Today's PICK UP

コロナショックで「追い風の業界」「向かい風の業界」が公開 100サイトを調査、訪問数が前年比10倍も

株式会社WACULの社内研究所であるWACUL Technology&Marketing Lab.は、コロナショックがデジタルマーケティングの観点でどこまで影響を与えたのかをまとめたレポートを公表した。

■コロナショックの風は業界別に二極化

コロナショックに見舞われる世界経済。三密業界はネガティブな影響を受ける一方で、リモートワークに必要なサービスを提供するB2Bクラウド業界は活況に湧いている。同社は「AIアナリスト」を2020年4月30日現在で、日本のWebサイトを中心に3.2万サイト以上に提供し、1ヶ月で約47億セッションのデータを保有している。そこから見えるデジタルマーケティングの動向について、WACUL Technology&MarketingLab.がレポートを発行した。

■コロナショックはどれだけ強く吹いたのか

今回、特にコロナ禍で影響を受けたであろう3業界や14セグメントの中で、コンバージョンポイントが極端な事例ではない100サイトをピックアップして、分析を行ったという。中でもテレビ会議ツールなどはコロナ禍でWeb経由でコロナ以前の10倍以上の見込み客を獲得している。一方、旅行代理店のようにコンバージョンが9割減というセグメントもある。これらの“コロナの風”が吹いた業界に属する企業にとって、自社が競合に対して追い風をしっかりと受けられているのか、もしくは向かい風をうまくいなすことができているのか、それを知る指標となる。

<調査対象業界及びセグメント>
・B2Bクラウド業界
ECパッケージ、グループウェア、テレビ会議、営業・マーケ、事務効率化、情報収集、HR-Tech、
・ブライダル業界
フォトウェディング、プランナー、結婚指輪、
・旅行業界
ポータル、レジャー施設、宿、旅行代理店
出典元:プレスリリース
レポートの全文はこちら

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。