FLASH NEWS

JR東日本グループ、新型のセルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダー・キオスク)」を初導入 スマホ事前注文・セルフ注文対応で駅ナカの混雑緩和と人手不足の解決へ

ジェイアール東日本フードビジネス株式会社(以下「JR東日本フードビジネス」)と株式会社Showcase Gig(以下 「ショーケース・ギグ」)は、JR東日本スタートアップ株式会社(以下「JR東日本スタートアップ」)サポートのもと、9月4日(水)より東京都豊島区のR・ベッカーズ池袋東口店に、新型の次世代セルフ注文決済端末「O:der Kiosk(オーダー・キオスク)」を初めて導入する。同店舗は、これまでにスマートフォンなどから事前注文・決済ができるモバイルオーダーサービス「O:der(オーダー)」を取り入れており、今回の端末導入により、事前注文とセルフ注文の2つに対応した“未来型店舗”の第一号となる。
「O:der Kiosk(オーダー・キオスク)」は、JR東日本グループと、ショーケース・ギグが共同開発した新型のセルフ注文端末で、クレジットカードや交通系電子マネーなどマルチ決済に対応している。同店舗では、この端末により、利用者のレジの待ち時間を軽減できるほか、注文した商品の調理進捗を店内のデジタルサイネージで確認することができるようになる。さらにモバイルオーダーサービス「O:der」を活用すれば、待ち時間なく商品を受け取ることも可能だ。

店舗としては端末の導入で、注文受付や会計業務を軽減でき、店舗オペレーションの効率化、省人化を図れるため、飲食業界で大きな課題となっている人材不足の解決にもつながる。なお、R・ベッカーズ池袋東口店においては、この端末を導入することで、1人分のレジ人員削減ができる見込みだという。

JR東日本グループでは、今後もこうした未来型店舗を増やしていくほか、急増する外国人旅行客に対応するため、端末の多言語化を計画しており、ベンチャー企業の技術とJR東日本グループの持つ資産をかけ合わせ、さらなる駅ナカの利便性向上を推し進めるとのことだ。

【セルフ注文決済端末「O:der Kiosk」を導入する未来型店舗の概要】
■導入店舗:R・ベッカーズ池袋東口店
■所在:東京都豊島区南池袋1丁目28-2、JR池袋駅 改札外 東口1階
■導入台数:2台
■導入後の営業開始日時:2019年9月4日(水)11:30より
■営業時間:
平日/6:30~23:30(金曜~25:00)土/5:00~25:00  日/5:00~23:30
■定休日:年中無休

【セルフ注文決済端末「O:der Kiosk」概要】
■端末名称:O:der Kiosk(オーダー・キオスク)
■端末仕様:大きさ 縦96.2cm×横47cm(スクリーン 縦59.8cm×横33.5cm)
■開発主体:JR東日本スタートアップ、ショーケース・ギグ
■対象商品:フードやドリンクなど昼メニュー(約60種類)
※今秋より、朝・夜メニューを追加予定。※対象商品は変更になる可能性がある。
■対応言語:日本語 ※今秋より、英語版を追加予定
■対応決済方法:Suica等の交通系電子マネー、クレジットカード
■サービス紹介URL:https://www.oderapp.jp/product/#Kiosk
■利用の流れ
【スマホ事前注文・決済サービス「O:der」概要】
■対象商品:フードやドリンクなど店内の一部メニュー(約60種類)
※対象商品は変更になる可能性がある。
■対応決済方法:クレジットカード
■R・ベッカーズ注文専用ページ:https://beckers.oderapp.jp/#/
■利用の流れ