Today's PICK UP

不動産業界で「AIが住みたい街を提案する」サービスがリリース いくつかの質問から最適な街をレコメンド

ハウスコム株式会社は、株式会社レッジと共同で「ハウスコム ライフスタイルサーチ」をリリースしたと発表した。本サービスは、2019年12月に開催した「第3回大学生ビジネスコンテスト」優勝チーム「ホシカナ」が提案した『″家ではなく、街に住む″ためのスコアリングサービス』を具現化したもの。

■「ハウスコム ライフスタイルサーチ」について

いくつかの質問に答えることによって、個人の生活スタイルに即した「住みたい街」「好きになれる街」を提案するサービスだ。全国約1万人の趣味嗜好傾向データと街のデータをかけ合わせて、AIがその人の「住みたい街」「好きになれる街」を診断し、間取りや賃料といった「部屋」「家」に関する情報につながっていく。引越し先である「街」に関する情報を提案する。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■今後の展開

不動産業者と部屋さがしをする人にとって長年の課題となっており、しかも各々が課題として認識できていなかった「部屋の条件だけでは本当に自分に合う住まいに出会えない」という問題に向き合い、解決へ近づけていくためのひとつのツールとなることを目指して、ユーザー属性(性別・家族構成・職業など)や街のこだわり評価(治安・おしゃれ感・買い物施設・医療施設など)といったさらに詳細なデータを学習するフェーズへの移行を想定しているという。

ハウスコムでは今後も定期的に大学生ビジネスコンテストを開催し、同社スタッフや不動産業界にとどまらず、大学教授や他業界のビジネスパーソン、ベンチャー企業を含めたさまざまな企業、地域やNPOといったさまざまな立場の人と連携・協業して、学生のフレッシュな事業アイデアを具現化する活動を継続するとのことだ。

<参考「ハウスコム ライフスタイルサーチの学習・サジェストモデル」>
出典元:プレスリリース

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。