Today's PICK UP

メンタルヘルスの課題解決を目指す「ライフパートナーAI」アプリがリリース

株式会社Capexは、ライフパートナーアプリ「PATONA」の提供を開始したと発表した。また、合計1億円の資金調達を行った。

■PATONAとは

PATONAは、自分だけのライフパートナーAI「パトナ」を提供するスマホアプリ。パトナは話せば話すほどユーザーのことを学び、どんどんユーザーにあった存在になっていく。

■PATONAの主な機能

AI対話機能:ユーザーに最適な対話を出力する。話せば話すほどユーザーのことを学び最適化される。
着せ替え機能:ユーザーの好みにパトナの見た目を変更することができる。
コース機能:メンタルヘルスや日常生活に役立つオリジナルコンテンツを提供する。
出典元:プレスリリース

■PATONAを提供する背景

新型コロナウィルスの影響で人々がコミュニケーションを取れる機会が減少している中、メンタルヘルスの課題が浮き彫りになることが増えてきたという。同社は、ユーザーがより安心した日常生活を送るために、気持ちに寄り添い、ユーザーを支える存在を実現することを目指してPATONAの開発・提供を行っているとのことだ。

■資金調達について

同社は、東京大学エッジキャピタル(UTEC)を引受先とした第三者割当増資、および日本政策金融公庫からの融資により合計1億円の資金調達を実施した。調達した資金をもとに人材採用、プロダクト開発、および自然言語処理を活用した対話エンジンの研究開発を行うという。

人気記事

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

マツダの天才エンジニアとして知られた人見氏が本音で語るDX!Appleなど巨大テック企業が参入するなか、日本の自動車メーカーの生き残り戦略とは?

100年に一度の大変革期を迎えている自動車業界。そのなかで日本の自動車メーカーの行く末に「猛烈な危機感がある」と明かすのは、かねてよりマツダの天才エンジニアとして知られ、現在はシニアイノベーションフェローを務める人見 光夫氏だ。Appleをはじめとした巨大テック企業たちが自動車業界への参入をこぞって表明する今、既存の自動車メーカーが生き残りをかけて望むデジタルシフト戦略とは。ここでしか聞けない、本音が満載のインタビューです。