【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- Monoxerは問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ。以前から学習系アプリは数多く存在したが、「記憶の定着」に特化したものはなかった。

- これまで学習の記憶は生徒個人に委ねられてきたが、Monoxerにより無駄なく効率的な記憶が可能となる。忘却を防ぐための反復練習機能も搭載。

- 人々の記憶の水準が上がれば、答えが一つのテストはなくなり、ディスカッションや創作活動が主体の教育に変わる可能性も。

- 今後は学習だけではなく、営業スキルをはじめ、さまざまな社会人スキルもMonoxerの対象に。

どのアプリも解決できなかった「記憶の定着」に主眼を置いたプロダクト開発

――「記憶の定着」を目的にしたアプリをつくろうと思ったきっかけを教えてください。

もともと30歳くらいのタイミングで教育事業での起業を考えていました。何をつくろうかと考えていたとき、ちょうど英単語の勉強をしていて本屋にヒントを探しに行ったんです。本屋には「TOEICで○○点取る方法」といった本がたくさん並んでいましたが、「TOEICで高得点を取ったら何が変わるのか?」という疑問があったし、そもそも自分がTOEICで何点を取りたいのかもよく分かりませんでした。

当時、私はリクルートに在籍していて海外出張もあったので、もっと実用的なテキスト、例えば「ノンネイティブ同士の会話に役立つ300語」みたいなものがあればいいなと思ったわけです。海外駐在経験のある先輩だったらそういった単語のリストを持っていると考えて、そのシェアリングサービスを構想しました。そこで、現モノグサCTOの畔柳に相談したところ、すでに同様のサービスはたくさん存在していると。英単語アプリも当時からたくさんありましたが、どれも根本的な問題が解決できてないから類似サービスが乱立しているのではないか、と畔柳は考えていました。その問題とは「覚えるのが難しい」ということです。そこから二人三脚でMonoxerの開発が始まりました。

――Monoxerではどのように記憶の定着を図っているのでしょうか?

Monoxerの基本コンセプトは「解いて覚える」ことです。記憶するためには読んで覚える、書いて覚えるなどいろいろな方法がありますが、2011年の研究で「読むよりも書くよりも、解いて覚えるほうが記憶が長期化する」という説が提唱されました。学校では覚えた後にテストをしますが、Monoxerでは常に問題を解き続けていくことで記憶の定着を図ります。

しかし、方法や答えを覚える前からテストをするわけですから、当然ヒントが必要です。Monoxerはその人の記憶度合いに合わせてヒントの量が調整されます。ギリギリ解けそうなレベルの問題とヒントが出されるので、常に思い出す作業を継続することができるわけです。ヒントの量はAIが調整してくれるので、効率的に記憶を定着させることが可能です。

――現在、Monoxerはどのような教育機関で導入されているのでしょうか?

小学校、中学校、高校、学習塾の割合が多く、次いで専門学校、大学、社会人教育などに全国47都道府県で導入されています。3歳半の子どもから、頭の体操として高齢者の方にまで使っていただけます。海外ではミャンマーやマレーシアでも導入が進んでいます。

――Monoxerを学校に導入するにあたって苦労した点はありますか? また、市場を開拓するために有効な戦略はあるのでしょうか?

私立学校は、その学校単位で意思決定ができるので、校長先生と他の先生が全員使いたいといったら導入は問題なく可能です。意思決定の点で大変なのは公立の小中学校です。公立ですと基本的には自治体ごとに意思決定を行い、そこには税金が使用されるので議会を通す必要が出てきます。そういった苦労はありますが、大切なのは生徒の成績を上げることです。学校でも塾でも同じですが、Monoxerは一定期間のトライアルをしていただいて、本当に成績が上がるかどうか検証してから採用いただくケースが多いです。これが最も堅実な方法ですね。

生徒に投げっぱなしだった記憶の方法をシステマチックにすることで、長期記憶として定着化

――実際に利用する先生や生徒からはどのような反響がありましたか?

まず先生からは「生徒が本当に覚えたかどうか分かるようになった」という声を多くいただきます。記憶についてはこれまで生徒に任せっぱなしにしていたけれど、Monoxerによって生徒の記憶の定着度が把握できるようになったと。生徒からは「今まで覚え方も教わらず闇雲に記憶していたものが、Monoxerで覚え方を指定されることで勉強の効率が上がった」「テスト前の負担も少なくなった」という声をいただいています。

――やはり記憶もシステマチックな方法だと定着も早いわけですね。

例えば、皆さんが夜ご飯を楽しく食べたときって、24時間経ってもそのことをしっかりと覚えていますよね。それが英単語1,000個覚えるとなると途端に苦しくなる。単に24時間の間、夜ご飯を記憶することは苦しくないのですが、1,000個同時に英単語を記憶するとなると、それが非常に難しい。その原因はおそらく記憶すること自体ではなく管理の部分にあると思うんです。どんな方法で覚えるのか、いつ覚えるのか、といった点を機械に任せられたらもっと楽に覚えられるだろうと考えました。

英単語を覚えるために、表に英単語を書いて、裏に日本語訳を書いたリングカードを使った経験のある人は多いかと思います。この方法はノーヒントなので、分からなければ答えを見るしかないんですね。それだとあまり記憶は定着しません。自分でヒントをつくるとなると、それはそれでかなりの手間になる。Monoxerであればその人のレベルに合ったヒントをAIが出してくれるので、思い出す作業を通じて記憶がより定着されるわけです。リングカードをつくる手間、ヒントをつくる手間を自動化して、さらに反復練習の期間までも自動で設定してくれる。これがMonoxerの強みです。

「当たり前の水準」が上がれば、答えが一つだけの問題は淘汰される

――Monoxerが普及することで、日本の教育業界はどのように変わるとお考えですか?

今はまだまだ「何かを記憶すること=才能」と思われている節があります。私はよく「身長」に似ていると話していますが、身長は親から遺伝するといわれているので、背の高い両親であれば子どもも自然と背が高くなる傾向にあります。そして、18歳くらいまでは背が伸びるけれど、その後は与えられた身長で生きていく。記憶もこれと同じく、多くの人は才能だと思っているんですね。なので、生まれつき遺伝的に覚えるのが得意な人と不得意な人がいる。前者は頭がよくて、後者はそうではないと認識され、その能力でできることをして人生を過ごすしかないと思われてしまっているように感じています。

しかし我々は、日常生活を不自由なく過ごせている人であれば、記憶力は相当に高いと思っています。本当に記憶力がなければ靴の履き方なんて、一回履いたとしても次には忘れてしまうでしょう。家から小学校までの道を記憶して毎日普通に通えるなんて、すごい記憶量なんですね。なので、こういった日常生活を過ごせているのであれば、今求められている程度の記憶量は誰もが覚えられるようになると考えています。

江戸時代では、武家の子どもはひらがなを書けて、農村部にはひらがなを書けない子どもが普通にいました。今の時代、小学校6年生でひらがなが書けるかどうかで成績をつけることはありませんよね。それは、江戸時代に比べて教育の水準が上がっているからです。我々は人々の記憶できる量を増やして、当たり前の水準を上げていきたいと考えています。

――「当たり前の水準」が上がった先はどうなるのでしょうか?

今のテストの多くは記憶できたかどうかだけをチェックしているケースが非常に多いと思っていますが、そういったテストは次第になくなっていくでしょう。覚えて当たり前の水準が上がるので、それ以外の要素が注目されるようになると考えています。答えが一つしかない問題はすべて暗記の対象であり、特にテストをする必要はありません。Monoxerで誰もが記憶できることですから。大事なのは答えが一つと決まっていない問題です。ディスカッションであったり、創作活動であったり、そういった方向に時間を使うようになると思います。

営業のスキルも記憶化することで、成績を上げられる時代に

――今後の短期的な展望と長期的な展望を教えてください。

英語や社会は暗記科目と思われている傾向がありますが、我々は数学も記憶対象として扱っていきます。数学の領域において「記憶できない対象がない」という状態をつくっていく予定です。さらに、五教科の領域ではあらゆる科目で必ず成績が上げられるようなサービスに成長させていきます。
 
また、社会人に必要なスキルの記憶化も検討しています。例えば、営業のスキルも記憶との相関があると聞くと、多くの人は違和感を覚えるかと思います。それよりもトークスキルや相手の身になって考える視点などが重要だと感じるかもしれませんが、我々は記憶が重要だと考えています。学校の五教科以外にもスキルや才能だと思われているものが数多くありますが、それらも記憶できる形式を生み出して「Monoxerを使うことで営業成績を上げられる」という当たり前を確立したいです。

その先はグローバル展開ですね。日本のように塾や学校で活用いただくケースもあるでしょうし、社会人学習で活用いただくケースもあるでしょう。それぞれの国に合わせた戦略で展開していきます。
竹内 孝太朗
モノグサ株式会社 代表取締役 CEO

名古屋大学経済学部卒。2010年に株式会社リクルートに入社。2013年から「スタディサプリ」にて高校向けサービスの立ち上げに従事。全国の高校1,000校を行脚し、学習到達度測定テスト、オンラインコーチングサービスの開発を行う。2016年に畔柳(CTO)とモノグサ株式会社を共同創業。プライベートでは3児の父であり、休日は子どもと一緒にMonoxerで勉強している。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

【AI×音楽】AI作曲が可能となっても、作曲家の仕事は残る。「FIMMIGRM」が変える音楽の未来<後編>

AIによりヒットソングの特徴をふまえたオリジナル楽曲を作成するサービス「FIMMIGRM(フィミグラム)」。AIによる作曲サービスが盛り上がりを見せつつある昨今、音楽プロデューサーとしてYUKIや中島美嘉、Aimerなどのアーティストを手がけてきた玉井健二氏が開発に携わっていることで、大きな話題を呼んでいます。 FIMMIGRMの利用方法は、大量に自動生成された曲から好みの曲をジャンルごとに選択するGENRES(ジャンル)、ワンクリックでAIが曲を生成する ONE-CLICK GENERATE(トラック生成)、ユーザーの自作曲をもとにAIが曲を生成するGENERATE(トラック生成)、AIが生成した曲にプロの編曲家が手を加えるPRO-ARRANGED(プロアレンジ)の4パターン。AIにより専門知識不要で誰もが作曲できるようになる未来が間近に迫った今、音楽業界はどのように変化するのか? 株式会社TMIKと音楽クリエイター集団agehaspringsの代表を務める玉井健二氏にお話を伺いました。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。