Today's PICK UP

セシルマクビーが、服の無料レンタルを開始。ユーザーはSNS投稿で服を販売可、10%が還元

「セシルマクビー(CECIL McBEE)」を運営する株式会社ジャパンイマジネーションは、株式会社SPRING OF FASHIONが運営する、無料で店内にある服を着て外出できるサービス「KITEKU」(キテク)を2019年11月22日より、セシルマクビー渋谷109店にて導入する。

SNS投稿で報酬も。無料で服をレンタルできるサービス「KITEKU」

KITEKUは、利用者が無料で店内にある服を来て60分間外出できる日本初のサービス。

利用者は60 分間に写真を撮影して、指定されたURLと共にSNSに投稿して着用した洋服を販売することができる。商品が購入されると販売価格の10%を報酬として受け取ることができ、さらにインスタグラムに投稿した写真についた1いいね=1円を受け取ることができる。サービスはSNSのフォロワーの数に関係なく誰でも利用が可能だ。

SNSでの投稿は必須ではないが、2019年に株式会社三陽商会の運営するLOVELESS青山店にて行ったテスト運用ではサービス利用者の100%がSNSで投稿を行っているという。

レンタル時には電話番号認証を実施することで、利用者の身元情報を取得し盗難対策も行っている。

購入者のトランザクションは全てアパレル企業が運営するECにて行う為、アパレル企業が顧客データを取得できるスキームとなっている。
出典元:プレスリリースより
アパレル企業は、消費増税や宣伝広告費の低下、さらにファッション流通のEC化やフリマアプリの登場により、実店舗での売り上げや新たな流通網の開発に力を入れている。

実店舗での“試着”はアパレル企業にとって洋服の購入につながる重要な工程であるにも関わらず、購入のプレッシャーからハードルの高いものとなりつつあるが、KITEKUを活用することで、写真撮影やSNS投稿など“コト消費”を目的とする試着を消費者に促すことができる。

実施概要

店舗名:セシルマクビー渋谷109店
住所:東京都渋谷区道玄坂2丁目29 1SHIBUYA109 2F
開始日:2019年11月22日(金)から一年間の実施を予定
※2020年1月中旬頃までは平日のみ。その後全日程で実施に変更予定。雨天の日は不可
営業時間:10:00~21:00
貸出受付:10:00~17:00 ※最終返却18:00
レンタル:60分間
利用:誰でも利用可能
対象商品:洋服とバッグ全商品 ※アクセサリーと靴を除く

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。