設立した株式会社ベクトル(以下、ベクトル)と株式会社インティメート・マージャー(以下、IM)によるジョイントベンチャーです。資本比率としてはベクトルが85.1%、IMが14.9%です。事業領域は来年の4月に施行される個人情報保護法改正、Appleや Googleが今まさに進めている3rd Party Cookie規制に対応するご支援ですね。

●    プライバシーに配慮したデータ活用
●    DMP・CDP導入などを中心としたデジタルマーケティング
●    法律順守のためのツールプロダクト・コンサルティングサービス

上記のようなサービスを提供しています。

宮原:私たちはソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社のISP事業部で、20年以上ISP (インターネットサービスプロバイダー)の「So-net」を運営しております。私たちのチームでは、事業部のデジタルマーケティング推進を行っています。

森:同じくISP事業部のマーケティング部の部長をやっています。

花田:プライバシー管理に関する情報は刻々と変化していますが、Priv Tech様のコンサルティングを受ける前はどのような課題を感じていましたか?

森:もともとCookieレスの時代が来ることや、個人情報の規制が進むことは気になっていました。So-netはソニーグループのISPで会員数も300万人ほどいて、これからお客様に対してプライバシー対策の準備が大事になる危機感がありました。

今回コンサルティングを受けたきっかけは、法律など外部的な要素もありますが、何よりも大きかったのはお客様の意識の変化です。法改正やCookie規制に対するお客様の意識が高まってきており、課題が顕在化した時点で対応するのでは遅いと考えていました。So-netではいろいろなデータ・個人情報を扱っていますし、AppleやGoogleの動きも大きかったです。

花田:Trust 360(Priv Techの同意管理プラットフォーム)はCookieに関する対応策ですが、So-net様ではプライバシー対策のほうが優先度は高かったのでしょうか?

森:お客様とCookie対応のどちらも優先度は高いです。ダイレクトマーケティングでは広告のボリュームが大きく、さらにお客様の意識も高まっていますからね。

Priv Techに依頼した決め手は「攻め」と「守り」のバランス

花田:Priv Tech様にコンサルティングの依頼をした理由を教えていただけますか?

森:宮原の問題提起がきっかけで、いくつかの詳しい事業者に話を聞くことになりました。Priv Tech様と話を進めていくなかで「素早くプライバシー規制に対応すべき」と感じ、コンサル依頼をすることになりました。

花田:ありがとうございます。Priv Tech様に依頼された経緯を教えていただけますか?

森:危機感を持ち始めたタイミングと同時期に、ベクトルの長谷川社長にPriv Tech様をご紹介いただいたことがきっかけです。実際にお話を聞かせていただいて、非常に優秀なブレーンの方々だと感じました。法令に対応してお客様のデータを守らないといけない。さらに、現時点で許されているデータをお客様のためになるように使いながらマーケティング活動をして、効果的な施策を打っていくことも必要でした。Priv Tech様とならこうしたバランスを取りながら進めることが可能、と判断したのが決め手の一つです。

お客様の個人情報を守る・規約を変えるのは「守り」。Cookieに頼らないユーザーへのアプローチが「攻め」になります。我々はリスクヘッジばかりしたいわけではないんです。お客様を増やすことも必要ですし、でも守りもしないといけない。

Priv Tech様は事業自体を理解されていて、いわゆる机上の空論を述べるようなコンサルティングではありませんでした。法律を守るのは当たり前で、さらに攻めもしないといけない。攻めと守りの必要性を理解していたので、リアルな相談ができました。

花田:なるほど。中道様はソフトバンクのご出身でデータの活用やマーケティングをされていましたよね。そうした「攻め」と現在携わっている領域の「守り」、両方を兼ね備えた経歴があるからこそ、今回の話にマッチしたのかもしれませんね。

Priv Tech様はCMP(個人データ利用の同意管理プラットフォーム)の提供が中心だったと伺いましたが、コンサルティングサービスを始めた経緯を教えていただけますか?

角田:もともと弊社はCMPのベンダーなので、主力商品「Trust 360(トラスト360)」の提案がメインでした。個人情報保護法に関しては今でこそガイドラインが出ましたが、当時は「何をレギュレーションにしてどう対応すればいいのか?」と相談されることがよくありました。その対応策としてCMPのご提案に加え、本格的なコンサルティングを始めました。

中道:最近はコンサルティングのお問い合わせが多くなっています。「個人情報保護法が変わるにあたってどうしたらいいのか分からない」といったように、もっと手前からの相談が増えているんです。So-net様の場合も同じように、手前から整理する流れになりました。

プロジェクトにかかった期間は3ヵ月弱。大企業ならではの課題も

花田:So-net様ほどの規模でプロジェクトを進めるとなると、法務、情報システム部門などを動かす必要があると思います。大企業ならではの課題はありましたか?

宮原:よい面としては、蓄積されたノウハウがありますし、運用ルールが決まっているなどガバナンスがしっかりしています。世の中の好例や成功例などを把握しているため、お客様の情報を守るためにどうすべきか方針が明らかになっている点です。

ただ今回は国内向けの法律が変わるのに合わせて、ガバナンスと事業でのデータ活用とのバランスをとる必要があるので、落としどころを決めるのには苦労しました。そこがPriv Tech様のコンサルティングに期待した部分でもあります。

花田:プロジェクトは合計でどのくらいの期間がかかりましたか?

角田:期間はトータルで3ヵ月弱かかりました。勉強会が1ヵ月くらい、コンサルティングが3ヵ月くらいです。

花田:なるほど。プロジェクトを進めるにあたり、Priv Tech様とSo-net様はどのようなやり取りをされたんでしょうか?

角田:流れは以下の通りです。

・勉強会の開催
当時は、森様や宮原様のようにプライバシー管理に対する感度が高い方がいらっしゃるものの、すべての部門でナレッジがそろっていたわけではありませんでした。そこでソニーネットワークコミュニケーションズの社内で、基本となる知識ベースを底上げするために勉強会を開催しました。

・各部門の現状把握
そのあとは営業部門や宮原様たち以外のマーケティング部門、セキュリティ事務局に現状の対応をヒアリングしました。

・Webサイトのスキャン
各部門へのヒアリングと同時に、Webサイト側のタグやCookieのスキャンをしました。So-netさんが運営されている大きなサイトも含めて、全5サイトが対象です。

・対応方針の整理
最終的に得た情報をすべて整理し、2022年の個人情報保護法改正で業務に影響する箇所を精査し、必要な対策のご提案をさせていただきました。

花田:ありがとうございます。具体的にどのような内容をヒアリングされたんですか?

角田:プラットフォーマー側の規制と、個人情報保護法改正がどう影響するかの二つを確認しました。Cookieに関しては「アプリを使っているか、アプリで何をしているか」をスキャンして、気になる部分をヒアリングした次第です。個人情報保護法の改正では改定ポイントがいくつかあるので、影響しそうな箇所を抽出してユーザーからの開示請求に対するスキームなどを質問させてもらいました。

花田:Cookie規制によって配信ができなくなる、ターゲティングができなくなる話がありますが、代替のソリューションもご提案されたのでしょうか?

角田:代替案の一つとしてコンテキストターゲティングがあることは提案し、他のサービスとの違いもご説明しました。ただ、どのサービスにするか決める段階には至っていません。次のステップは、それぞれのサービスとSo-net様がおこなっている施策がフィットするかを見ることですね。

単純な「広告の法律」ではない。お客様が納得した上で情報を提供してもらうサイクルにシフトしていく

宮原:勉強会では、あまり広告の代替手法にフォーカスせず話してもらうようにアレンジしました。当時はクッキーレスの情報があまり出揃っていなかったという点や、技術や手法よりも先にデータ利活用に関してマインドチェンジをする必要があると考えたからです。例えば1st Partyデータにあたるメールアドレスをキーにするような手法は、技術的な問題の他に、お客様から提供いただくデータの活用方法の問題として考えなくてはいけません。「適法なのか?適法であっても、お客様にどう許諾を得てデータを使うべきか?」など検討するのは、ガイドラインが出ていない段階では難しいという点もありました。

勉強会の内容を、社内のメンバーには単純に「広告の法律」と捉えてほしくなかったのです。そのあたりのバランスはかなり気を使って相談させていただきました。お客様には、きちんと理解してご納得いただいた上で情報を提供してもらう必要があります。よいサービスを受ける代わりとして、情報を使わせていただくサイクルにシフトしていかないといけないのだということを伝えていただくようにしました。そのため、総じて3rd Party Cookieの代替に関しては補足事項として扱い、中心には置かないようにしていただきました。

早い段階で社内の共通認識となるベースを確立。120%の成果を実感

花田:コンサルティングの結果、これまでの課題をどう解決できたのか教えていただけますか?

宮原:一番よかったのは、個人情報保護法の改正および、Cookieレスの世界に向けた準備に対する理解が深まり、早い段階で社内の共通認識ができたことです。また現状把握を行い、幸い現時点では、大きな問題はないことを改めて確認することができて安心しました。次はガイドラインができ次第、残っている課題に対して適宜対応する段階です。全体としてうまくできたなと思っています。

花田:そうなんですね。共通認識をつくる意味では、勉強会の効果が大きかったのでしょうか?

宮原:そうですね。ISP事業部の課長など、現場で中心となって動くメンバーに対して、勉強会で最初に知識をインプットできたのはよかったです。勉強会の開催は思ったとおりの効果が出ました。法令対応が各部署の今期のミッションに盛り込まれており、改めて勉強会の内容が思った以上に浸透させられたことを実感しています。

角田:So-net様の案件では事前にほとんどのメンバーが勉強会に参加されたので、ヒアリングも進めやすかったですね。他の会社さんでは「個人情報保護法ってなんですか?」と聞かれたこともあり、そもそもの前提からお話ししないといけないこともありました。

中道:この手の話はマーケティング・情報システム・法務など、領域が多岐に渡ります。マーケティング部門主導だと厳しい場合もあるのですが、今回は課長以上の方にご参加いただけたので、スムーズにヒアリングできたのかと思います。他社さんだと、部門をまたいで共通理解をつくるのは苦戦するところでもあります。

花田:ありがとうございます。今回So-net様がPriv Tech様のコンサルティングを受けて、これがあればさらに役に立つと思うことがあれば教えてください。

宮原:今回はある程度範囲を絞ったので、もちろんやっていないこともあります。ただお願いした課題に対しては、120%の成果を出してもらいました。引き続き課題となるのは、詳細を詰めていくときに橋渡しとなる役割の必要性です。

Priv Tech様には、一緒に事業を進めていくパートナーとしてセキュリティ部門など他部署との架け橋になってもらいました。プロジェクトを進めるなかで、そういった部署とは普段使う言葉や観点が違うこともありました。今後もそうした部分の架け橋をうまくご対応いただけると嬉しいなと感じています。

これからはお客様が「提供する情報」を選ぶ時代。企業はパートナーを見つけて、プライバシー管理に早々に着手するべき

花田:Priv Tech様のコンサルティングを受けて、So-net様はプライバシー管理の対策にいち早く着手されました。他の企業にとっても早めの対応は重要でしょうか?

宮原:規制がかかり、データが使えなくなるのはある意味ピンチです。ただ、事業活動やマーケティングを見直す機会でもあります。消費者のプライバシーが保護されるのは基本的にはいい話なので、このような機会に早めに着手し、Priv Tech様のようなパートナーに入っていただいて組織横断で改めて考える機会になったのは良かったと、今振り返っても改めてそう思います。

花田:貴重なご意見ありがとうございます。今後、プライバシー管理に対して企業はどうあるべきでしょうか?

森:個人情報保護法改正によってプライバシー管理関連の対応に追われる方々も今までの方法がうまくいかないことが分かるのではないでしょうか。つまり、ピンチをチャンスに変えないといけないんですよね。So-netの営業のメンバーも肌感覚で意識し始めていますが、これからは本当によいと思ったものをお客様が選択する時代がきます。

今までの運用広告のようにただバナーを出すのではなく、若いメンバー自身が考えていくなど、新しい時代に備えた積み重ねを早く始めるべきかと。
遅ければ遅いほど、本当にピンチになってしまうと思います。早めにやることによってチャンスに変わるんです。そうした意味も踏まえて、今回のコンサルティングでは若手から役員まで皆を巻き込んで早めに着手できたのはよかったですね。

花田:ありがとうございます。今回のコンサルティングはSo-net様にとってプライバシー管理について考えるきっかけとなり、新たな取り組みに賛同してもらえる環境づくりができたのではないでしょうか。

これからプライバシー管理対策に着手される企業にも、早めの行動を心がけることの大切さが伝わったと思います。So-net様、Priv Tech様、今日はお集まりいただきありがとうございました。
森 静子
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
ISP事業部 マーケティング部 部長
宮原 千彰
ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社
ISP事業部 マーケティング部 データマネジメント課
メンバー
中道 大輔
Priv Tech株式会社
代表取締役
角田 翔
Priv Tech株式会社
ゼネラルマネージャー
花田 直人
株式会社デジタルアイデンティティ
※所属およびインタビュー内容は、取材当時(2021年5月18日時点)のものとなります。
※本記事は2021年7月29日に一部内容を更新しました。

人気記事

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

住友生命が「保険を売らない」フラッグシップ店を銀座の超一等地に出店した理由。住友生命社長 高田幸徳氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授対談

デジタルシフトが加速するなか、大きな変革を求められている保険業界。そんななか「リスク」に備えるだけではなく、リスクを「減らす」健康増進型保険“住友生命「Vitality」”を提供するなど、デジタルの力でいち早く事業変革を実践しているのが住友生命保険相互会社です。今回はそんな同社が8月24日に銀座にオープンさせたばかりの「住友生命『Vitality』プラザ 銀座Flagship店」を舞台に実施された、同社の社長高田幸徳氏と立教大学ビジネススクール田中道昭教授の対談の模様をレポート。前編では、高田社長自ら銀座Flagship店をご案内いただきながら、銀座の一等地に「保険を売らない」保険ショップをオープンさせた狙いや、Vitalityによって住友生命が実現したいビジョンについてお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

大手ゲーム会社も注目!今後のNFT市場をゲームが牽引する理由。

今年に入り、突如として注目度の高まった「NFT(非代替性トークン)」というキーワード。アート業界のバズワードとして認識している人も多いかもしれません。ところが実は、NFTはゲーム業界の未来、IP(知財)コンテンツの未来を考える上でも欠かせないキーワードであることをご存知でしょうか。そこで今回お話を伺ったのが、世界No.1を記録したNFTを活用しているブロックチェーンゲーム『My Crypto Heroes』(現在の運営はMCH社)を開発したdouble jump.tokyo株式会社の代表取締役 上野 広伸氏です。この新たなテクノロジーは、ゲームの世界にどのような変化をもたらすのでしょうか。そのポテンシャルに迫ります。

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

デジタルシフトカンパニーへの変遷、中核企業だったオプト3分割の真の狙いとは。デジタルホールディングス 取締役 グループCOO 金澤大輔氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る

2020年7月にオプトホールディングから社名を変更したデジタルホールディングス。従来のインターネット広告代理事業に代わり、企業のデジタルシフトを支援する事業を中核に据え、日本社会の挑戦の先陣を切り、社会のデジタルシフトを牽引する存在となっていくことを掲げています。 デジタルマーケティングの先進国アメリカでは個人情報を保護する法整備が進み、Web上でのクッキーの使用に大きな制限がかけられた結果、ウォルマートのような膨大な顧客データを持つ企業が自らメディア化する流れが生まれています。そんな中、日本の広告産業はどう変化していくのか。また企業のデジタルシフト事業を中核に据えたデジタルホールディングスはどう変化していて、変革の先にどんな未来を見据えているのか。元株式会社オプトの代表取締役社長CEOにして、現在は株式会社デジタルホールディングス 取締役 グループCOOを務める金澤大輔氏をゲストに迎え、立教大学ビジネススクール田中道昭教授がお話を伺います。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

【保存版】全企業の経営者・DX推進者に贈る、デジタルシフトを成功に導く10箇条

新型コロナウイルスの感染拡大の影響もあり、デジタル化が遅れていると言われ続けていた日本でも「デジタルシフト」「DX」という言葉を聞かない日はありません。しかし、その重要度や緊急度に対して、正しく認識できていない企業・経営者はまだ多いというのが現状です。 アメリカのコンサルティングファーム「イノサイト」によると、S&P500を構成する企業の平均寿命は年々低下してきており、2027年にはわずか12年になると予想されています。自動車に保険、ヘルスケアから不動産まで、GAFAをはじめとする巨大テック企業の影響を受けない業界は、今や皆無と言っても過言ではありません。あらゆる業種・業界が飲み込まれる「デジタル産業革命」待ったなしの現在、具体的にどのような手順、心構えでデジタルシフトに臨むべきなのか? 事業ドメインをデジタルシフト事業へと変更し、多くの産業・企業のDXを支援している株式会社デジタルホールディングス 代表取締役会長の鉢嶺 登氏は、「中途半端にDXに着手する企業は大抵失敗する」と語ります。

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

デジタルシフトの先駆者が語るIX(Industrial Transformation)。DX全盛の今、産業変革に挑むべき理由とは?

2020年7月、日本企業および日本社会におけるデジタルシフトの重要性と緊急性をいち早く捉え、社名変更によって「まずは自らが変わる」という大きな決断と意思を示したデジタルホールディングス。コロナ禍によりDXという言葉が世の中に浸透し、各企業がこぞって取り組みを進める中、彼らは企業単体のDXだけではなく、産業変革=IX(Industrial Transformation)を起こしていくという新たな構想を打ち出している。IXとは何を意味するのか。IXによって社会はどのように変わっていくのか。本来の意味でのDXが日本で進んでいない要因とIXへの想いについて、グループCEO野内 敦氏にお話を伺いました。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。