Today's PICK UP

freee、「テレワークに関するアンケート調査第二弾」を公開

freee株式会社は、1~300名規模のスモールビジネス従事者1165人に対して、「テレワークに関するアンケート調査第二弾」(実査日:2020年9月30日~10月1日)を実施したと発表した。本調査は、今年4月に実施した「テレワークに関するアンケート」同様にテレワークの許可状況や出社理由等を調査し、2020年4月と10月比較した結果を公開している。

■スモールビジネスの61.1%がテレワークを許可しておらず、前回調査時から約半年でほぼ変わらず

「テレワークの許可」について質問すると、61.1%が「許可されていない」と回答している。前回調査時は64%の人が許可されていないと回答し、約半年間でわずか2.9%の減少にとどまっている。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■ 「テレワークを許可されていても、出社しなければならない人」は全体の8割にのぼる

「テレワークが許可されている」と回答した38.9%の人に「テレワークで働いている際に、出社する頻度」について聞くと、「ほぼ毎日」が24.3%、「週に2,3回程度」が21.9%、「週に1回程度」が17.4%、「月に2~3回程度」が19%と、出社しなければいけない人は82.6%もいることが分かった。
出典元:プレスリリース

■出社理由は「取引先から送られてくる書類の整理作業」が最多。「取引先の来社対応」を理由に出社する人が特に増加傾向にありオフィス出社を再開している企業が増えている

テレワークを許可されているが出社が必要な人に理由を聞くと最も多かった回答が「取引先から送られてくる書類の確認・整理作業」と答えた人が38.4%。続いて「取引先の来社対応」30.9%、「行政から送られてくる書類の確認・整理作業」が25.3%となった。前回調査時と比較して「取引先の来社対応」を理由に出社していると回答した人が8.1%増加しており、企業のオフィス出社再開が増えていることが影響していると考えられるという。
出典元:プレスリリース
出典元:プレスリリース

■出社対応が必要な書類TOP3は前回と変わらず「契約書」「請求書」「経費精算の申請書」。取引先・社内どちらも紙に縛られないフローの構築が必要

出社しないと対応できない書類で最も多かった回答が「契約書」49.4%、続いて「請求書」43.1%、「経費精算の申請書」41.1%と、取引先だけでなく社内で申請・承認を行うために出社が必要となっている。フロー上、紙・ハンコが必要な場合は出社を余儀なくされている企業が多いことが考えられる。
出典元:プレスリリース
調査概要
調査方法:インターネット上でのアンケート調査
調査対象:1~300名規模のスモールビジネス従事者 1165名
調査実施日:2020年9月30日~2020年10月1日

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

全ての日本企業のデジタルシフトを掲げたデジタルホールディングス。「広告事業の売上は追わない」構造改革の真意に田中道昭教授が迫る

社会環境・ビジネス環境が激変する中、全ての産業でデジタルシフト、DX(デジタルトランスフォーメーション)の必要性が叫ばれています。今回は、2020年7月1日に社名変更を行い、広告代理店からデジタルシフト支援事業を中核に構造改革を行うデジタルホールディングス グループCEO 野内 敦氏に、立教大学ビジネススクール田中道昭教授が対談形式でお話を伺います。 前編では、改革後初めての通期決算についての分析と考察、従来の体制から生まれ変わるための企業文化変革と事業戦略についてお話します。