Today's PICK UP

JAL、AIで移動経路を最適化するシャトルサービスとの連携を開始

日本航空株式会社(以下、JAL)と、株式会社NearMe(以下、ニアミー)は、AIの活用により、空港と自宅や目的地を、スムーズでリーズナブルに結ぶ、安全・安心な移動サービス実現に向けて2020年9月7日から連携を開始すると発表した。
JALは将来の成長戦略として策定した「JAL Vision」の中で「一歩先を行く価値を創る」ことを掲げ、「すべてのお客さまに対するストレスフリーな移動の提供」に向けた取り組みに注力している。ニアミーは、予約した一人一人の行き先や到着希望時間帯を基にした同乗者のマッチングと、それぞれの行き先から、最も効率的な移動ルート設定が可能なAIを活用し、リーズナブルなドアツードアの移動を実現するオンデマンド型シャトルサービス「スマートシャトル」を提供している。

両社の連携により、航空機を利用する前後でシームレスな移動を提供。また、新たに「スマートシャトル」のサービスを開始した那覇空港では市内への移動手段の選択肢を増やすことで、空港での待機時間を解消し、滞在時間を効率的に使うことができる。

今回、連携の第一弾として、JALのWebサイトを経由した特設サイトから「スマートシャトル」を予約できるサービスを開始する。さらに、両社の連携を記念し、ニアミーのサービス利用でマイルがたまるキャンペーンを実施する。

■連携概要

利用方法:
JALとニアミーの共同特設サイト経由での予約(利用希望日の前日まで)
共同特設サイトより予約し、乗車後のアンケートにJALマイレージ番号を入力・回答した人に所定のマイルが積算される。

発着点:
①那覇空港と那覇市内の対象エリア間
②都内15区(千代田区、中央区、港区、新宿区、文京区、台東区、墨田区、江東区、品川区、目黒区、大田区、世田谷区、渋谷区、豊島区、江戸川区(順不同))と成田空港/羽田空港間

使用車両 (予定):
ハイエースなどのバン(最大9人乗り)、人数が少ない場合はセダン
出典元:プレスリリース

人気の記事

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

日経クロストレンド「トレンドマップ 2020夏」が発表 技術分野は「DX」が躍進

株式会社 日経BPは2020年9月3日、マーケティング&イノベーション専門メディア「日経クロストレンド」が作成した「技術」「マーケティング」「消費」の潮流を見極める「トレンドマップ 2020夏」を発表した。本調査は18年夏、19年冬、19年夏、20年冬に続く5回目、新型コロナウイルスの影響が本格化した20年上半期のトレンド変化を踏まえた初の調査結果となる。