Today's PICK UP

ヤフー、「就業型インターンシップ」を完全オンライン開催へ 就業体験が減少することを防ぐ

ヤフー株式会社(以下、Yahoo! JAPAN)は、技術職(エンジニア、デザイナー)を対象としたオンラインでの就業型インターンシップ開催を決定したと発表した。このインターンシップは、ポテンシャル採用活動の一環として、2020年8月下旬より順次開催する。募集期間は7月3日(金)まで。
現在、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、合同説明会やインターンシップを中止する企業が出るなど、学生の就職活動への影響が出ている。株式会社マイナビの調査によると、インターンシップに応募したことがある学生は93.8%、参加したことがある学生は84.9%と、インターンシップは学生にとって重要な就業体験になっている。

Yahoo! JAPANのインターンシップは、実際の業務を通して、学校で学んだ知識を発揮してもらうために、複数のコースを用意し、パソコンの貸与のほか、社員用のメールアドレスを発行し、社員と同じ環境で就業を体験する。昨年度のインターン終了後のアンケートでは、97%の学生が「非常に満足」または「満足」と回答するなど、例年好評だという。

Yahoo! JAPANは、新型コロナウイルス感染拡大の影響に関わらず、就活生に対して、例年通り就業体験できる機会を提供し、働くことについて実感を持って考え成長の機会にするとともに、就業体験機会の低減に対する学生の不安を払拭したいとの想いから、在宅勤務を前提としたオンライン形式に切り替えたインターンの実施を決定したとのことだ。在宅での勤務に伴い、通勤による感染リスクの心配もなく、学生の居住地にかかわらず参加しやすくなるという。

インターンシップ概要
<募集人数>
約70名

<給与> 
時給1,300円(10,075円/日)

<就業時間>
10:00〜18:45(休憩1時間含む)

<主なコース>※全35コース予定
・「Yahoo!ショッピング ユーザー体験向上を目指してチームで企画&開発」コース 
日程:2020年8月31日(月)~2020年9月4日(金)(5日間)
ストア数・商品数、取扱高ともに年々成長しているYahoo!ショッピングのユーザー体験向上のための改善案を検討し、企画提案からサービスの開発・デザインまで、一連の業務に取り組む。
予定人数:4名

・「Yahoo! JAPANトップページ スキルに応じた実践的な課題に挑戦」コース 
日程:2020年8月31日(月)~2020年9月30日(水)(期間内、任意で10日間)
Yahoo! JAPANトップページのタイムラインなどに関連する記事集約基盤および配信システムの開発、ユーザーの利用状況や行動理解等の分析・可視化や、データサイエンスを用いた改善業務に取り組む。
予定人数:4名

・「広告 データ分析で広告配信量の予測精度を改善」コース 
日程:2020年8月31日(月)~2020年9月30日(水)(期間内、任意で10日間)
Yahoo! JAPANの広告商品には、広告主が事前に配信期間と配信量を決めたうえで予約購入できる商品があり、本コースでは、この広告配信量の予測の精度改善に取り組む。
予定人数:1名

<応募資格>
18歳以上30歳以下の現在在学中(高校生を除く)の人

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。