DX戦略

唯一無二の衝撃的なファクトがDXの鍵。週刊文春がデジタルの世界でも勝ち続ける理由

「文春砲」なるフレーズを生み出し、芸能スキャンダルから政治家の汚職まで週刊誌の枠組みを超えた報道に定評がある「週刊文春」。老舗週刊誌として確固たるポジションを築いている同誌は、2021年3月にサブスクリプションサービス「週刊文春 電子版」を立ち上げました。週刊文春の加藤 晃彦編集長は「圧倒的なコンテンツ力があるからこそ、デジタルの世界でもどんなデバイスでも勝負ができる」と語ります。若者の雑誌離れが加速し、読者層の高齢化が進む紙媒体において、週刊文春が取ったDX戦略に迫ります。

ざっくりまとめ

- 2020年4月に発令された緊急事態宣言により、書店が軒並み閉店に。事業存続に強い危機感を抱き、「週刊文春 電子版」起ち上げを決定。

- 他社のプラットフォームに依存せず、自社で有料課金コンテンツを持つことはリスクヘッジとして必須。強いコンテンツがあればプラットフォームへの交渉材料にもなる。

- 面白いコンテンツは紙、デジタル問わず読まれる。コンテンツに最適化したデバイスを用意することが基本。

- デジタルの世界では、世界の企業と対等に渡り合うリスクとチャンスがある。そこで必要なのは、自分たちだけが持つ圧倒的なコンテンツの力。

コンテンツはあるのに届けられない。緊急事態宣言で感じた事業への危機感

——週刊文春 電子版を起ち上げることになった理由と経緯を教えてください。

一番のきっかけは2020年4月に発令された緊急事態宣言です。街の書店がどんどん閉まっていき、危機感を覚えました。大手書店の販売データを見ると、2,000冊卸して返品率が100%。書店が営業してないから当然1冊も売れない。けれども、コンビニは緊急事態宣言中でも営業していたので、全体の売上は通常よりもよかったんです。それで一安心はしましたが、先の見通しが立たない中で、今後コンビニも閉店する事態が起きたら終わるなと。これはもう電子版を起ち上げないと事業継続ができなくなると感じました。

物流が止まれば、コンテンツ、記事はあるのに読者に届けることができないわけです。以前から物流が弱くなっていたことも事実で、もともと広島より西は東京より1日遅れの金曜発売だったところが、私が編集長になった2018年7月に発生した広島の豪雨災害以来、さらに遅れて土曜発売になっていたんです。

一方で、デジタル化で情報の流通速度が速くなり、スクープに対する世の中の反応が早くなっています。2020年5月に黒川検事長(当時)の賭け麻雀問題をスクープしましたが、木曜の発売前日である水曜には辞任が決まり、すでに後任人事も報道されていたんです。ニュースのスピードが速くなっている時代に、読者に届けるまでの時間を短縮する必要があると感じていました。以上の理由から、電子版はやらざるを得ない状況でした。

デジタル化でクリアできた「時間・量・世代」という三つの壁

——コロナ禍以前に、デジタルへの移行などを考えたことはありましたか?

これまで、LINEやYahoo!で記事をバラ売りしたり、ニコニコ動画上に「週刊文春デジタル」のチャンネルを設けたり、dマガジンで配信をしたり、他社のプラットフォームにコンテンツを提供してきました。しかし、今回は完全に自社メディアです。すべて自前で完結するにあたって一番の難点は課金システムですが、世の中のDXが進んだおかげで導入しやすくなり、「文春オンライン」によるデジタルの知見も溜まってきたので実現することができました。

特定のプラットフォームに依存しすぎるのはリスクがあります。切られたら終わりですから。自社で記事を販売できるようになったことは大きな強みになりました。コンテンツが強ければプラットフォームとも交渉できますからね。

——デジタルに進出することで、紙媒体とは違う読者層も獲得できましたか?

そうですね。紙の週刊文春は50~70代の読者が多かったのに対し、電子版は30代がコア層で、40代以下の読者が60%を占めます。私は編集部員にデジタル化によって「三つの壁」を越えることができると言っています。まずは「時間の壁」。毎週木曜という発売日にこだわらず、いつでも好きなときにスクープを出せます。次が「量の壁」。雑誌で100万部売れたらとんでもない数字ですけれど、デジタルなら数千万、多ければ億に及ぶPVを稼ぐことができます。紙を圧倒的に超える数字です。最後が「世代の壁」。紙ではリーチできなかった若年層に届けられるようになりました。

——紙の週刊誌は決まったコンビニや駅のキヨスクで、ルーチンとして購入されているイメージがあります。対して、電子版はどんなきっかけで購入されることが多いのでしょうか?

毎週、水曜16時にスクープ速報を4本出しますが、これが高い確率でYahoo!ニュースのトピックスに掲載されます。その爆発力で読者を呼び込んでいます。ただ、芸能系の記事は読者数の多さの割には課金に至らず、政治関係の調査報道記事のほうが課金される傾向がありますね。その要因については研究中です。

圧倒的なコンテンツはどのデバイスでも読まれる。やるべきことはDXよりもCX

——電子版を立ち上げて仕事量が増えたと思うのですが、編集部の体制はどう変わりましたか?

電子版オリジナルの記事もありますが、基本的につくっている内容は同じなので、そこまで業務は増えていません。私は編集長になった3年半前から、次代を担うデスクに部数など毎号の数字をすべて開示しています。これだけスクープを出しても、10年前、20年前よりも売上が減っています。紙で数字を伸ばす大変さを編集部全体で理解しているので、デジタルに舵を切るしかないという意識は浸透してきたと感じています。LINEで記事を5,000本売れば雑誌が5,000冊売れたのと同じことですからね

——紙と電子版の売上比率を教えてください。

売上は圧倒的に紙が多いですね。ただ、あまり紙とデジタルを分けることは意味がないと思っています。常々現場に言っているのは、「われわれがやるべきはDXじゃなくてCX、コンテンツ・トランスフォーメーションだ」と。これまではコンテンツを紙に載せることだけが週刊文春 編集部の仕事でしたが、今はそれだけではありません。紙はもちろん、電子版、LINEやYahoo!での展開、文春オンラインの無料PV、テレビの記事使用料、連載をまとめた書籍化など、すべてを週刊文春の編集部でできるようにしました。

大切なのは紙とデジタルを分けることではなく、コンテンツに最適なデバイスを考えることです。先日の某芸能人の不倫記事は、文春オンラインで速報記事を出して2,000万PVを記録しました。そうして稼いだ広告料は、週刊文春に配分される仕組みを、会社にお願いしてつくってもらっています。9月に出版した『嫌われた監督』という元中日監督の落合 博満氏のノンフィクション本は紙で12万部を超え、電子でも1万5,000部以上売れています。PVでみれば10万は大した数字ではありませんが、本で10万部売れると圧倒的に稼げます。コンテンツによって最適なデバイスは異なるのです。

一方で、圧倒的に面白いコンテンツはどこでも読まれます。『嫌われた監督』は書籍化する際に一部を文春オンラインに出したらPVがかなり伸びて、そのままAmazonの売上に直結しました。つまり、どこに載せても売れるものは売れるのも真実。そのためにはコンテンツが圧倒的である必要があります。記事でいえば、読まれるのはファクトが衝撃的な記事です。そして、圧倒的なコンテンツを流通させ、週刊文春がスクープメディアであることが認知されれば、自ずと情報が集まるようになります。そのために「文春リークス」というフォームもつくっています。スクープを出すことが一番の宣伝になるので、この好循環をいかにつくっていけるかが肝です。

——週刊文春 電子版では編集部の人間が動画や音声などを公開していますが、どんな狙いがあるのでしょう?

アウトプットが多様であるほど、コンテンツは強くなります。あるとき言われたのが、編集部自体がコンテンツになっているということ。中の人への興味を持たれている方が多いので、それをコンテンツ化しています。一方で顔出しはしていません。謎があることが興味を惹くようです。

よい記事をつくり出す環境を次の世代に引き継ぐ

——今年の8月に中づり広告を廃止したことも話題になりましたが、特にデメリットはないのでしょうか?

水曜16時のスクープ速報を通じてデジタルでムーブメントを起こす、今っぽくいえばバズらせることはそれなりにできていたし、高齢者に対しては新聞広告を出しているので、中づり広告がなくなることのデメリットはそこまでありません。中づりは紙の雑誌が出来上がる前に入稿しなければいけないので、特ダネが間に合わず入れられないときもありました。広告なのに雑誌の宣伝が思いっきりできないジレンマがあったんです。

——中づり広告の件も含めて、週刊文春には改革者的なイメージがあります。

編集長になると、やっぱり数字を背負うんです。うちの会社は基本的には数字を背負う意識がなく「よいものをつくっていればOK」という文化で、それはそれでよいことだと思います。けれども、週刊誌の場合は毎週、部数という成績表がしっかり出るんです。私が辞めるときに、いかに週刊文春の看板を傷つけずに次代に譲るか。今、一生懸命働いている編集部員が報われる体制を残すことは私の責任です。そう考えたとき、この先、紙媒体だけでは終わることが分かりきっています。変えないといけない危機感があります。

自分が享受してきた、やりたいことをやれて、取材費も惜しまずに使えて、圧力に屈せず、裁判になってもマイナスに働かないという週刊文春の恵まれた環境を次の世代に残したい。この環境を維持できる収益を残せる仕組みをつくるのが私の責務です。

デジタルの世界はある意味、どんな巨大企業ともフェアな戦いができるチャンスの場

——今の時代、紙メディアはなにか新しいことをやらないと、若手が入ってこないという状況もあるのでしょうか?

新入社員の採用面接を担当して意外だったのは、週刊文春 編集部を希望する人が増えていることです。新聞やテレビが元気のない状況で、週刊文春にジャーナリズムの光明を見出してくれている若い人がいます。取材を思う存分できる環境があれば人は来るわけです。

私は週刊文春の記者が大切にすべきなのは「3K」だと思っています。まずは「好奇心」。「とにかく気になる、知りたい」という人間の欲です。そして「志」。世の中に対して「こんな不正義が許されていいのか」という憤りや「世の中をよくしたい」という気持ちがないと続きません。最後は「功名心」。これは、記者ならみんな持っていてほしい。コンテンツをつくっている以上、より多くの人に読んでほしいはずです。どれかが突出してもいびつになる。正義ばかりふりかざしても、読んでいてしんどくなる。この三つがいい形でカクテルされているのが週刊誌だと思っています。編集長になるともう一つの「K」が加わります。それが「金」です(笑)。この四つでバランスよく大きな四角形をつくれるのが、いい編集長だと思っています。

——最後に、紙メディアがDXを推進する際に必要なことを教えてください。

結局DXをする上で大事なのはコンテンツの力です。これまではある意味、デバイスの壁に守られてきました。今残っている新聞社は新聞の世界で、テレビはテレビの世界で、雑誌は雑誌の世界で勝ってきたんです。しかし、デジタルの世界ではNetflixのような企業と戦って、可処分時間を奪い合う必要があります。圧倒的に負けない、少なくとも日本では絶対に負けない武器がないと厳しい。デジタルの世界では「ここにしかないモノ」にしか課金してくれません。

しかしこれはチャンスでもあります。これまで週刊文春は一番売れていた時代でも100万部ほど。新聞の部数には絶対に勝てなかった。しかし、デジタルの世界、たとえばYahoo!ニュースの世界では同じ土俵の勝負になるわけです。2,000名以上の記者を抱える新聞社に対して、うちは31名ですが、それでも対等に戦える。今はメディアの世界も気候変動の時期です。身体の大きな恐竜は不利ですが、われわれは小回りの利くネズミ。これからも素早く、自分たちの強みを活かして勝負を仕掛けていきます。
加藤 晃彦
株式会社文藝春秋 週刊文春 編集長

1997年4月、文藝春秋に入社。営業部、『Title』編集部、2001年『週刊文春』編集部に異動。記者として大島理森農水相の秘書官の6,000万円口利き疑惑を報じ、大島氏は辞任。その後、『Number』広告部、月刊『文藝春秋』編集部を経て、2012年『週刊文春』特集班デスクに。下村博文文科相の政治資金問題、甘利明経済再生相の現金授受問題など主に政治記事を担当。2018年7月、『週刊文春』編集長に就任。

人気記事

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

「組織としての自己変革にかける想いに共感し、みずほへ入社」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【前編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織開発・D&I推進等と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、これからの時代のキャリアと学びについて意見を交わしました。 前半は秋田氏のこれまでの経歴、アメリカのビジネススクールでのエピソード、みずほに入社を決めた理由などをうかがいます。

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

香りを言語化するAI。KAORIUMが切り拓くビジネスチャンス

イメージする香りはあるけれど、その通りの香水をなかなか見つけられない。「甘口」「辛口」だけでは、自分好みの日本酒を選べない。セントマティック社が開発する「KAORIUM(カオリウム)」は、香りや風味を言語化することで、そんな悩みを解消してくれる最先端のAIシステムです。今回お話を伺ったのは、同社の代表取締役である栗栖俊治氏。なぜ香りの分野に注目したのか。ビジネスとしての香り市場の秘めたるポテンシャルとは。KAORIUMの活用で広がる可能性とは何か。世界も注目するその取り組みに迫ります。

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

創業3ヶ月で22億円超を調達。Relux創業者が背水の陣で挑む、海外旅行DX

コロナ禍で我々の生活は大きく変わりました。人とのコミュニケーション、働き方やライフスタイル、人生の価値観。これまで当たり前のように可能であった旅行もまた、さまざまな制限のなかで行われ、今後もこうした生活スタイルがしばらく続くことが予想されます。 そんななか、旅行・観光業界の多くの課題をデジタルの力を活用して解決し、これまでのスタイルを根底から変えていく「あたらしい旅行代理店」が誕生しました。その名も「令和トラベル」。そして創業したのは、宿泊予約サービス「Relux」を創業した篠塚 孝哉氏。この会社、創業3ヶ月でありながら22億円超を調達し、話題を集めています。なぜ今、海外旅行事業で起業するのか、目指していく「海外旅行業界のDX」とは何か、「あたらしい旅行代理店」が誕生することで生活者の旅行体験はどう変わるのか、篠塚氏にお話を伺いました。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

AIの思考を人間が助ける。AI領域で人気の職種「プロンプトエンジニア」とは何か

プロンプトエンジニアという言葉をご存知でしょうか。英語圏では2021年頃から盛り上がりを見せている職種の一つで、中国でも2022年の夏頃からプロンプトエンジニアの講座が人気を呼んでいます。今回は、プロンプトエンジニアとは何か、どうトレーニングすればよいのかについて、日本国内でプロンプトエンジニアの採用と教育を実施している株式会社デジタルレシピ 代表取締役の伊藤 新之介氏に解説していただきました。

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

企業文化の変革から始まる「みずほの挑戦」。みずほFG執行役員 秋田夏実氏×立教大学ビジネススクール田中道昭教授【後編】

国内外の金融機関と前職のアドビを含め、主にマーケティングや広報領域で手腕を発揮してきた秋田夏実氏。2022年5月に入社したみずほフィナンシャルグループでは、これまでのキャリアから一新して、グループCPO(Chief People Officer)とグループCCuO(Chief Culture Officer)を務め、組織と企業文化の改革に挑戦をしています。立教大学ビジネススクールの田中道昭教授とともに、企業に求められるダイバーシティとエクイティ、ジェンダー問題について意見を交わしました。 後編は秋田氏がグループCPOとして手がけてきた施策、みずほフィナンシャルグループが考えるダイバーシティとエクイティ、これからの企業と従業員の関係性についてお話をうかがいます。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

東芝の舵を取る新社長 島田太郎氏が見据える復権の鍵に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が迫る【前編】

2022年3月に東芝の代表執行役社長 CEOに就任した島田太郎氏。デジタル分野のトップを務めた島田氏は、「東芝でデジタルが分かる初めての社長」として就任時から大きな注目を集めています。 昨年開催された「Digital Shift Summit 2021」では「日本企業がデジタルシフトでGAFAに打ち勝つ方法」というテーマの鼎談に立教大学ビジネススクールの田中道昭教授と、デジタルホールディングス代表取締役会長の鉢嶺登氏とともに参加し、東芝および日本企業の未来についての展望を語っています。 島田氏は、日本を代表する企業である東芝でどのような事業を強化し、どう舵取りをしていくのか。東芝が目指すDXの形や、プライバシーを最優先した次世代のデータビジネスとはどのようなものなのか? また、東芝および日本企業がGAFAに打ち勝つためにできることとは。社長に就任した島田社長が抱くビジョンに迫ります。 前編は島田氏が社長に就任してからの変化、東芝が手がけるスマートレシート躍進の理由と将来の展望、ナノエコノミーの可能性などについてお話をうかがいます。

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

日本5社目のユニコーンと報じられた「Opn」。世界を舞台に急成長を遂げるフィンテック企業の展望とは

伝説の幻獣である「ユニコーン」になぞらえて、企業価値評価額の高いスタートアップを評する言葉、「ユニコーン企業」。アメリカや中国でその数が増え続けている一方で、日本では未だ、少ない状況にあります。そんななか、2022年5月にシリーズC+ラウンドで1億2,000万ドルを調達し、日本5社目のユニコーンと報じられた企業があります。それが創業からグローバルを視野に事業を営み、東京やバンコクなどアジア6カ国を拠点とするフィンテック企業、Opn株式会社です。 さらに資金調達と同時に、ビジョンと戦略を刷新。無駄を削ぎ落し、鋭さの増した同社の成功を支える組織とプロダクトの強み、次に目指す世界について、創業者であり、代表取締役CEOを務める長谷川 潤氏にお話を伺いました。

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

「8割以上の精度で、赤ちゃんが泣く理由が判明」CES2021イノベーションアワード受賞。注目の日本発ベビーテック企業とは

テクノロジーの力で子育てを変えていく。そんなミッションを掲げ、泣き声診断アプリや赤ちゃん向けスマートベッドライトなど、画期的なプロダクトを世に送り出してきたファーストアセント社。「CES2021 Innovation Awards」を受賞するなど、世界的に注目を集めるベビーテック企業である同社の強さの秘密とは。服部 伴之代表にお話を伺いました。

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

世界のMaaS先進事例7選。鉄道・バス・タクシーなど交通手段を統合したサブスクモデルも!

国内でMaaS(Mobility as a Service)実証が活発化している。新たな交通社会を見据え、既存の交通サービスの在り方を見直す変革の時期を迎えているのだ。 交通社会は今後どのように変わっていくのか。MaaSの基礎知識について解説した上で、海外のMaaSに関する事例を参照し、その変化の方向性を探っていこう。

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国EV市場を席巻する、三大新興メーカーを徹底分析。脅威の中国EVメーカー最新事情・後編【中国デジタル企業最前線】

中国企業の最新動向から、DXのヒントを探っていく本連載。今回は、ガソリン車に代わるモビリティとして期待が高まるEV(Electric Vehicle=電気自動車)と、その核とも言える自動運転技術で世界をリードする中国の強さに迫ります。前編では「EV先進国」の名を欲しいままにしているその理由を、国の政策や技術の面から探ってきました。後編となる今回は、自動車産業に参入してきた新興メーカー3社を紹介するとともに、日本の立ち位置の考察、中国が抱える課題を話題に進めていきます。

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

デジタル戦略で生まれ変わるカインズ。ホームセンターからIT小売企業への変遷の軌跡【前編】

生産労働人口の減少を受け、日本企業はいよいよ生き残りをかけたデジタル化に取り組まなければいけないと言われるフェーズに入ってきました。とはいえ、それができている企業とそうでない企業との差が激しくなっているのも現状です。 そんななか、ホームセンター大手カインズでは、40年かけて積み重ねてきたホームセンターとしてのあり方を見直し、IT小売企業として生まれ変わろうとしています。カインズでデジタル戦略本部長を務め、戦略の指揮をとる池照 直樹氏に、同社のデジタル戦略についてお話を伺いました。 前編は、カインズがどのようにしてデジタル化を実現させていったのか、具体的な取り組みを交えてお届けします。

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

コロナ禍でラジオが復権!? 民放ラジオ業界70年の歴史を塗り替えたradiko(ラジコ)の「共存共栄型 DX」とは

Clubhouseをはじめ、新勢力が次々と参入し、拡大を見せる音声コンテンツ市場。その中で、民放開始から70年の歴史に「大変革」を巻き起こしているのが“ラジオ”です。放送エリアの壁を取り払う、リアルタイムでなくても番組を聴けるようにするといった機能で、ラジオをデジタル時代に即したサービスに生まれ変わらせたのは、PCやスマートフォンなどで番組を配信する『radiko(ラジコ)』。今回は、株式会社radiko 代表取締役社長の青木 貴博氏に、現在までのデジタルシフトの歩みと将来の展望について、お話を伺いました。