Today's PICK UP

NTTグループ、勤務情報の申請や承認をビジネスチャットのスタンプで済ませるサービスを提供へ

NTTテクノクロス株式会社は、株式会社エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(以下、NTTデータ イントラマート)が提供するシステム共通基盤「intra-mart」とビジネスチャットを連携させ、業務における申請や承認をチャットから手軽に実行可能にし、システム上で管理できるサービスを2020年6月1日から提供予定だ。

■背景

昨今、テレワークが推奨される一方で、派遣社員やアルバイトなどの全従業員を対象にしたテレワークや時差出勤の活用では、始業・終業の報告など勤務情報の管理が課題になっている。「何時まで勤務したか」「適切な休憩時間を確保できているか」などの情報を正しく管理するために、電話やメールで証跡を残すことは可能だが、手間が増えてしまうという問題もある。また、「書類提出のため」「ハンコを押すため」だけに出社するという状況もテレワーク推進の妨げになっている。

NTTテクノクロスは、導入実績7500社超のintra-martのワークフロー管理機能と、リアルタイムのコミュニケーションを可能にするビジネスチャットを連携させることで、手軽な申請・承認作業を実現し、働く場所や時間にとらわれない柔軟な働き方を推進する。
出典元:プレスリリース

■特長

(1)スタンプで勤務情報を申請・承認

ビジネスチャットで事前に設定したスタンプを送信するだけで、始業・終業・休憩など勤務状況の申請が可能。管理者はスタンプを返信するだけで申請を承認できるため、リアルタイムかつ正確な勤務状況の管理を簡単に実現する。このほか、スタンプ送信をきっかけに業務日報などの情報をintra-mart上に登録することもでき、移動の際に申請するなど時間の有効活用にもつながる。intra-martとビジネスチャット以外に、始業・終業などの打刻用アプリケーションや専用機器は導入不要のため、新たな操作を覚える手間を省略でき、導入直後でも簡単に利用可能だ。

(2)書類の押印もチャットで

認印などの押印処理が必要な書類のデータ(PDF)をintra-martを利用して申請すると、承認者にビジネスチャットから通知が届く。承認者は申請された書類と説明情報をチャットから閲覧でき、スタンプを返信するだけで、事前に設定していた印影が添付書類の指定の位置に押印される。ビジネスチャットはパソコンを開かずに、スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末でも操作可能なため、在宅勤務先や外出先からでも手軽に承認作業ができ、多様なテレワークの推進に貢献する。

(3)intra-martで一元管理し、分析も可能

連携しているビジネスチャットを利用して申請された情報はintra-mart上でも閲覧、承認できるなど一元管理が可能。勤務情報については、組織や個人単位の状況をグラフにして時系列で把握できるため、勤務時間の増減の把握も可能となり、労働環境の最適化にも生かせる。申請・承認データを外部出力し、必要なデータを別の勤務管理システムに取り込んで利活用することも可能だ。

■intra-martとは

NTTデータ イントラマートが提供するBPM(ビジネスプロセスマネジメント)/ワークフロー/ルールエンジンにより、既存システムと連携しながら業務の流れをワンストップで一元管理し、自動化・効率化も進めるとともに内部統制を強化するシステム共通基盤。幅広い業務プロセス処理、既存システム連携にも対応し、グローバルを含めた全社規模の統一基盤として利用できる。

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。