Today's PICK UP

AI画像解析を使用した「ガードレール支柱腐食点検システム」が開発

凸版印刷株式会社、株式会社イクシス、株式会社ケー・エフ・シーは、ディープラーニングによるAI画像解析技術を活用し、ガードレール支柱の腐食部分を検出する「ガードレール支柱腐食点検システム」を開発したと発表した。
本システムは、高速(80km~100km/時)で走行する車両から撮影したガードレールの支柱の動画をAIで解析し、全支柱への個体番号の採番および腐食の有無を自動検出することで、補修が必要なガードレールの腐食箇所を簡易的かつ迅速に自動判定できる。交通規制を行わずに補修個所を特定することが可能で、点検作業の負荷を低減させる。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■3社の役割

凸版印刷:本システムの拡販と 一般道路・鉄道・公共建物などの点検システムへの用途展開・販売
イクシス: ガードレールや他の産業インフラ・社会インフラへのAI画像解析技術の提供・販売
ケー・エフ・シー: 本システムの販売とそれに連動したガードレール支柱の補修材(GPR工法)の提供

■開発の背景

道路の安全性維持管理において、舗装路や道路付帯設備は交通規制をかけて詳細点検および補修を行っている。技術者の目視による点検は作業時間がかかり、交通規制を行う作業員が必要で、コスト面での大きな課題があったという。

今回凸版印刷、イクシス、ケー・エフ・シーの3社は、AI画像解析技術を用いて、パトロールカーに搭載したカメラでガードレールの支柱を動画で撮影し、腐食部分を点検することができる「ガードレール支柱腐食点検システム」を共同開発した。本システムの導入により、交通規制や作業員による実点検をすることなく、効率的かつ定量的に腐食部位の特定および判定が可能になる。また、多くの人員を集める必要がなく人手を最低限に留めることができるため、新型コロナウイルスの感染対策としても有益だという。

■「ガードレール支柱腐食点検システム」の特長

・点検業務の自動化により、点検コストの削減と効率化を実現
車両にカメラを搭載し、高速(80km~100km/時)で走行しながらガードレールの支柱を撮影することで、交通規制をかけることなく点検することができ、多くの人員を集める必要がなく人手を最低限に留めて大幅なコスト削減に貢献する。

・AI画像解析技術活用により、経年劣化の自動検出が可能
ディープラーニングによるAIを活用した支柱の欠陥検出や検出精度の向上により、補修の要・不要を定量的に自動判定することが可能。また、本システムを継続的に利用することで、インフラの経年劣化の自動検出にも展開が見込める。

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。