DX戦略

『SPY×FAMILY』が大ヒット。デジタル化への危機感から生まれた「少年ジャンプ+」が挑む海外展開

集英社が2014年にスタートさせたマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+(以下、ジャンプ+)」。オリジナル作品の『SPY×FAMILY』(著・遠藤達哉)はスパイ、殺し屋、超能力者という三人の偽りの家族が織りなすホームコメディとして空前のヒットとなっています。アプリをダウンロードすれば登録不要、連載中のオリジナル連載作品が初回に限り無料という他に類を見ないサービスで、多数のヒットタイトルを輩出しています。1994年に653万部という最高の発行部数を記録した「週刊少年ジャンプ」は、デジタルの時代にどのような変化を遂げたのか。ジャンプ+の編集長 細野 修平氏にお話を伺いました。

ざっくりまとめ

- ジャンプ+が大事にしているのは、多人数で作品を楽しむライブ感。読者が作品公開と同時に楽しめることを重視し、他のマンガアプリが採用している「24時間待てば無料」という仕様は取り入れていない。

- 大ヒット中の『SPY×FAMILY』は連載開始時からファンが付き、コミックスの発売、アニメ化でさらなるファンを増やした。

- ジャンプ+は、マンガ投稿サイト「ジャンプルーキー!」を通じて新人の発掘に力を入れている。

- デジタル全盛の時代となっても、ジャンプ+はリッチコンテンツ化ではなく、マンガ本来の面白さを追求していく。

- 集英社は海外向けの「MANGA Plus by SHUEISHA(マンガプラス)」というサービスも運営中。ジャンプ+で2023年1月から始まる新連載作品は、すべて英語に翻訳して配信予定。

ジャンプ+が重視するのは、新作で皆が盛り上がる「ライブ感」

――ジャンプ+の概要と現時点でのユーザー数を教えてください。

ジャンプ+は約70本のオリジナル連載作品が読めるマンガアプリです。アプリをダウンロードしたら会員登録なしで、その時点で公開されている1話から最新話まで初回に限り無料で読むことができます。作品は一話ごとの話単位でもコミックス単位でも購入可能です。ジャンプ+のオリジナル作品の連載だけでなく、「週刊少年ジャンプ」「ジャンプSQ.」「ウルトラジャンプ」といった雑誌のデジタル版の定期購読サービスも提供しています。アプリのダウンロード数は2200万回を超えており、ウィークリーのアクティブユーザーはアプリだけで約450万人、ブラウザを加えると約630万人です。

――アプリをダウンロードした時点で公開されている全作品が初回に限り全話無料というのは大胆な施策ですね。社内や作家からの反対意見はなかったんですか?

編集部員から「初回に限らず、ずっと無料でもいいのでは?」といった意見も挙がってきましたが、さすがにそれは厳しいので、編集部で議論をして初回だけなら無料でも大丈夫という判断になりました。なかには不安に思う作家さんもいましたが、丁寧に説明をして納得いただきました。

――他社のマンガアプリが行っている「24時間待てば無料で読める」というサービスをジャンプ+は実施していませんが、何か理由があるのでしょうか?

これはジャンプ+を運営するなかで分かったことですが、雑誌の「週刊少年ジャンプ」と同じように、最新話が更新されるタイミングで友だちやまわりの人たちと一緒に盛り上がるライブ感が非常に大切なんです。作品が話題になるか否かは盛り上がり次第で決まります。作品が話題になったときに、その作品を読みに来てくれたユーザーが最新話に追いついて、盛り上がりを大きくしてくれることが大事だと考えているので、「24時間待たないと続きが読めない」という状況は、友だちとのライブ感を楽しめず、タイミングもバラバラと読むことになってしまうため、ジャンプ+では取り入れていません。
マンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」

マンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」

コミックスとアニメにより、多くのファンを獲得した『SPY×FAMILY』

――ジャンプ+のオリジナル作品である『SPY×FAMILY』が大きな話題となっていますが、爆発的な人気を得るまでの経緯を教えてください。

『SPY×FAMILY』がスタートしたのは2019年3月です。一話目からすごく人気があり、読者数も多かったので、瞬時に右肩上がりの大きな成長を遂げました。コミックス6巻が初版100万部を超えて話題になり、それを機に新たな読者を獲得しています。今年の4月から7月にはアニメも放送されて新たなファンが増え、この10月からは第2クールが始まります。作品スタート時から読者が付いて、コミックスで増えて、アニメ化でさらに増えるというよいフィードバックが生まれています。

ただ、すべての作品がアニメ化されて大ヒットとなるわけではありません。今はかつてに比べて紙の本が売れない時代なので、アニメ化されてもコミックスの売上につながらないこともあります。けれども、『SPY×FAMILY』についてはうまい具合に相乗効果が生まれています。

――初回に限り無料で読めるという施策が功を奏した面もあるのでしょうか?

そうですね。アプリをダウンロードしてすぐに無料で作品が読めるので、皆でリアルタイムに話題のマンガを1話から最新話まで楽しめることでさらにファンが増えていく。『SPY×FAMILY』のヒットでこの施策は正しいと確信しました。

――アプリを運営してきて、ほかに手ごたえを感じた瞬間を教えてください

『SPY×FAMILY』以前ですと、2016年に始まった『ファイアパンチ』や『終末のハーレム』といった作品がスタート時点から多くの読者を獲得しています。それまではPVを増やすために小手先の改修をやってもあまり効果がなかったのですが、面白い作品が始まると目に見えて新しい読者が増えていきました。

デジタル化で大きく開かれたマンガ家への門戸

――「ジャンプでデビューできるマンガ投稿サービス」と謳っている「ジャンプルーキー!」 ですが、これは特に制限なく誰でも投稿できるのでしょうか?

はい。ジャンプルーキー! は、オリジナルの漫画をいつでも投稿・公開できるサービスです。2014年にジャンプ+と同時に開設しましたが、当時は出版社主導のこのようなサイトが世の中にありませんでした。ここに投稿された作品はジャンプの編集者が必ず目を通すので、誰もがデビューできる道が開かれています。

――投稿される作品すべてに目を通すのは、かなりの労力ではありませんか?

ジャンプルーキー! は月平均で2,000人以上の方に投稿していただいています。作品数でいうと3,000~4,000作品ですね。膨大な数ですが、それこそが私たちにとっての財産なので、読むことは一番の喜びです。面白い作品は編集者間で毎回奪い合いが起きるので、若い編集者から優先的に気になる作家さんに声をかけていいシステムになっています。

――昔のマンガ家は連載を掴むためにいろいろなコンペに応募したり、編集部に持ち込みをかけたりするイメージがありましたが、ジャンプでは広く門戸を開いているんですね。

ジャンプ+やジャンプルーキー! を始めたきっかけの一つとして、デジタル化に対する危機感がありました。作家さん自身のWebサイトやTwitter上など、デジタル化によってマンガを発表できる媒体は格段に増えました。そのなかで出版社や雑誌が、作家さんに対してどんな価値を提供できるのか。ジャンプ+に載ることにどのようなメリットがあるのかを提示して、オープンに作品を募らなくては生き残れません。デジタル化によって従来の考え方が大きく変わった点ですね。

デジタル全盛の時代でも奇をてらわずに、マンガの面白さだけを追求する

――青年誌に載るような過激な描写の作品もありますよね。

スタート時は実験場的な色が強かったので、載せたい作品があれば載せるくらいのスタンスでした。そこで続けていくうちに、デジタル上でマンガを展開するときは、あまりジャンルを縛りすぎないほうがよいということが分かってきました。どんなジャンルでも面白い作品であれば読者からの反応が返ってきて外部にも広がっていくので、ジャンルを限定せずに挑戦的な作品も載せたほうが結果的には広がると考えています。

――週刊少年ジャンプではいわゆる「ジャンプシステム」と呼ばれる、読者アンケートの結果で連載順位が決まるシステムが有名ですが、ジャンプ+ではどうなっているのでしょうか?

分かりやすい指標として閲覧数やコメント数がありますし、アンケート調査や作品の読了率も調べています。デジタルなので週刊少年ジャンプよりも多くのデータを取得できますが、データを多く取れるからより細かい分析ができるかというと決してそうでもなく、どの数値を明確な指針にするかは検討中です。閲覧数はもちろん重視していますが、それだけではないと考えています。

――デジタル化の時代になってスマホに特化したWEBTOON(※)が登場するなど変化の波が押し寄せていますが、ジャンプ+としては実直に面白い作品を生み出していくことが最優先なのでしょうか?

※ WEBTOON(ウェブトゥーン):スマホの縦画面に特化したマンガ形式のこと。多くの作品はフルカラーで表現されている。

そうですね。いろいろ考えたり試したりしたのですが、これまでと変わらずよい作品を生み出すことが大事だと気づきました。「マンガに色を付けませんか?」とか「音楽を付けたり、キャラをしゃべらせてみませんか?」といったお話をいただくこともありますが、そうなるとアニメと同じですよね。だったらジャンプ+でやるのではなく、別のサービスを起ち上げるほうがふさわしいと、今は考えています。

打倒『ONE PIECE』や『鬼滅の刃』。2023年からは本格的な海外進出も

――先日開催された「ジャンプのミライ2022」では、『ONE PIECE』や『鬼滅の刃』を超えるヒット作品を生み出すことが目標とのお話がありましたが、いつまでに達成したいと考えていますか?

具体的な時期については定めていません。やっぱり時の運が大きく絡んできますので。時の運を上げるために欠かせないことは新人作家の発掘です。ジャンプ+に作品を載せたいという作家さんを増やすことで裾野が広がり、頂点もどんどん高くなっていくので、まずは裾野を広げることです。もう一つ大事なことは、試行錯誤の回数を増やすことです。デジタルの大きなメリットはページの制限がないことです。集まった才能のアウトプットを増やしていけば、ヒットする作品が生まれる確率も高くなると考えています。正攻法でやっていくつもりです。

――マンガのデジタル化によって見えてきた可能性はありますか?

やっぱり、マンガとは個人的なものだということに気づかされました。たった一人でつくることのできるアートでありエンタメでありながら、日本だけでなく海外にも大きな影響力を持っている。個人でつくる作品としての影響力の大きさをあらためて認識したといいますか。マンガの世界においてこの10年間は「デジタル」がキーワードだったと思っていますが、今後の10年間は「グローバル」がキーワードになると思います。作家さんのペン一本で世界に影響力を与えられる面白い時代になっていくでしょう。

――最後に、今後の展望を教えてください。

ジャンプ+の初期は一話で閲覧数100万回を超える連載作品を生み出し、各曜日に配置することが目標でしたが、それはほぼ叶いつつあるので、次はウィークリーのアクティブユーザーを、現状の約630万人ほどから1000万人にしていきます。その先の目標としては、一話あたり1000万人が読みに来る作品をつくりたいですね。そのためには国内だけでは難しいので、海外からの読者を増やす必要があります。これからのヒット作品は日本国内だけではなく、世界規模でのブームを生み出すことが重要でしょう。

集英社では、2019年から「MANGA Plus by SHUEISHA」という海外向けサービスを展開しています。日中韓以外の全世界で、ジャンプグループの作品の最新話を無料で読むことができます。最大7言語(英語、スペイン語、タイ語、インドネシア語、ポルトガル語、ロシア語、フランス語)に対応しており、ジャンプ+で2023年1月から開始する新連載の作品については、すべて英語に翻訳して日本と同時に配信する予定です。これからは本格的な海外展開も進めていきます。
海外向けサービス「MANGA Plus by SHUEISHA」

海外向けサービス「MANGA Plus by SHUEISHA」

細野 修平
株式会社集英社 少年ジャンプ+ 編集長

2000年、集英社入社。「月刊少年ジャンプ」に配属され、マンガ編集者としてのキャリアを積む。以降、「ジャンプスクエア」を経て、2012年から「週刊少年ジャンプ」に所属。アプリ・マンガ誌「少年ジャンプ+」の立ち上げに関わり、2017年から同誌の編集長を務める。

人気記事

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

過疎地を救う? お手伝い×旅のプラットフォーム「おてつたび」による関係人口の増加

地域活性化や地方創生という言葉が聞かれ始めて久しい昨今。UIJターン移住者に向けて補助を行っても、少子高齢化などの課題改善が難しい地域もあります。そんな多くの自治体が抱える課題に「旅」という側面からアプローチをするのが、プラットフォーム「おてつたび」です。「お手伝いをして賃金を得ながら旅がしたい」と考える方と、「人手不足を解消しながら地域の魅力を伝えたい」と考える地域の方々をプラットフォーム上でマッチングすることで、地域の課題解決や活性化に貢献しています。 今回は、おてつたびを運営する、株式会社おてつたびの代表取締役 CEOである永岡 里菜氏に、お手伝いをしながら旅をすることが地方や人々に与える価値、今後おてつたびが地方創生に対して担う役割についてお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

【Netflix徹底解剖】Netflix4.0、世界最先端のDX戦略を追う

全世界での有料会員数が2億人を突破。飛ぶ鳥を落とす勢いで快進撃を続ける企業、Netflix。現在の利用者の中には、彼らの事業が店舗を持たないDVDオンライン郵送サービスからスタートしたことを知らない人もいるかもしれません。1997年、小さなスタートアップ企業として創業したNetflixはその後、DVDレンタルのサブスクリプション、動画ストリーミング配信のサブスクリプション、そして動画オリジナルコンテンツの配信と、デジタルを基盤に着実にビジネスを変革し、今や皆さんご存知の通り、デジタルコンテンツプラットフォームの王者へと成長を遂げています。今回の「世界最先端のデジタルシフト戦略」vol.4では、そのビジネストランスフォーメーションの変遷を立教大学ビジネススクール 田中道昭教授に徹底解剖していただきます。小さなスタートアップ企業であったNetflixがいかに王者となれたのか。その変革の奥にある秘訣とは。DXに取り組む日本企業も見習うべき一貫した姿勢に迫ります。

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

メンタルヘルス後進国、日本。DXはメンタルヘルスに貢献できるのか

欧米に比べ大きく遅れているといわれる日本のメンタルヘルスを取り巻く環境。事実、欧米ではカウンセリングを受診した経験のある人は52%にも上りますが、日本では6%という低水準。先進国のなかで突出した自殺者数についても、厚生労働省は深刻な状況と受け止めています。 そんななか、β版での運用を終え、2022年7月5日に正式ローンチされた「mentally(メンタリー)」は、日本では敷居の高いメンタルヘルスに関する相談が気軽に行えるアプリ。株式会社Mentally 代表取締役CEOを務める西村 創一朗氏は、自身も過去に双極性障害(※)を乗り越えた経験を持っています。メンタルヘルス市場はDXによりどう変化していくのか。インタビューを通して、日本のメンタルヘルス市場の未来を紐解きます。 ※ 双極性障害:活動的な躁(そう)状態と、無気力なうつ状態を繰り返す障害。

【最新AI事情】画像生成AIだけじゃない。世界を震撼させた三つのAIコンテンツ

【最新AI事情】画像生成AIだけじゃない。世界を震撼させた三つのAIコンテンツ

2022年8月、アメリカで開催されたアートコンテストの公募展デジタルアート部門において、画像生成AI「Midjourney」で生成された作品が1位に選出されるなど、AIの得意領域と対極にあると思われていた人間のクリエイティブな仕事を脅かす出来事が頻発しています。この数ヶ月間で起こった画像生成AIの進化は、Diffusion Modelsと呼ばれる新しい学習モデルをベースに発展しており、今後は画像だけでなく、動画、テキストなどさまざまなコンテンツにも波及していくと思われます。そこで今回は、画像以外のAIコンテンツがクリエイティブな仕事に衝撃を与えた事例を、株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏にご紹介いただきます。

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

マンガアプリ世界NO.1。急成長市場の覇権を握る「ピッコマ」の戦略

8万以上タイトルの人気マンガやノベルを取り扱い、累計ダウンロード数は3,000万を超える電子マンガ・ノベルサービスの「ピッコマ」。サービス開始は2016年4月という後発ながら、23時間待てば一話を無料で読める「待てば¥0」サービスを他社に先駆けて導入するなど、新しい試みを積極的に取り入れ業界トップに君臨しています。短期間でピッコマが躍進を遂げた理由から、従来のマンガに代わる新しい表現形式である「SMARTOON」の魅力、今後のグローバル展開について、株式会社カカオピッコマ常務執行役員の熊澤 森郎氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookも注目の「メタバース」とは何か? スマホ向けメタバース「REALITY」のDJ RIO氏に聞く

Facebookが社名を変更し、中核事業に据えるほど力を入れる「メタバース」。2021年8月にはグリー株式会社が、今後2~3年で100億円規模の事業投資を行い、グローバルで数億ユーザーを目指すと発表しましたが、その中核を担うのが、グリー株式会社の子会社であり、これまでバーチャルライブ配信アプリを手がけてきたREALITY株式会社です。今回は、そんな同社の代表を務めるDJ RIO氏にインタビュー。そもそもメタバースとは何なのか。なぜこんなにも注目が集まっているのか。メタバースは、世界のあり方をどのように変えるのか。メタバース初心者のビジネスパーソンには必読のインタビューです。