Today's PICK UP

With/Afterコロナの「エンタメビジネス カオスマップ【2020年10月版】」が公開

playground株式会社は、新型コロナウイルスの影響で大きく変化するエンタメ業界の「エンタメビジネス カオスマップ【2020年10月版】」を作成し、公開した。

■カオスマップ作成の背景

いま、新型コロナウイルスの影響を受け、エンタメ業界は大きく変化している。コロナ以前のエンタメ業界は、リアルイベントの需要拡大に伴う「会場不足」や「不正転売対策」が喫緊の課題とされ、デジタルへの投資がなかなか進まない状況にあった。音楽ライブやスポーツ観戦などの「リアルエンタメ」と、ライバーによる生配信を中心とした「オンラインエンタメ」はそれぞれ独自の発展を遂げ、一部プロモーション目的のオンライン活用を除き、リアルとオンラインは分断されていたという。

しかし、新型コロナウイルスの感染拡大に伴ってリアルイベントの開催が困難になったことで、これまでデジタル活用にかかっていたブレーキが破壊。有料ライブ配信をはじめとした、リアルとオンラインを融合させた「OMOエンタメ」(online merges offline)が突如台頭した。playgroundが運営する音楽ライブ配信情報まとめメディア「#おうちライブ」に2020年6-9月の3ヶ月間で2,500件以上もの音楽ライブ配信情報が掲載されたり、サザンオールスターズが無観客ライブで約50万人を集客したりと、「OMOエンタメ」は新たなエンタメの消費スタイルとしてファンに定着しつつあるという。また、ライバーによる生配信を中心とした「オンラインエンタメ」もコロナを受け急伸。既に正常時のリアルエンタメ市場に匹敵する規模に成長しつつあるとのことだ。

このようにコロナを受けて大きく様変わりしたマーケットでは、オンラインの重要性は以前とは比較にならないほど高まっており、オンラインを前提にプレミアム体験としてのリアルを提供していくOMO目線での戦略が業界成長に向けた鍵になると考えているという。

同社は今回、大きく生まれ変わるスポーツ・エンタメ業界の発展に寄与するべく、playground独自の視点でWith/Afterコロナのエンタメ業界を支える各社を「リアルエンタメ」「OMOエンタメ」「オフラインエンタメ」を軸に整理し、「With/Afterコロナのエンタメビジネス カオスマップ【2020年10月版】」を作成・公開したとのことだ。
出典元:プレスリリース

■各カテゴリの動向解説

①リアルエンタメ
With/Afterコロナ時代のリアルエンタメは、「感染予防対策」が重要課題となる。各種新型コロナ感染拡大予防ガイドラインによると、すべての施設で入場時の体温測定が必須となっている。playgroundの「MOALA QR」は、事前に配布したQRコードと顔をiPadにかざすことで、入場時のチケットもぎりと同時に安全に発熱者検知をスピーディーに行うことが可能だ。凸版印刷株式会社は「イベント向け感染症対策ソリューション」を提供している。

②OMOエンタメ
With/Aftterコロナ時代では、オンライン上の新しいコンテンツとリアルイベントを融合させたOMO(online merges offline)イベントが業界成長に不可欠だ。リアルエンタメ各社のライブ配信を支援するべく、ぴあ株式会社が運営するPIA LIVE STREAMや株式会社イープラスが運営するStreaming+など多くの事業者が配信プラットフォームを立ち上げた。一方、吉本興業は自社配信サイト「オンラインチケットよしもと」を立ち上げ、劇場公演をライブ配信としてオンライン上でも販売している。スポーツ分野でも、埼玉西武ライオンズがプリンスホテルと連携し、ホテルの各客室からWeb会議ツールでファン同士が繋がりながら応援できる観戦プランを販売するなど、リアルイベントをオンライン上でファン同士が繋がって楽しむ施策が実施された。今後もこのようなリアルとオンラインが融合した体験の提供が、業界の更なる収益化につながると予想されるという。

③オンラインエンタメ
オンライン上でライバーと直接コミュニケーションが取れるライブ配信市場はコロナ以前から拡大していたが、ICT総研が行った調査によると、コロナ渦で最も利用が増加したITサービスは「動画配信サービス」だったとされているという。 また、イベントが開催できない”タレントやアーティスト”と逢えなくなってしまった”ファン”を繋ぐオンライン握手会や、芸能人やライバーと直接会話ができる「1on1トーク」機能があるアプリも急増している。With/Afterコロナ時代においてオンラインエンタメが衰退する要素はなく、今後も拡大し続けるものと予想されるとのことだ。

人気の記事