JR 武蔵境駅で7月30日、無人コンビニがオープン セルフレジを活用したキャッシュレス化を導入へ

株式会社 JR 東日本リテールネットは、セルフレジを活用したキャッシュレス・無人店舗をNewDaysとして初めて、2019 年7月30日(火)に JR武蔵境駅nonowa改札口にオープンする。今後、首都圏のNewDaysでセルフレジを活用したキャッシュレス・無人店舗を展開していくとのことだ。
1.新しい NewDays のカタチ
エキナカコンビニの先駆者として培ったノウハウを加え、今まで以上に便利・スピーディーに店舗を利用できる店づくりを行うという。また、店舗運営を通じて課題を抽出し、実用化・水平展開を目指す。

≪店舗の特徴≫
・有人レジを設けず、会計はすべてセルフレジとなる。
・通常のNewDaysと同様に、店内で商品を選び、セルフレジにて利用者自身で決済する。
・セルフレジでは、Suica等交通系電子マネー、クレジットカードが使用可能。
・エキナカコンビニとして導入を進めてきたセルフレジを活用することで、レジに店員を配置せずに、店員は品出しや商品の案内・利用者が買物しやすい環境を整え、店員にしかできないサービスへ注力ができる運営体制を目指す。
・店舗入口には店頭ステッカーにてキャッシュレス店舗であることを明示する。
※たばこ・酒類の販売、値引・割引クーポン券、収納代行・チケット等のサービス全般は取り扱わない。

≪店舗概要≫
店舗名称:NewDays 武蔵境 nonowa 口
住 所:東京都武蔵野市境南町 2-1-28 nonowa 武蔵境
店舗位置:武蔵境駅 nonowa 口改札外
営業時間:7:00~22:00 店舗面積:25.2 ㎡ (売場面積 18.2 ㎡)
2.その他の取組み
⑴ 自動発注を活用した廃棄ロスの削減
本店舗を含むNewDays店舗にて、店舗における複雑な発注業務においてシステムを活用し、過去の販売履歴・気候や気温を考慮して自動的に発注推奨数量を算出し、在庫過多による廃棄ロス削減を実現するという。
刻々と変化する利用者のニーズと社会情勢に対応するために、作業生産性を向上させるとともに、魅力ある売場づくりと環境に優しい店舗を目指す。
⑵ デジタルサイネージの導入
JR 東日本エリアで900台以上の導入実績があるデジタルサイネージ「NewDays ビジョン」を「NewDays 武蔵境 nonowa 口」店にも導入し、駅の広告価値向上・地域メニューや新商品情報配信を行い、店舗のみならず駅利用者の価値向上へ繋げる。