Today's PICK UP

人気ブランドが出店するモール型サブスクリプション・サービスがリリース

株式会社submeeは2020年12月10日、ライフスタイル・サブスクモール「submee」(サブミー)を開設したと発表した。

■サブスクリプションの常識を変えるサブスクモール「submee」

「submee」は、さまざまなジャンルのブランドが出店するモール型のサブスクリプション・サービス。大型ショッピングセンターで買い物するように、お気に入りのブランドが提供する「メニュー」を楽しく選べる。
出典元:プレスリリース

■「submee」で変わるライフスタイル

【submeeライフ】
submeeに行けば、アパレルからコスメ、インテリアなど、さまざまな商品を一気に見て回れる。気になるブランドがあったら、新作を定期的に届けてくれる。月額料金だから一度の支出を抑えられる。知らなかったブランドも気軽に試せる。

【ユーザーのイメージ】
出典元:プレスリリース

■生活シーンに応じたサブスクリプション形態を用意

・ 定期購入型:商品を定期的に届ける。商品の返却は不要。
・ 定期利用型:商品を定期で利用できる。利用期間終了時に予め定めた残価での買い取りもできる。

■「submee」に出店するブランドのメリット

1) 初期費用無料、月額固定費無料
販売金額に応じた手数料だけの従量制課金制度。
2) ブランド・コンセプトを訴求
ブランドの特徴をきちんと打ち出せる。同社がメニュー開発のアドバイスもする。
3) オムニ・チャンネルを強化
実店舗とECに続く3本目の新しい販売チャネルを確立できる。
4) 計画生産により在庫圧縮
submeeのユーザーが増えれば、事前に需要が読めるようになる。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。