Today's PICK UP

LINE、「デジタルトレーディングカードプラットフォーム」を今夏に提供へ アーティストやアイドルなどのコンテンツをオンラインで販売・トレード

LINE株式会社は、様々なジャンルの写真・音声・映像をコレクションできるデジタルトレーディングカードプラットフォーム「VVID(ビビッド)」を今夏より提供すると発表した。
LINEでは、音楽ストリーミングサービス「LINE MUSIC」、ライブ配信サービス「LINE LIVE」、電子コミックサービス「LINEマンガ」など、様々なエンターテイメント事業を展開している。これらのサービスは、コンテンツのデリバリー方法やユーザーとのマッチングなど、従来のフォーマットに捉われることない事業として展開しており、「新しい文化」を作りながら、今もなお成長し続けているという。

日本におけるデジタルコンテンツ産業の市場規模は12兆円を超えるなど、年々増加している。また、昨今の新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、オンライン上で楽しめるデジタルコンテンツの需要は高まっており、アフターコロナの時代に合った新しいエンターテイメントの楽しみ方が必要となっている。一方、複製や不正な二次流通での高額転売により本来の権利元への利益が還元されないなどビジネス面での課題や、デジタルでは所有欲が満たされないなどユーザー面での課題も少なくない。

2020年夏より展開するデジタルトレーディングカードプラットフォーム「VVID(ビビッド)」では、アーティストやアイドル、コスプレイヤーなどの人物をはじめ、アニメ、映画、ホビーなど様々なコンテンツをオンラインで販売し、“コレクションできるデジタルトレーディングカード”を展開する。既存の写真をそのままデジタルカード化するだけでなく、アイドルやアーティストが笑いかけてくるカード、アニメ・漫画のワンシーンを切りとった動くカードなど、デジタルならではの特性を活かしたインタラクティブなカードを楽しむことができるとのことだ。
出典元:プレスリリース
また、スマホの画面を“指で擦る”ことで隠れていた画像が見れたり、スマホを傾けることで人物の表情が変わったりする特殊なカードも展開、「VVID」だけで楽しめるラインナップを用意する。さらに、ファン同士でトレーディング(交換・二次流通)が可能となっており、日本はもちろん、今後はグローバルを含めた展開を予定しているという。そのほか、DRM機能の導入によるスクリーンショット防止や、デジタルカードの発行No.による管理によって、複製防止やコンテンツ保護を行い、不正な二次流通を防ぐ。

■デジタルトレーディングカードプラットフォーム「VVID」概要

・アーティストやアイドル、アニメ等のコンテンツをオンラインで販売。今後はトレードも可能。
アーティストやアイドル、アニメ、漫画など、様々なジャンルの写真や動画がデジタルカードになって登場する。また、今後は、コレクションを集めるファン同士のトレーディング(交換・二次流通)も展開予定。

・手に入れることが難しい限定コンテンツが多数。デジタルカードならではの、仕掛けもたくさん!
普段公開されていないオフショットの写真や動画など「VVID」でしか見ることができない撮りおろし写真も。スマホの画面を“指で擦る”ことで隠れていた画像が見れたり、スマホを傾けることで人物の表情が変わったりする特殊なカードも展開する。

・複製防止やコンテンツ保護により、エンターテイメントの資産を守る。
DRM機能の導入によるスクリーンショット防止や、デジタルカードの発行No.による管理によって、複製防止やコンテンツ保護を行い、不正な二次流通を防ぐ。

■VVIDで展開するデジタルカードのカテゴリ

アーティスト・アイドル
タレント、モデル、俳優
インフルエンサー、クリエイター、コスプレイヤー
アニメ・キャラクター
映画・ドラマ
趣味・乗り物 など

人気の記事