Today's PICK UP

PayPay社とジャパンネット銀行、銀行代理業務で業務提携

株式会社ジャパンネット銀行とPayPay株式会社は、銀行代理業務に関して業務提携すると発表した。
ジャパンネット銀行は、2020年12月1日(火)より、ジャパンネット銀行が提供する個人および法人・個人事業主の普通預金口座開設、個人向けカードローン、法人・個人事業主向けビジネスローンに関する業務について、PayPayへの委託を開始する。

今回の委託によりPayPayは、ユーザー向けに提供する「PayPay」アプリや加盟店向けの「PayPay for Business」の管理画面などで、ジャパンネット銀行の個人および法人・個人事業主の普通預金口座開設、個人向けカードローン、法人・個人事業主向けビジネスローンに関する勧誘・契約締結の媒介を行う。なお、PayPayは2020年11月26日付で銀行代理業の許可を受けている。

<PayPayで媒介・勧誘を行うジャパンネット銀行のサービス>
・円普通預金口座(対象:個人、法人・個人事業主)
・カードローン(対象:個人)
・ビジネスローン(対象:法人・個人事業主)
<ジャパンネット銀行とPayPayのこれまでとこれから>
ジャパンネット銀行とPayPayは、これまでも連携しながら両サービスの利便性を高める取り組みを進めてきた。PayPay加盟店向けには、「PayPay」の売上金を入金する口座としてジャパンネット銀行の口座を指定することで、入金手数料の永年無料化や売上金の翌日入金など、店舗のキャッシュレス化を強力にサポートしている。また、「PayPay」ユーザー向けには、PayPay残高をジャパンネット銀行の口座へ出金する際の手数料を無料とするなど、「PayPay」をさまざまなシーンで便利に、お得に利用できるよう取り組んでいる。そして、PayPayとのさらなる連携強化とより利便性の高いサービスを顧客に提供するため、ジャパンネット銀行は、2021年4月5日にPayPay銀行へ商号変更を行う。日本初のインターネット銀行として開業して20年、これまで築き上げてきたものを活かし、「PayPay」ブランドのもと、さらに身近で便利な銀行になることを目指すとのことだ。なお、商号変更は、株主総会における定款変更の決議、関係当局の認可を前提としている。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。