Today's PICK UP

宇宙開発のインフラを構築するJAXA認定ベンチャー企業が設立

持続可能な宇宙経済の実現とその成長に向けて、宇宙開発をよりシンプルにすることをミッションに官公庁・民間企業・大学機関等への各種サービス提供を目的とする「SEESE株式会社(シーズ)」が、2020年12月に設立された。

■設立背景と思想

本会社は、内閣府主催の宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster 2019」にて最終選抜・JAXA賞受賞を受け、そのアイデアの具現化を第一歩とした上で、我が国の宇宙開発・産業振興を加速度的に支えていくために設立された。加えて2020年11月にはJAXAベンチャーに正式認定された。

近年、全世界にて衛星コンステレーションの構築に向けて小型衛星の製造・打ち上げ機数が急増しており、我が国もその世界的な動きの一翼を担っている。一方で、打ち上げられた小型衛星たちのうち約50%がそのミッションを達成できずに、打ち上げ前もしくは打ち上げ後の異常発生、分損ないしは全損によりその命を落としているという。

また、ここ数年で宇宙・衛星関連産業に多額のリスクマネーが流入しており、同領域への取り組みにアクセルを踏み込む大企業や、複数の関連ベンチャーが出現。各企業がかける製造原価に留まらない多額の投資に対するリターンを確実なものにさせるためにも、環境試験標準から衛星開発〜打ち上げ環境を改めて整備することが要請されていると考えるとのことだ。

通信・観測衛星の開発あるいはその取得データの活用等、アプリケーション側にばかり目が向けられている現況において、同社は輸送や環境試験、人材・部品・資金調達等のインフラストラクチャー側の構築を行うことで、持続可能な宇宙経済の土壌を形成していくという。

■サービス概要

これまで複雑な上に分離していた環境試験プロセスを1つにつなげるために、6 in 1の環境試験ワンストップサービスをWeb上にて段階的にユーザへ提供する。なお、本サービスは茨城県、関連省庁からの支援・協力を受け、その開発・全国浸透・デファクト化を推進していく予定となっているとのことだ。
出典元:プレスリリース
1.コンサルティング
2.試験場検索
3.機材準備
4.配送手配
5.試験オペレーター手配
6.解析評価

人気の記事

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

Googleやビル・ゲイツも出資する“代替肉”スタートアップ「インポッシブル・フーズ」〜海外ユニコーンウォッチ#2〜

「ユニコーン企業」ーー企業価値の評価額が10億ドル以上で設立10年以内の非上場企業を、伝説の一角獣になぞらえてそう呼ぶ。該当する企業は、ユニコーンほどに珍しいという意味だ。かつてのfacebookやTwitter、現在ではUberがその代表と言われている。この連載では、そんな海外のユニコーン企業の動向をお届けする。今回は欧米を中心に注目されている「代替肉」を扱う「インポッシブル・フーズ」を紹介する。