DX戦略

TVer取締役とテレ東名物Pが語る、テレビと配信の未来【後編】 「王様」ではなくなったテレビを、それでも僕らが愛する理由

テレビが「お茶の間の王様」とされていたのも今は昔。2021年5月にNHK放送文化研究所が発表した「10代、20代の半数がほぼテレビを見ない」という調査結果は大きな話題を呼びました。そんなテレビの今を「中の人」たちはどのように受け止めているのでしょうか。そこでお話を伺うのが、民放公式テレビポータル「TVer」の取締役兼事業本部長である蜷川 新治郎氏とテレビ東京のクリエイティブプロデューサーを務める伊藤 隆行氏。後編では、視聴者の感性に起きている変化から、レコメンド機能の理想的なあり方、テレビが担うべき根源的な役割まで、幅広くお届けします。

ざっくりまとめ

- 視聴者側の視聴方法もどんどん変化。倍速再生や盛り上がった部分のみを視聴など、ユーザビリティを高める必要性も。

- テレビこそが、最もエンタメ格差を生まない映像コンテンツ。テレビの究極的な役割とは「国民の情緒や文化度を育むこと」。

- テレビならではの公共性を大切にしながら、より多様で面白い番組づくりを。

「作り込み」よりも、テレ東的な「生っぽさ」が好まれる時代へ

―ちなみに蜷川さんは、伊藤さんが手がけた番組のなかで、お気に入りのものはありますか?

蜷川:私はさまぁ~ずさんが大好きなので、『モヤモヤさまぁ~ず2』は初回からリアルタイムで見てました。『池の水ぜんぶ抜く』とかも好きです。伊藤さんは、作り込まれすぎていない、素材感のある番組づくりが上手ですよね。それはテレ東さん全体の持ち味なのかもしれないけど。

伊藤:そういう意味ではYouTuberの「やってみた」に近いのかもしれません。もうタイトルで全部言っちゃってますから。まさに『池の水ぜんぶ抜く』とタイトルで伝えた上で、「それでは結果をご覧ください」と。

蜷川:伊藤さん自身が出演もされている『巨大企業の日本改革3.0「生きづらいです2021」』も、絶妙の「生っぽさ」です。MCの加藤 浩次さんと伊藤さんが、大企業の新規事業担当者の方にお話を聞きにいくという番組なのですが、こういうビジネスエンターテイメントって、今まではなかったと思うんです。明日のビジネスに直結するニュースというわけでもないし、がっつり作り込んだエンタメでもない。その中間くらいで、感覚としてはWebでマーケティングのセミナーなどを聴いている感覚に近いもかもしれません。

伊藤:企業の皆さんも「私、これどこまで話していいんだっけ?」と、探り探りお話しされるから、その感じが「生っぽさ」につながってるのかもしれないですね。

あとはやっぱりMCの加藤さんのキャラクターも大きいです。加藤さんって、制作側の「テレビをやっちゃってる感」にすごく敏感なんですよ。僕たちは「ここでアバン*を入れて、盛り上がるためにフリをつくって……」みたいに、ついつい手癖で考えてしまいがちなんだけど、加藤さんは「それって本当に必要なの?」というのを常に意識されている。そこは僕たちも見習っていきたくて。企画にしても編集にしても、テレビのなかで当たり前とされてきたフォーマットを一回取り払った上で考えてみることが、これからは大切だと思います。視聴環境が変化したことで、視聴者の感性もどんどん変化していっていますからね。

*オープニングよりも前に流される映像のこと

「おいしいところだけつまみ食い」のテレビ視聴もアリ

蜷川:感性だけじゃなくて、視聴方法もどんどん変わっています。分かりやすいのは「倍速再生」です。そんなの昔では考えられなかったけれど、今では当たり前の視聴方法になりつつある。TVerでも倍速再生機能を実装しています。ドラマの作り手さんとかは「あの1秒の間にこだわったのに、0.5秒にされちゃうのかよ!」と思うでしょうから、難しい問題ではあるのですが……。いずれにしても、私たちが視聴者に通常速度での視聴を強いるべきではないと思うんです。

伊藤:あ! 『倍速でご覧ください』っていう番組があったら面白いかも。みんながスローで動いたり喋ったりしていて、倍速にしたらちょうどよくなる、みたいな(笑)。すみません、なんの話でしたっけ?

(笑)。視聴方法が変化している、というお話でした。たしかに、見るべきコンテンツが溢れすぎていて時間が足りない、というのは感覚としてすごくよく分かります。

蜷川:そうなんですよ。だから「盛り上がったシーンだけを見たい」というつまみ食い的な需要も当然あるはずで。現在のTVerの仕様では、番組の頭から再生することしかできないので、そこはユーザーの皆さんにストレスをかけている部分だと思います。テレビ局の方は、やっぱり最初から通して見てもらいたいのかもしれませんが……。

でも、友だちとかに見てもらいたいシーンをSNSでピンポイントにシェアできるようになったら、タッチポイントとしてもすごく有効じゃないですか。SNSからワンクリックで指定のシーンに飛べて、文脈が気になったら最初から見てもらえばいい。具体的な施策についてはTVer社内でも賛否両論ありますが、テレビをもっと見てもらうために、ユーザビリティを高めていくことが、私たちの役割だと考えています。

テレビほど平等な映像コンテンツは、ほかにない

―そういった工夫をしていくことが、プラットフォームとしてのTVerさんの生き残り戦略にもつながっていくわけですよね。

蜷川:うーん、実は私個人としてはTVerが生き残ることよりも、テレビというコンテンツをより多くの人に届けることこそが大切だと思っているんです。この記事はTVerの社員も読むだろうから、本当はこんなこと言っちゃいけないんだけれど……。それでも誤解を恐れず極論するなら、これからもテレビが多くの人に見てもらえるのであれば、プラットフォームはどこでもいい。私たちが一番大切にしていくべきなのは、ビジネスモデルの構築も含めて、テレビという文化を、いかに持続可能なものにするかを考えていくことだと思うんです。とはいえ理想はもちろん、テレビとともにTVerというプラットフォームが成長していくことですよ。そこはくれぐれも誤解なきように。

―もちろんです。それにしても、蜷川さんがそこまでテレビを大切にするのはなぜなのでしょう?

蜷川:私は世の中からエンタメ格差をなくしたいんです。経済的な理由からNetflixやHuluを見ていない人って、意外と少なくありません。つまり今でもテレビこそが、最もエンタメ格差を生まない映像コンテンツなんです。だから私はテレビを大切にしたい。

TVerがCM型のビジネスモデルを採用しているのも、同じ理由からです。ひょっとしたら「ドラマが全部観られるプラットフォームです」と謳って、サブスクリプションモデルにしたほうが、TVerの収益性は高まるのかもしれません。けれど、それではエンタメ格差を助長してしまいます。やっぱりテレビは誰でも見られるコンテンツであるべきだと思うんです。言い換えると、私はTVerというサービスを通じて、テレビがこれまで担ってきた「マス」としての役割をしっかりと機能させていきたいんですよ。

伊藤:多くの人に見られるマスなコンテンツがあることって、僕もすごく重要なことだと思います。『ドラゴン桜』でも『世界の果てまでイッテQ!』でもいいんですけど、高い視聴率を叩き出す番組って、見ている人に気づきを与えてくれるものじゃないですか。「こんな勉強法があるんだ」とか「この国にはこんな風習があるんだな」とか。もちろんみんな何かを学ぶためじゃなくて、ただ面白いから見ているだけなんだけど、特に子どもたちはそうやって日々何気なくテレビを見るなかで、「世の中ってこうなってるんだ」と学んでいくものだと思うんです。

すごく硬い言い方になってしまうけど、テレビの究極的な役割って「国民の情緒や文化度を育むこと」に尽きるんじゃないでしょうか。もうちょっと柔らかく言うと、テレビを通じて「世界はこんなに豊かだし、人間にはこんなにたくさんの感情があるんだ」ということに気づいてほしい。これは別に高尚な番組を見てほしいということではなくて。くだらないバラエティでもいいんですよ。「メチャクチャくだらないけど、なぜか笑っちゃうな」とか、そういう感性だって持っていないよりも持っているほうが、人生は豊かになるじゃないですか。

マスであり、多様である。そういうあり方が理想的

―伊藤さん自身が番組を手がけるときも、マスに届くことを意識されるのですか?

伊藤:いや、それはまた別の話で。今お話ししたのは、テレビというマスメディア全体が担うべき役割のことです。個々の作り手はマスであること、つまり視聴率をとることではなく、これまでにない番組をつくることを大切にするべきだと思います。そうじゃないと、多様性が失われてしまう。

そうはいっても、これって今のテレビ業界が全然できていないところでもあるんです。皆さんも、うすうす感じていると思いますが、今のテレビってすっかり画一化されてしまいましたよね。どの局でも同じような番組ばかりつくっている。それはやっぱり視聴率を意識しすぎたからで。でも、昔のテレビはそうじゃなかった。もっと一つひとつの番組に独特の匂いがあったし、味があった。それが失われてしまったことが、テレビ、特にバラエティ番組がかつての魅力を失ってしまった理由の一つだと思うんですよ。

蜷川:たしかにTVerでもドラマに比べてバラエティって、全然見られていないんですよね。これはNetflixとかでもおそらく同じで、ネットの世界ではバラエティ番組は消費されにくい傾向があります。

伊藤:これだけユーザーの価値観が多様化しているなかで、どの局でもクイズバラエティばかり流していたら、そりゃそうなりますよね。例えば、ファッションを題材にしたバラエティってあります? ありませんよね。でも僕はあっていいと思う。題材はなんでもいいんですよ。将棋でも文学でもいい。もう少し勇気を持って、ニッチでも深く愛されてるようなジャンルを取り上げていくべきです。ネットを活用すれば、これまでバラエティを見ていなかった層にだってリーチできるかもしれないんですから。まさにその辺りはTVerさんのレコメンド機能にも期待する部分ですね。

蜷川:たしかに、そうですね。ただ課題になるのは、「そのユーザーが好きそうな番組だけ」をレコメンドしていていいのか、ということです。YouTubeなどはまさにそうですが、一つの動画をみるとそれと似たような動画ばかりがオススメされますよね。基本的にはレコメンドって、垂直方向へと興味関心を掘り下げていくものなんです。コンバージョンレートを追求するなら、そのほうが合理的ですからね。

伊藤:たしかにウチの子どもたちも、ゲーム実況とかをひたすら観たりしています。あれは正直、ちょっとどうかなと思うよね(笑)。さっき話していた「世界の豊かさ」に気付くきっかけなんか全然ないんだもん。

蜷川:そうなんですよ。だからやっぱり水平方向に興味関心を広げていくようなレコメンドは絶対に必要だと思っていて。多少コンバージョンレートが落ちたとしても、ロングタームでみればテレビの豊かさを維持していくためには欠かせない取り組みだと思います。

テレビはテレビらしく。それこそが何よりの生存戦略

―ここまで、さまざまな観点からお話を伺ってきましたが、ほかに伊藤さんがこれからのTVerさんに期待することはありますか?

伊藤:もうだいたい話しちゃった気がします(笑)。まあ強いて言うなら、今のTVerさんのブランディングはちょっと硬すぎる気もするので、もっと気楽な感じでもいいかもですね。テレビってやっぱり楽しいものですから。僕もね、今、すごく楽しくなっていて。やっぱりTVerさんが登場したおかげで、作り手としての自由度はグッと上がったと思うんですよ。例えば、番組の尺にしたって、今のテレビでは見かけないようなものをつくれるかもしれない。やっぱりネットって、ショートコンテンツが好まれるから、「毎日更新する3分縛りのコント番組」とかがあってもいいかも、とかね。とにかく、今までにないものをつくりたいし、つくらなきゃいけないと思っています。まあ、僕が一番最初につくった『人妻温泉』みたいな番組はもう無理かもしれないですけどね(笑)。

蜷川:エロに対する規制は、ネットのほうが厳しいからね。

伊藤:あれはエロじゃなくて、テレ東の伝統である「おしゃれエロ」じゃないですか!

蜷川:まあそれはいいとして、少しマジメに話すなら、私たちはYouTubeとは違って、アルゴリズムでNGな番組を弾くことはしていないんですよ。ちゃんと人の目と手で判断しています。それは「エロはダメ」とか「低俗だからダメ」と一律に判断してしまうと、失われてしまう多様性があるからです。まあ、そういう意味では「おしゃれエロ」が生き残る可能性もゼロではないかもしれない(笑)。

―なるほど(笑)。反対に、蜷川さんがこれからのテレビ局に期待するのはどんなことでしょうか?

蜷川:やはりテレビはテレビらしくあってほしいということでしょうか。YouTubeやNetflixを目指す必要はないんです。今日私たちが確認してきたように「エンタメ格差を生まない」とか「気づきを与える」とか「文化に貢献する」とか、そういうテレビならではの公共性を大切にしながら、より多様で面白い番組をつくっていってほしいですね。私たちも全力でそのお手伝いをしていきます。一視聴者としては伊藤さんのバラエティも、もっと観たい。私もテレビをもっと楽しんでいきたいですね。
蜷川 新治郎
株式会社TVer 取締役事業本部長 兼 株式会社テレビ東京コミュニケーションズ取締役

1994年 日本経済新聞社入社 インターネットサービスの開発を担当。
2008年 異動希望かなわず「日経辞めて、テレ東へ転職」コンテンツ戦略、インターネットサービス全般、局横断サービスの立ち上げ、企画開発、システム構築を担当。
2020年より現職
伊藤 隆行
株式会社テレビ東京 制作局 クリエイテイブビジネス制作チーム 部長 クリエイティブプロデューサー

1995年 早稲田大学政治経済学部を卒業後 株式会社テレビ東京に入社。編成局編成部を経て制作現場へ。「モヤモヤさまぁ~ず2」「池の水ぜんぶ抜く大作戦」「やりすぎ都市伝説」「内村のツボる動画」「ゴッドタン」など数多くのバラエティ番組を立ち上げる。
2020年 制作局内に新設されたクリエイティブビジネス制作チームの部長となり、他部署連携、グループ会社、外部パートナーと協業し、放送だけに留まらないマルチユース型のコンテンツを1年で約50企画以上展開。コンテンツメーカーとしてテレビ局の企画力、制作力の可能性を提案、最大化する。

人気記事

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

新社長はベイシアをどう「尖らせる」のか。ベイシア社長 相木孝仁氏に立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 前編は相木社長の経歴と社長就任までの経緯、ベイシアグループが標榜する「ハリネズミ経営」、高品質なプライベートブランド(PB)の開発および販売戦略、今後の出店戦略などについてお話をうかがいます。

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

【徹底解説】「X to Earn」とは何か。誰もがゲームや遊びで稼げる時代は来る!? DEA創業者に聞く<前編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー前編では「X to Earn」の仕組みと種類、今後の可能性など、未だ発展途上の新しい経済圏について根ほり葉ほりお話を伺いました。

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

変革を求められる小売業界。「スーパーを超えていく」ベイシアの小売DX戦略とは。ベイシア新社長 相木孝仁氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

ホームセンターのカインズにワークマン、東急ハンズなどをグループ会社に持つベイシアグループ。その中核をなすのが東日本をメインに展開する食品スーパー大手のベイシアです。広大なワンフロアの店舗で地域住民のニーズに応える圧倒的品揃えと価格を実現し、その動向は常に業界内での注目を集めています。今回の対談では、立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、今年7月にベイシアの新社長に就任された相木孝仁氏の二人が、新体制となったベイシアの独自戦略について意見を交わします。 後編は相木社長が抱く野望と「メガSPA & DX小売」の概要、ベイシアが従業員に求めるオーナーシップのあり方、そして小売DXの中核を占めるネットスーパーとeコマース戦略についてお話をうかがいます。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

【記憶力は才能でも努力でもない】AIで記憶の定着を助けるアプリ「Monoxer」で日本の教育が変わる

問題を解くことで記憶の定着化を図るアプリ「Monoxer(モノグサ)」。これまで必死に書いたり読んだりすることで闇雲に覚えていた学習を、よりスマートに記憶化させるということで、小中学校から高校、大学、専門学校、さらには塾、社会人教育など幅広い場に導入されています。AIがその人のレベルに合った問題とヒントを出してくれて、定着した後も定期的な反復練習で忘れることを防いでくれます。Monoxerを導入することで学習のスタイルはどう変わるのか? モノグサ株式会社の代表取締役 CEOを務める竹内 孝太朗氏に、記憶と学習の関係についてさまざまな視点からお話を伺いました。

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

NFTゲームが富の再配分に寄与する事例も。DEA創業者に聞く、「X to Earn」の可能性<後編>

YouTubeに代表される動画投稿サイトなど、個人が発信することのできるツールの出現により、好きなことをして稼ぐための選択肢は増えています。そして現在、ゲームや徒歩、勉強さらには睡眠をするだけで稼ぐことのできる「X to Earn」というムーブメントが生まれつつあります。「ゲームで遊んで稼ぐ」なんてことが本当に可能なのか? 多くの人が抱える疑問について今回お答えいただくのは、Digital Entertainment Asset Pte.Ltd.(以下、DEA)のFounder & Co-CEOの山田 耕三氏。インタビュー後編では、ゲームと金融の融合で生まれたGameFiの歴史、そのGameFiが実際に解決したフィリピンの貧困問題、Web3時代のゲームと社会の関係などについてお話を伺いました。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。