Today's PICK UP

LINE、接客から決済まで一貫して提供可能になる「LINE Pay 支払いリンク」を提供開始

LINE Pay株式会社は、先日開催した「LINE DAY 2020」で発表した加盟店向け新サービス「LINE Pay 支払いリンク」を、2020年12月10日より正式に提供開始すると発表した。
新規・既存加盟店を問わず、利用を希望する事業者は、申請フォームから申請することで、利用料無料で利用できる。LINE公式アカウントと連携すれば、ショッピングサイトの立ち上げや通販対応へのハードルが高く感じられていた事業者も、「LINE」上で接客から決済までを難しい開発なしで提供可能になる。

■「LINE Pay 支払いリンク」とは

新型コロナウイルス感染症の流行で多くの店舗が営業自粛を強いられた今年、加盟店からの意見や要望がきっかけとなり開発したサービスとのことだ。世の中の様々なサービスが急速にオンライン移行する中、個人事業者やSMB(Small and Medium sized Business)にとって、ショッピングサイトの新規立ち上げや通販対応は、費用面でも技術面でも容易なことではない。年末年始を目の前に感染拡大の“第三波”と言われるさなかで、スピーディなビジネスのオンライン移行は急務となっている。

そこで、国内24万もの店舗や企業のアカウント(2020年9月末時点)がアクティブに利用されているLINE公式アカウントと「LINE Pay」を連携させることで、「LINE」等での顧客とのコミュニケーション上で、オンライン決済機能を簡単に提供できる「支払いリンク」のプロトタイプ版を今年7月に提供開始した。開始直後から多くの利用申請があり、すでに2,000ブランド以上が導入しているという(2020年12月3日時点)。今回、機能改良を経て本サービスを正式に提供開始。オンラインレッスン、相談サービス、簡易的な通販、中古買取・販売、デリバリーやテイクアウトサービスの事前決済などで特に便利に利用されると想定しているとのことだ。

■利用方法

利用希望の事業者は、申請フォームから申請すると「LINE Pay」の加盟店向け管理サイト上で取引ごとの決済画面に遷移するURLを発行可能になる。LINE公式アカウントと「LINE Pay」を連携すれば、LINE公式アカウントの管理画面内でURLの発行・送信ができるので、さらにスムーズに利用できる。顧客が支払い完了すると、加盟店側も「LINE」のチャット上で支払い完了を確認できるので、入金確認から配送手続きまでを迅速に行うことが可能だ。

■加盟店側の利用イメージ

出典元:プレスリリース

■申請業種内訳

今年7月から提供しているプロトタイプ版の利用申請業種として最も多いのが「ショッピング・小売」24%で、食料や飲料品、雑貨、インテリア用品、薬・化粧品、花・観葉植物、メガネ・コンタクト等の販売用途で申請されている。次にデリバリーやケータリングを含む「飲食・レストラン」16%となっており、オーダーを受けて店舗で調理したものを提供したり、回数券等の販売に利用されている。「生活関連サービス」12%は、クリーニングや悩み相談・カウンセリング、フォトスタジオ、不動産等が含まれている。
出典元:プレスリリース

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。