AI活用

AI音声認識アプリ「CLOVA Note」が好調発進。LINEはAIの活用で、どのような世界を築こうとしているのか

重要な会議での議事録作成、流れるままに進んでいく講義。いずれもメモやノートを取るのに必死で、内容が頭に残っていない。こうした不毛な時間を過ごした経験はありませんか? LINE株式会社が今年5月にローンチした「CLOVA Note(クローバ・ノート)」は、「会話を目で見る」ことができる、と謳う無料のAI音声認識アプリ。これまで実時間以上の時間をかけて書き起こしてきた作業をAIに任せることができるのなら、私たちは本質を追求したクリエイティブなことに、もっと時間を割けるようになるはずです。

これまでも人と人とのコミュニケーションを真正面に置いた事業を展開してきたLINE。新しいコミュニケーションの形を目指し続けるその先に、どのような世界を描いているのか? 同社AIカンパニーCEOを務める砂金 信一郎氏、Speechチーム マネージャーの木田 祐介氏にお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- 「CLOVA Note」は、あらかじめ正解を示さなくても、自分で学習してくれるAIを利用した、最先端のEnd-to-End音声認識を採用。

- 「人の仕事を奪うのではなく、面倒な作業から解放するためのAIプロダクト」と砂金氏は話す。

- LINEは、『ドラえもん』のように人に寄り添う「ひとにやさしいAI」を標榜。

- 日本語と向き合い、紡いだ技術を、アジアへ、世界へ。

最先端、かつ注目度の高いAI技術を駆使したプロダクト

――AIによる音声認識アプリ「CLOVA Note」が好評です。開発の背景を聞かせてください。

砂金:LINEは“コミュニケーション屋さん”です。人と人の会話をよりスムーズにすることを得意としています。音声認識、音声合成はその最たるもので、スマートスピーカーに初めてこの技術を用いて以来、ノウハウを蓄積しながら、「コミュニケーションをより楽にする」という使命感のもと、音声認識技術の向上を進めてきました。

ちなみに、この音声認識技術は昔からあるものです。例えば、カーナビです。ただ、昔の技術には実用性がなく、目的地を告げても全然認識してくれませんでしたよね。機械相手に「違うって言ってるだろ!」って本気で怒鳴ってしまう人もいるくらい(笑)。変な認識をして人間をイラつかせるみたいな、そういう不幸な歴史がありましたが、ここを起点にCLOVA Noteに搭載されているような技術に至るまでには何段階か変革がありました。

まずは、ディープラーニングの進化です。これによって音声認識の性能が飛躍的に上がり、2017年に発表したスマートスピーカー『CLOVA WAVE(クローバ・ウェーブ)』につながりました。その後、直近では、AIによる自動画像生成サービス『Midjourney(ミッドジャーニー)』や文章生成ツール『GPT-3』といったように、ディープラーニングの活用が進んでいます。

我々もこれらの技術に取り組んできましたが、一つひとつの小さなモデルをたくさんつくるよりも大きなモデルをつくるほうが全体の開発ロスが少ないと考え、当社がNEST(ネスト)と呼ぶ、大規模モデルを構築しました。これは、スマートスピーカーが認識できる以上の長い文章を書き起こしできるだけでなく、一言一句を正しく読み解くことを得意としています。この技術を活かせる領域を考えたとき、「会話を書き起こす」という、ものすごく時間のかかる面倒な作業に活用しようということで、CLOVA Noteの開発に至りました。

――CLOVA Noteの特徴を教えてください。

木田:End-to-End音声認識を採用している点が、大きなポイントです。これは音声から直接、文字列を生成できるニューラルネットワーク(※1)と呼ばれるもので、その中でもCLOVA NoteではSelf-Supervised Learning(自己教師あり学習)という学習法を利用しています。従来、AIを学習させるには、「この人は、このように発音したよ」という正解テキストを、人間がたくさん用意して示す必要があります。その喋った内容と正解のテキストをペアにしてモデル学習させるのですが、これはお金もかかりますし、すごく大変です。一方、Self-Supervised Learningは、音声さえあれば、正解テキストがなくても自分で学習してくれます。

どのように学習するのかというと、喋った内容と正解テキストのペアを使った学習の準備段階として、AIに穴埋め問題を解かせるんです。例えば「我が輩は猫である」という音声のうち、「猫」の部分が穴埋めになっているとします。ここを「猫」と答えさせるには、その穴埋めの場所だけでなく、「である」や「我が輩」を隠すなど何パターンも学習させるのですが、そのうちAIが「この文脈だと、ここは『猫』だな」と当てられるようになります。音声が「猫」なのか、「2個」なのか微妙な場合も、AIは文脈的に「猫」が入るだろうと理解しています。こうした画期的な新しい技術をCLOVA Noteにいち早く取り入れています。

※1 ニューラルネットワーク:脳内の神経細胞(ニューロン)のネットワーク構造を模した数学モデル

砂金:音声認識の精度が高いことは、それはそれで誇らしいのですが、ユーザーさんの叶えたいことは、「精度の高い音声認識を使いたい」というよりも、「喋ったことを見える化したい」だと思っています。CLOVA Noteは、ここをUIで解決しようとしています。例えば、「LINEにログインするだけで使える」「LINEのキャラクターで話者分離されて表示されるので、誰が何を言ったのか分かる」「会話がスクロールで流れて読みやすい」といった機能も特徴として挙げられます。そのほうが出力結果がCSVファイルで表示されるより、活用しやすいのではないでしょうか。要点を探しやすくする検索機能や、ブックマーク機能もこだわりです。

人には、よりクリエイティブな仕事を。他のAI技術をかけあわせた機能の搭載へ

――類似アプリも多くあります。今後、どのような付加価値で勝負されていくのでしょうか?

砂金:入社したての社員の方は、「ミーティングに出て議事録をまとめてください」という指示をよく受けると思いますが、「いつ、あの人は、こういう発言をした」みたいなトークログを提出するようでは怒られてしまいます。つまり、人間が時系列で話した会話をまとめても議事録とはいえません。我々の目指す議事録ツールとしての完成系は、ミーティングで議論した要点や決定事項が時系列でしっかりと読み解けるようにすること。「いつ、あの人は、こういう発言をした」というのをすべて厳密に覚えていなくても特徴的なフレーズを自動で文字化し、キーワード検索ができるようにする。その状態を目指すのが、第一歩です。

その次のチャレンジが、会話の流れから要点を拾い出し、議事録として生成できる状態を目指すこと。これが実現すれば、“議事録起こし屋さん”がいらなくなります。これはAIが人の仕事を奪うとかではなく、人を「すごく面倒だな」と思いながら行っている作業から解放し、もっとクリエイティブな仕事ができるようにするためのものです。議事録を取ることに集中するよりも会議で発言したほうが、時間の使い方としては、よっぽど有意義です。我々はそういう方向に発展させていきたいですね。

木田:砂金の話すとおり、このあとは音声認識の精度というよりも、要約機能や翻訳機能の搭載だったり、ホワイトボードの情報をAI-OCR(※2)でデータ化したり、他のAI技術との組み合わせを考えています。ここはNLP(Natural Language Processing:自然言語処理)チームや画像処理チームが持つAI技術と一体となって、どういう価値を提供していくのかを考えていくことになると思います。

※2 AI-OCR:OCR(Optical Character Reader)に AI技術を組み合わせることで、機械学習による文字認識率の向上や特定項目の自動抽出による効率化を可能とする技術のこと

砂金:ほかに類似アプリがいくつもあるということは、ユーザーさんの困りごとが解決していないという事実ともいえます。その課題を解決できる能力を我々は持っているのに、やらないのは不義理なことです。市場で競争していくというよりも、より多くの方に我々の技術を身近に感じてほしいという想いのほうが強いです。例えば、学生さんのあいだで、「講義メモを取るなら、CLOVA Noteが便利らしいよ」という口コミが広まるような。我々としては、このような、ちょっとした日常的な困りごとのお助けになれたらと思っています。

――ユーザーの使い方で、印象に残っている例はありますか?

木田:テーブルトークRPGというテーブルゲームのジャンルがあるのですが、ここでの会話をCLOVA Noteで録音して書き起こしている方がいらっしゃったり、介護業界の方がお使いになっていたりと、我々の想像を超えていろいろな使い方をしていただいています。

――介護業界の方はどのようにお使いなのでしょうか?

砂金:これは推測ですが、おそらく個人メモとして使われているのではないでしょうか。フリック入力するよりも喋るほうが早いですし、おおよそ間違いがなければ、少しの編集だけで共有できますから。「今日の業務はこんな感じでした」と話すだけで活字化できるようになったことで、これまでスマホの操作を苦手としていた方が臆することなく使えるようになったのなら、それはITを身近に感じていただける環境を提供できているということですから、我々としてはとてもうれしいです。

「あらゆる人の生活や仕事に寄り添う身近なAIになる」という想い

――「ひとにやさしいAI」を掲げて事業を進めていらっしゃいます。これには、どのような想いが込められていますか?

砂金:CLOVA Noteは、想いが結晶化して、いい感じの姿形になったAIアプリの一つですが、以前、流れたニュースの影響なのか、「AIやロボットは人の仕事を奪う存在」「世の中がさらに無機的になってしまう」みたいなことを想像される方も多いんですよね。とはいえ、我々の価値観で身近なAIを想像すると、例えば『ドラえもん』が浮かぶわけです。『ドラえもん』は侵略してきません。それどころか、人間にそっと寄り添い、助けてくれる。そこには命令ではなく、コミュニケーションが介在していて、AIだけれども身近に接することができます。我々もそういったAI技術の応用先をどんどんつくっていこうよ、という想いを「ひとにやさしいAI」という言葉で表しています。

コンシューマー向けのアプリをつくってきたLINEとして、AIの事業においても特定の人だけが便利になったり、生産性が上がったりするのではなく、あらゆる人の仕事や生活の仕方、デバイスやAIとの距離や感じ方に変化を及ぼせる活動がしたいですし、そういうプロダクトを提供し続けたいと考えています。

――効率化を目指してAIを使うことが当然の世の中になりましたが、効率化以外の活用法として提案できることはありますか?

砂金:画像も音声も、これまでは認識する側でAIを使っていましたが、ここ3年のあいだに生成や合成の領域もすさまじい勢いで進化しています。いま、私はこの部屋に1時間いて自分の言葉で喋っていますが、今後は、“3Dアバターの私”が、リアル風な声でそれっぽいことを喋る、みたいな技術が出てくると思います。ヒューマノイドロボットやアバターが勝手に会話をするような世界はもう少し先になるとは思いますが、その要素技術である音声合成を滑らかにしたり、「この人、次にこういうことを言いそうだよね」というのを当てにいったりするような、新しい技術はどんどん出てきています。これまで人間にしかできなかったクリエイティブな作業の一部を補完するために使えるようになれば、皆さんの仕事がちょっとは楽になるのではないでしょうか。意外とその進化は早いかもしれません。

木田:とはいえ、生成技術がどんどん進んでいくと、“なりすましAI”なんかもつくりやすくなってしまうんですよね。ディープフェイクや嘘動画が常に話題になっていますが、こうした悪用されるケースにどう立ち向かうのかは、今後の課題になると思います。

音声認識技術を足掛かりに、グローバルビッグテックに比肩する会社を目指す

――最後に、これからの意気込みと抱負をお願いします。

木田:CLOVA Noteは、おかげさまでよいアプリとして、ユーザーの皆さんに受け入れていただけました。これからもっと多くのユーザーさんを助けられるように精度技術を高めていきたいです。同時に、End-to-End音声認識が不得意とする部分――例えば、リアルタイムでの文字起こし、個別のお客さんに向けた特有単語への対応といったことを補完できるカスタマイズ技術の開発も進めていきたいです。開発全体では先述のとおり、音声認識だけではなく、他の技術との融合が要になると思うので、開発メンバーの一員としてしっかり取り組んでいきたいです。

砂金:日本語は他言語と比べて複雑で面倒なことも多く、学習が大変です。しかし、だからこそチャレンジする必然性があると考えています。どんなに面倒でも、日本語と向き合わなければいけないという状況から紡ぎ出したAIの技術を日本人だけが享受するのではなく、この先は東アジア全域に広げていきたいです。そうして、これまでよりも便利な生活や仕事スタイルへと変わっていくお手伝いができたらいいなと思っています。そんな世界を目指して、まずは音声認識の領域であらゆる人に便利と言ってもらえるサービスをつくり上げる。その上で、ゆくゆくはどこか特定の分野で、グローバルビックテックと呼ばれる大企業よりも、LINEのこの仕組みがすごいと言ってもらいたい。そうなれるようNo.1にこだわっていきたいですね。
砂金 信一郎
LINE株式会社 執行役員 AI事業担当 AIカンパニー カンパニーCEO

東工大卒業後日本オラクル、ローランド・ベルガー、 マイクロソフトでのエバンジェリスト経験等を経て2016年にLINE株式会社に入社。2020年2月にAIカンパニーCEO、AI事業統括を担当する執行役員に就任。また、2019年度より政府CIO補佐官、2021年9月よりデジタル庁 プロジェクトマネージャーを兼任。
木田 祐介
LINE株式会社 Speechチーム マネージャー

京都大学にて修士課程修了後、東芝、ヤフーを経て2020年にLINE株式会社に入社。学生時から一貫して音声認識・音声信号処理技術の研究開発に従事。国立情報学研究所客員研究員。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

AIによりヒットソングの特徴をふまえたオリジナル楽曲を作成するサービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」。AIによる作曲サービスが盛り上がりを見せつつある昨今、音楽プロデューサーとしてYUKIや中島美嘉、Aimerなどのアーティストを手がけてきた玉井健二氏が開発に携わっていることで、大きな話題を呼んでいます。 FIMMIGRMの利用方法は、大量に自動生成された曲から好みの曲をジャンルごとに選択するGENRES(ジャンル)、ワンクリックでAIが曲を生成する ONE-CLICK GENERATE(トラック生成)、ユーザーの自作曲をもとにAIが曲を生成するGENERATE(トラック生成)、AIが生成した曲にプロの編曲家が手を加えるPRO-ARRANGED(プロアレンジ)の4パターン。AIにより専門知識不要で誰もが作曲できるようになる未来が間近に迫った今、音楽業界はどのように変化するのか? 株式会社TMIKと音楽クリエイター集団agehaspringsの代表を務める玉井健二氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。