Today's PICK UP

JAL、AIで移動経路を最適化するシャトルサービスとの連携を開始

日本航空株式会社(以下、JAL)と、株式会社NearMe(以下、ニアミー)は、AIの活用により、空港と自宅や目的地を、スムーズでリーズナブルに結ぶ、安全・安心な移動サービス実現に向けて2020年9月7日から連携を開始すると発表した。
JALは将来の成長戦略として策定した「JAL Vision」の中で「一歩先を行く価値を創る」ことを掲げ、「すべてのお客さまに対するストレスフリーな移動の提供」に向けた取り組みに注力している。ニアミーは、予約した一人一人の行き先や到着希望時間帯を基にした同乗者のマッチングと、それぞれの行き先から、最も効率的な移動ルート設定が可能なAIを活用し、リーズナブルなドアツードアの移動を実現するオンデマンド型シャトルサービス「スマートシャトル」を提供している。

両社の連携により、航空機を利用する前後でシームレスな移動を提供。また、新たに「スマートシャトル」のサービスを開始した那覇空港では市内への移動手段の選択肢を増やすことで、空港での待機時間を解消し、滞在時間を効率的に使うことができる。

今回、連携の第一弾として、JALのWebサイトを経由した特設サイトから「スマートシャトル」を予約できるサービスを開始する。さらに、両社の連携を記念し、ニアミーのサービス利用でマイルがたまるキャンペーンを実施する。

■連携概要

利用方法:
JALとニアミーの共同特設サイト経由での予約(利用希望日の前日まで)
共同特設サイトより予約し、乗車後のアンケートにJALマイレージ番号を入力・回答した人に所定のマイルが積算される。

発着点:
①那覇空港と那覇市内の対象エリア間
②都内15区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、豊島区、江戸川区(順不同))と成田空港/羽田空港間

使用車両 (予定):
ハイエースなどのバン(最大9人乗り)、人数が少ない場合はセダン
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。