Today's PICK UP

名刺情報と外部情報に基づきコミュニケーションを可視化する機能が提供開始

株式会社ランドスケイプは、株式会社リコーが保有する名刺に関する特許において独占的なライセンス(専用実施権)を取得した。この独占的ライセンスは、名刺情報と名刺以外の外部情報を用いて、未接触の人物を特定、可視化するもの。ランドスケイプは、この独占的なライセンスを取得した特許権に基づく機能と共に、独自に開発した未取得名刺の可視化機能「名刺将棋」を、名刺管理ツール「ユー名刺(u名刺)」に搭載して提供を開始すると発表した。

■未取得名刺の可視化機能「名刺将棋」について

「名刺将棋」は、クライアント企業の未接触者を含む担当者と自社の従業員を日本将棋の棋譜のように対局に配置し、名刺情報の閲覧回数や、名刺登録数などの情報を利用し、線の太さや色の濃淡でコミュニケーションの状況を可視化できる機能。プロジェクト担当別での組織内の重要人物の特定や、未接触者へコンタクトするための最短経路、部署や役職を軸にコミュニケーションなどをビジュアル的に把握することが可能だ。「名刺将棋」は、名刺管理ツール「ユー名刺」に搭載する。
出典元:プレスリリース

■名刺将棋の活用シーン

従来、コンタクトを取りたい人物と直接的なつながりがなければ、実際にその人物とコンタクトをとることは困難なことが多くあった。この「名刺将棋」の機能を搭載した「ユー名刺」であれば、自分の名刺交換履歴だけでなく、展示会やセミナー、資料請求、ニュース記事、人事異動情報、有価証券報告書の役員情報、ヒアリング情報、Webクローリング情報など自分の名刺以外の他から収集した様々な情報も一元管理し、つながりを有する人物を線の太さや色の濃淡で表現できるので、未接触者の把握や、コンタクトを取りたい人物とのつながり経路を容易に把握できるという。

また連絡経路を介してコンタクトを取ることができるように構成しているだけでなく、ランドスケイプが提供する日本最大の企業データベース「LBC」が持つ企業属性(業種や売上規模など)や、CRM/SFAやMAツールなどの行動履歴(購買・商談履歴やメールクリック履歴など)とも顧客データ統合ツール「ユーソナー(uSonar)」を通してデータ連携し、包括的に顧客の状況を把握できるため、より効率的な営業展開が可能になる。

■今後の展開について

ランドスケイプは、従来の名刺管理ツールの領域を超え、企業に紐づく部署や担当者ベースで様々な外部データと連携し、一元化を図り、多くのクライアント企業がより効率的な営業展開を実現できる環境の構築を目指すとのことだ。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。