AIの記事一覧

CES2020現地レポート① 立教大学ビジネススクール田中道昭教授解説 2020のキーワードは「プライバシーテック」

CES2020現地レポート① 立教大学ビジネススクール田中道昭教授解説 2020のキーワードは「プライバシーテック」

いよいよCES2020がスタートする。米ラスベガスで開催される世界最大級の家電・技術見本市CES(Consumer Electronics Show)は、あらゆる業界の最先端が集まり、テクノロジー、経済、そして人類文化の未来を占う場となっているが、今年の見どころはなんだろうか? 開催に先立ち、現地を訪れている立教大学ビジネススクール教授の田中道昭氏にインタビューした。

「AI・人口知能」とは?最先端の活用事例から技術を学ぶ

「AI・人口知能」とは?最先端の活用事例から技術を学ぶ

AIや人工知能と聞いて何を思い浮かべるでしょうか。言葉は聞いたことがあるけれど、AIの意味はよく分からない、どんなものを人工知能と呼ぶのか知らないという人も多いのではないでしょうか。便利な人工知能ですが、高度になりすぎることで、人間の仕事が近い将来奪われるのではないかという意見も。 この記事では、AIとは何か、すでに活用されている例なども紹介していきます。

AI・テクノロジー

中小企業のグローバル進出を支援する 深圳のITベンチャーを牽引するTechtemple×オプトグループの歩み<後編>

中小企業のグローバル進出を支援する 深圳のITベンチャーを牽引するTechtemple×オプトグループの歩み<後編>

今や「デジタル大国」として知られている中国。その急速なデジタルシフトを支えているのが、IT機器の工場が集積し、今や中国のシリコンバレーとも呼ばれている「深圳」だ。無人コンビニ、自動運転バスなど、新しいサービスの社会実装が著しいこの街に、オプトは2014年から中国ビジネスの拠点を置いている。

グローバル

日中ベンチャー企業の架け橋へ 深圳のITベンチャーを牽引するTechtemple(テックテンプル)×オプトグループの歩み<前編>

日中ベンチャー企業の架け橋へ 深圳のITベンチャーを牽引するTechtemple(テックテンプル)×オプトグループの歩み<前編>

今や「デジタル大国」として知られている中国。その急速なデジタルシフトを支えているのが、IT関連の企業が集積し、今や中国のシリコンバレーとも呼ばれている「深圳」だ。無人コンビニ、自動運転バスなど、新しいサービスの社会実装も著しく、日本からの注目も高まるこの街に、オプトグループは2014年から中国ビジネスの拠点を置いている。

グローバル

大分トリニータがAIカメラの導入をスタジアムで実証実験 利便性の向上とデータの活用で「IoTスタジアム」を目指す

大分トリニータがAIカメラの導入をスタジアムで実証実験 利便性の向上とデータの活用で「IoTスタジアム」を目指す

IoT、AI等のデジタル技術を活用して企業のデジタルトランスフォーメーションを支援するアジアクエスト株式会社は、プロサッカークラブ『大分トリニータ』を運営する株式会社大分フットボールクラブと提携し、IoTスタジアム計画の第二弾としてAIカメラをつかった実証実験を行う。

WATCH

AIで請求書を「自動変換」するクラウドサービスがリリース 経理部門の「働き方改革」の推進を目指す

AIで請求書を「自動変換」するクラウドサービスがリリース 経理部門の「働き方改革」の推進を目指す

保険販売事業、ソリューション事業、システム事業を手掛ける株式会社アイリックコーポレーションの100%子会社である株式会社インフォディオは、AI-OCRソリューション: 「スマートOCR」の請求書パッケージ :「スマートOCR請求書」を8月7日(水)にリリースした。

WATCH

介護施設で「AIカメラ」の導入の実証実験、開始へ AIの分析で利用者のニーズを分析し介護サービスの向上を目指す

介護施設で「AIカメラ」の導入の実証実験、開始へ AIの分析で利用者のニーズを分析し介護サービスの向上を目指す

介護、医療事務、保育サービスを提供する株式会社ソラストとAI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーである株式会社オプティムは、ソラストが運営する一部のデイサービス施設に、オプティムが提供する「OPTiM AI Camera」を設置し、従業員のオペレーションをAIで可視化してニーズを分析する検証を9月より開始する。両社は2020年度中にこの検証を活用し、「OPTiM AI Camera」による転倒の事前検知やセンサーによる施設内の環境管理など、利用者一人ひとりに寄り添った魅力ある介護運営を目指す。

WATCH

36 件