Today's PICK UP

「音声テック業界カオスマップ 2020年度版」が公開 文字起こし・議事録作成、音声認識などのサービスが並ぶ

エピックベース株式会社は、リモートワークで参考となる音声テック関連サービスのカオスマップを公開した。
出典元:プレスリリース

■カオスマップ作成の背景

昨今、コロナウィルスの影響で働き方が強制的に変化を強いられる中、この1〜2ヶ月で多くの音声テックのプレーヤーが出てきた。とりわけ、文字起こしや音声を議事録作成に活用するサービスは毎週のように提供するプレーヤーがプレスリリースを発出している。音声テックが注目される今、カオスマップを作るべきタイミングだと考えたとのことだ。

■本カオスマップの掲載基準

・2020年5月末時点でリリース済みのサービスやプロダクト
・サービスロゴのあるものを掲載

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。